たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土手の伊勢屋 台東区日本堤
2010年08月28日 (土) | 編集 |
創業百数十年の「土手の伊勢屋」さん。
学生時代から一度行ってみたかった天ぷら屋さんです。

最寄り駅の三ノ輪って何処やねん?と思ったら、
上野からわずか二駅。(意外と近いな)
ただ駅から10分ちょっと歩くけどね。



年季の入った建物
dotenoiseaya1007_01.jpg

通り沿いに突然現れる年季の入った建物。
まるで銭湯か老舗旅館みたいです。

この日は開店15分前に着いたのに、
既に店前には丸イスに座って待つお客さん達。
やっぱりすごい人気だなと思ったら、
既に店内には丼を抱えているお客さんが!
開店前にして既に第二陣なのでした・・・



年季の入った店内
dotenoiseaya1007_02.jpg

レトロって言うんですよね、これ。
わざとですかって問い詰めたくなるような、
年季の入った店内にビックリ!

もっと驚いたのは有名店の割に席数が少ないこと。
四人がけのテーブルがぽんぽんとあって、
奥には八人分のお座敷席(狭いけど)。
当然ながら相席が基本です。
相席上等!



メニューです
dotenoiseaya1007_03.jpg

最初に天ぷら屋と紹介したけど、
天丼屋と書いた方が正確かな。
隣の方が店員さんにお薦めを訪ねたら、
穴子天の入る“ロ”と“ハ”だって。
もちろん私も“ハ”にしましたよ。ハハハッ!


お茶と漬物
dotenoiseaya1007_04.jpg

お茶もレトロです(笑)
漬物は浅漬だね。



天丼ハ 2,300円
dotenoiseaya1007_05.jpg

15分ほどで天丼の登場!
蓋が付いているのは、
天ぷらを蒸らすためです(うそぴょん)



ご対面!
dotenoiseaya1007_06.jpg

恋焦がれていた憧れの君。
もっとボリュームがあると思っていたけど、
普通にヘビーでした(意味不明?)

ごま油で揚げた天ぷらに甘辛いつゆ。
確かに味は濃い、濃いんだけど、
見た目よりは食べやすい感じです。

天種は、海老2・穴子・かき揚げ・ししとう・かぼちゃ・谷中生姜。
海老天は衣がやや厚めで、
つゆがかかってしんなりした衣。
小海老・白魚・貝柱のかき揚げもしんなりしてますね。
これがいかにも天丼ですって感じでご飯に合います!

一方穴子天は衣がサクサクしていて、
種の穴子はほっこり。
生姜天は口の中をさっぱりさせてくれます。


お腹いっぱい完食!
食べる前は楽勝と思っていたけれど、
やっぱりボリュームがありました(ゲプッ)
銀座の高級天ぷらとは対極の庶民の天丼。
店の雰囲気とセットでより深く味わえました。
少年の夢をまたひとつ実現したな(笑)
どうもごちそうさまでした。


「土手の伊勢屋」
東京都台東区日本堤1-9-2
11:30~14:00
17:00~20:00
水曜休み
TEL 03-3872-4886
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。