たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
セルオブレ 品川区小山
2011年11月23日 (水) | 編集 |
賑やかな武蔵小山の商店街をテクテク。
途中で左に曲がったところに、
パンとサンドの店「セルオブレ」さんがありました。



可愛らしい外観
seleauble1111_01.jpg

商店街に溶け込んだ可愛らしい外観。
元々は浜松出身の女性二人で始められましたが、
昨年シェフが代わられたそうです。
店名はフランス語の塩・水・小麦から。



こぢんまりした店内
seleauble1111_02.jpg

厨房も見渡せる温かい雰囲気の店内。
ハード系からタルトやサンド、
バランスのとれたラインナップですね。
素直な感じのパンが多い感じ。



超熟バゲット 270円
seleauble1111_03.jpg

seleauble1111_04.jpg

“人気No.1”と書かれた超熟バゲットをゲット!
石臼で挽いた粉を使用し、
24時間低温発酵させたんだって。

ガリっとしたクラスト。
クリーム色のクラムはモチっとしていて、
目がやや詰まった感じ。
口に中に粉の甘みがまず広がり、
ブドウのような爽やかな後味が残ります。
イーストじゃなくてルヴァン種?
味わい深いバゲットでした。



ノア 280円
seleauble1111_05.jpg

seleauble1111_06.jpg

フランスパン生地にくるみの入った丸いパン。
表面のピキッとしたひび割れがソソったのでお買い上げ。

断面の写真を撮った時の感想は、
「クラムが少しパサパサぽいかな?」
あまり期待せずに齧り付くと・・・

薄めのクラストがパリッとしていて、
意外に引きの強い生地。
クルミの香ばしさが口の中いっぱいに広がり、
生地の自然な甘さが引き立ちます。
食べやすい、そしておいしい。
見た目で判断してすまなかった、スマン。



フーガス 190円
seleauble1111_07.jpg

モチっとしっかりした生地。
まるで油っぽくないホカッチャみたい。
チーズの香ばしい匂い、
ドライトマトの凝縮した酸味と甘み。
食べ応えのある惣菜パン。


見た目は普通の街のパン屋さん。
その正体は武蔵小山のパリでした(なんのこっちゃ?)
丁寧に作ってあるパンからは温かみも伝わってきます。
トレーにバゲットを載せたとき、
預かってましょうかと声をかけてくれる接客も良し。
どうもごちそうさまでした。


「セルオブレ(sel eau ble)」
東京都品川区小山3-22-21
10:00~20:00
火曜、第3水曜休み
TEL 03-3783-1194
http://www016.upp.so-net.ne.jp/Seleauble/