たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログ終了&移転のお知らせ
2016年02月28日 (日) | 編集 |
私事ですが、関西に転勤になりました。
(名古屋⇒東京⇒大阪で三都市制覇ですね)
初関西ということでいろいろ戸惑っていますが、
週末ランチだけは欠かせません(笑)

ブログも別に続けていこうと思います。
関西週末まったりランチ

短い間でしたがありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
グルガオン 中央区銀座
2014年06月29日 (日) | 編集 |
銀座にある「グルガオン」さん。
ダバグループの長男であります。
この日はディナーで訪問しました。



青い立て看板が目印です
gurgaon1405_01.jpg

「ダバインディア」が南インド、「カイバル」がタンドリー料理、
そしてここは上品さが売りかな。
女性客が多い店でもあります。



店内の様子
gurgaon1405_02.jpg

少し照明を落とした店内はムーディーです。
席数はそれほど多くないので、
予約したほうが吉だと思います。



メニュー(クリックすると拡大します)
gurgaon1405_03.jpg

一人からでも頼めるコースがあるのがうれしいね。
早速それ行ってみようか!



サラダ
gurgaon1405_04.jpg

さっぱりとしたドレッシングのかかったサラダ。
パニール(インドチーズ)がにくいね。



チキンティカ
gurgaon1405_05.jpg

骨なしのタンドリーチキン。
赤い方はピリ辛で、白い方はまろやか。
火の通り具合が絶妙でジューシー。
爽やかなミントソースが泣かせる。



マトンカラヒ
gurgaon1405_06.jpg

さらっとしたスパイシーなカレー。
“カラヒ”は濃厚なソースが特徴ですが、
この店は上品にアレンジしています。
ゴロゴロと入った角切りマトンは臭みがなく、
食べ応えがあり満足。



イエローライス
gurgaon1405_08.jpg

ナンではなくライスを選択。
日本米ですが固めに炊かれており、
カレーによく合いました。



マンゴーラッシーとデザート
gurgaon1405_07.jpg

マンゴーラッシーは超濃厚。
デザートはココナツババロワ。
インドにしては甘さ控えめで、
ゴマ豆腐のようなねっとりとした濃厚さ。


相変わらずレベルの高い店でした。
本当に上手に銀座の客層に合わせています。
接客もテキパキしていて気持よく、
特にオーナーは流石の一言。
慣れないお客さんには適切にアドバイスしたりね。
ぜひまた来たいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「グルガオン」
東京都中央区銀座1-6-13 銀座106ビルB1
11:30~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00~22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-3563-0623
雲林坊 千代田区九段北
2014年06月14日 (土) | 編集 |
九段下にある「雲林坊」さん。
なんと担々麺の専門店です。
しかも、あの「神田雲林」の姉妹店なんですよ。
(アキバにもあり)



夜の雲林坊
yunrinbou1405_01.jpg

店内はカウンター席のみ。
入り口で食券を買って席で店員さんに渡します。
紙エプロンを取るのも忘れずに!



担々麺
yunrinbou1405_02.jpg

神々しいまでのビジュアル。
さすが坦々麺専門店は違う。

辣油の辛味と花椒の痺れ。
芝麻醤のコクもしっかりあって、
濃厚でパンチのあるスープ。
全粒粉入りの麺は少しごわっとしていて、
スープによく絡みます。
挽肉や細切りネギも文句なし。



ミニ麻婆丼
yunrinbou1405_03.jpg

セットで頼めるのがこの麻婆丼。
辣油たっぷり、辛味たっぷり。(カロリーも)
担々麺と交互に食べると逃げ場なし(笑)


かなりレベルの高い担々麺でした。
刺激と旨味のバランスの良さはさすがの一言。
これをふらっと食べられるのはポイント高し。
何気に紙エプロンも用意してあって、
女性でも気軽に入れるお店です。
どうもごちそうさまでした。


「雲林坊」
東京都千代田区九段北1-5-5
11:30~15:00
17:00~22:00
TEL 03-6272-3613

辛いのが苦手な方は辛さ調整してくれますよ。
雲林 千代田区神田須田町
2014年05月24日 (土) | 編集 |
神田須田町にある「雲林」さん。
人気の四川料理店です。
平日ランチで突撃しました!



2階にあります
yunrin1405_01.jpg

本当に人気があるようで、
この日も開店して15分ほどでほぼ満席。
けっして好立地ではないのにスゴイね。



平日ランチメニュー(クリックすると拡大します)
yunrin1405_02.jpg

平日ランチはリーズナブル。
おかずも麺も食べたかったので、
欲張りな「日替わりと週替り麺セット」を注文。
こりゃ太るはずだわ(笑)



日替わりと週替り麺セット 1,350円
yunrin1405_03.jpg

yunrin1405_04.jpg

まずは麺の方が先に登場(混んでるからね)
“挽肉と春筍のピリ辛醤油あんかけ麺”だって。
担々麺みたいな濃い味付けで、
これだけでもご飯のオカズになるわ(笑)
また、ゼリーみたいな煮こごりが入っていました。



牛肉とそら豆と山三つ葉の塩炒め
yunrin1405_05.jpg

少し遅れておかずの登場。
細切り牛肉は柔らかく、
味付けも塩味と思えないほど深い。
そら豆の青臭さ、山三つ葉の香り。
大人の味わい中華。


相変わらずレベルの高い料理だわ。
素材を活かしながらもメリハリの効いた味付け。
副菜の冷製鶏やネギも旨い。
何気に花の香りのする中国茶も好き。
これで千円前後なら行列も納得なり。
どうもごちそうさまでした。


「神田 雲林」
東京都千代田区神田須田町1-17
11:30~14:30
17:30~22:30(土祝は22:00まで)
日曜休み
TEL 03-3252-3226
http://www.kandayunrin.com
五指山 千代田区内神田
2014年05月22日 (木) | 編集 |
西神田にある「五指山」さん。
ちょいとマニアックな中華料理屋です。
会社の後輩とディナーで訪問してみました。



夜の五指山
goshizan1405_01.jpg

神田駅から歩いて5分ほど。
ちょい怪しい雰囲気の外観。
いたって健全な店なんですけどね(笑)



店内の様子
goshizan1405_02.jpg

カウンター席が奥に長い店内。
奥のテーブル席を使わせてもらいましたが、
カウンターならお一人様もOK。

麻婆豆腐や担々麺といった定番の他に、
シェフおすすめの黒板メニューがあるのですが、
これがなかなかマニアックなんだよね。
鶏足や牛の○ニスとか、
ちょっと頼めんわ(ヘタレですまん!)


鉄観音(ポット) 700円
goshizan1405_03.jpg

茶葉が山盛り入ったポット。
爽やかで甘い香りのお茶でした。
お湯の追加もOK。



じゃがいもとエリンギの海老ペースト炒め 1,050円
goshizan1405_04.jpg

結構なボリュームだ!
太めのフライドポテトに、
海老の風味がむんむんの餡。
こりゃ~後引くわ~



水餃子 580円
goshizan1405_05.jpg

すごいビジュアル!
水餃子にたっぷりとかかったラー油とすりゴマ。
もちもちの皮に包まれた豚肉。
ゴマの風味がとにかくいい。



マーボー土鍋ご飯 1,080円
goshizan1405_06.jpg

味噌の風味の濃い麻婆豆腐。
山椒や唐辛子は見た目ほどはきつくなく、
ご飯が進む味付けです。
しかもご飯がたっぷりでした。


腹いっぱい、参った!
どの料理からも店主のマニアックさが伝わってきました。
しかも値段も手頃でボリュームいっぱい。
こういう店が普通にあるのが東京のすごいとこだわ。
どうもごちそうさまでした。


「五指山」
東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル1F
11:30~14:00(LO)
17:30~22:00(LO 21:00)
日曜休み
TEL 03-3292-0080

この後さらに地ビールを飲みにハシゴしたのでした・・・
痩せないはずだわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。