たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイバル 中央区銀座
2014年02月22日 (土) | 編集 |
銀座にある「カイバル」さん。
人気のダバインディア系のインド料理屋です。
ついに(?)ディナーで訪問しました。


夜のカイバル
khyver1312_01.jpg

最寄り駅は銀座一丁目。
東京駅からだと少し歩きます(15分ほど)
店前の歩道橋が目印かな?



広々とした店内
khyver1312_11.jpg

白を基調とした高級感のある店内。
調理はインドの方々ですが、
接客は日本人スタッフが対応してくれます。
コートを預かってくれるなど、
ちょっとしたレストラン気分。



メニュー(クリックすると拡大します)
khyver1312_03.jpg

他の系列店との差別化から、
開店当初はタンドール料理とワインが売りでした。
(反面、カレーメニューは少なかった)
最近はそこまでの差はないのですが、
やはりタンドール料理が充実しています。



カイバルハイボール 680円
khyver1312_04.jpg

贅沢にシーバスリーガルを使ったハイボール。
しかも飲兵衛にうれしい濃さ。
よその水みたいな角ハイは猛省して欲しい(笑)



ひよこ豆と玉ねぎのサラダ 530円
khyver1312_13.jpg

刻み玉ねぎとコリアンダーがさっぱり。
ひよこ豆はほくほく。
インドって生野菜を食べないって聞いていたから、
サラダって邪道だと思ってました。
でも美味しいサラダを出す店って好きです(笑)



新じゃがのチリマサラ 530円
khyver1312_12.jpg

ほくほくの新じゃが。
コロコロと可愛らしいね。
でもマサラソースがめちゃ辛でヒーヒー!
見かけに騙されちゃいかんね。
めっちゃお酒がすすみます。



ラムティッカ 680円
khyver1312_07.jpg

タンドールで焼かれたラム肉は、
香ばしく噛みごたえがあり、しかもジューシー。
いわゆるマトン臭さは全くなし。
ミントコリアンダーソースの爽やかな香味。



マトンチリシークカバブ 880円
khyver1312_08.jpg

ごつごつとした粗挽きマトン。
肉々しくてとてもジューシー。
青唐辛子の輪切りが入っていて、
適度にスパイシーで酒が進むわい。
やはりミントコリアンダーソースが旨いな。



ラム肉のビリヤニ 1,380円
khyver1312_05.jpg

カイバルのもう一つの名物ビリヤニ。
ラムちゃんでお願いしました。
塩味ヨーグルトのライタ付き。



ビリヤニアップ!
khyver1312_06.jpg

作り方が変わった?
以前はパラパラとした炊きあがりだったのですが、
トマト味のべっちょりタイプ。
ちゃんとバスマティライスを使っており、
これはこれで美味しいのだけど。

ただ、ゴロゴロと入ったラム肉には驚愕。
先のタンドールのティッカに比べて、
脂分が残っていて更にジューシー。



アルゴビ 1,260円
khyver1312_10.jpg

ジャガイモとカリフラワーのシンプルなカレー。
カリフラワーはタンドールで焼いてあって、
香ばしくホクホク。
ジャガイモもほっこりとしてるね。
トマトの酸味がアクセント。



ナン 360円
khyver1312_09.jpg

サクッとモチっのバランスがいい。
普段はカレーにライスを合わせることが多いけど、
この店はナンもレベル高し。


やっぱりレベルが高いね、このお店。
タンドリー料理をつまみながらお酒を飲むのも、
がっつりとカレーを食べるのもよし。
接客も良かったですよ。
どうもごちそうさまでした。


「カイバル」
東京都中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00-22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-5159-7610
スポンサーサイト
カイバル 中央区銀座
2013年08月17日 (土) | 編集 |
東銀座にある「カイバル」さん。
言わずと知れたインド料理の名店です。
気になるカレーがあるので立ち寄ってみました。



ランチでござーい
khyver1307_01.jpg

意外にも銀座はカレーの激戦区なのですが、
いつもこの店に行ってしまうのな。
そういう意味では鬼門です。



ゴージャスな店内
khyver1307_02.jpg

王宮のようにゴージャスな店内。
接客は日本人店員さんで、
キビキビと接客してくれます。
こういうところがレベルが高いわ~



メニュー(クリックすると拡大します)
khyver1307_03.jpg

お昼はランチコース(2,100円)がお薦め。
好きなカレーがアラカルトから1種類選べるので、
気になるあいつ「ポークビンダルー」をお願いしました。
インドのゴアの郷土料理で、
ポークを使ったレアなカレーなのです。



グリーンサラダ
khyver1307_04.jpg

セットのサラダがてんこ盛り。
サッパリとしたドレッシングがかかっていて、
刻んだパニールも入ってます。



パニールと野菜のグリル
khyver1307_05.jpg

タンドールで焼いた野菜って、
旨味がギュッと詰まった感じでおいしいね。
パニールには炭の香りがうっすらついて、
モッツァレラチーズのような淡白な味わい。
ミントソースのスーっとした風味。



ポークビンダルー
khyver1307_07.jpg

こちらが目当てのカレーです。
フルーティーで甘酸っぱいようなカレーソース。
なんとなく酢豚を思い起こしました。
って、めっちゃ辛い~~~
口の中で火災が発生しました!!!



ポークアップ
khyver1307_08.jpg

ゴロゴロと入った豪快な角切りポーク。
これが肉々しいたらありゃしない。
しっかり下処理でマリネしてあって、
爽やかな酸味がついてます。
って、やっぱソースが辛い!!!
ここまで辛いと感服するわ。



バスマティライス
khyver1307_06_20130731224527949.jpg

パラリと炊かれたバスマティライス。
温めた皿でサーブされるのが流石です。
カレーをかけて食べていましたが、
水だけでは辛さに耐えられない。
これは非常手段を取るしかないか・・・



ラッシー
khyver1307_09.jpg

助っ人見参!
いつもは食後のラッシーを
早めに出してもらいました。
ヨーグルトって辛さが弱まるのね。
って、やっぱり辛いけど(笑)


ハアハア舌を出して意地の完食。
汗をびっしょりかいちゃった。
新じゃがと青唐辛子のサブジ」もそうだったけど、
この店の唐辛子マーク3本は半端じゃないわ。
違う世界に目覚めそうでした(笑)
刺激を求めるあなたはぜひどうぞ。
どうもごちそうさまでした。


「カイバル」
東京都中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00-22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-5159-7610
カイバル 中央区銀座
2012年12月29日 (土) | 編集 |
東銀座にある「カイバル」さん。
2012年最後の記事もカレー屋でござーい!
なんやかんやでお世話になりました。



入口です
khyber1212_01.jpg

カップルや女性のお客さんが多いのが印象的。
あと、カウンター席はないけれど、
お一人様にも優しいところが気に入っています。



ランチコースとアラカルトメニュー(クリックすると拡大します)
khyber1212_02_20121216161841.jpg

khyber1212_03_20121216161842.jpg

アラカルトメニューからカレーが選べる、
ランチセットがお薦めです。
というか、いつもこればかり(お値打ちなんだもん)



グリーンサラダ
khyber1212_04.jpg

サッパリとしたグリーンサラダ。
パニール(インドチーズ)も入ってます。
ボリュームも前より増えてるよね。
インド料理にサラダ不要派の私がですが、
このサラダは許す(笑)



野菜とパニールのグリル
khyber1212_05.jpg

この料理があるからここに通っていると言っても、
けっして言い過ぎではありません(いや言い過ぎか)
タンドールで焼かれた野菜は旨みがギュッと凝縮し、
甘酸っぱいソースがよく合います。
ミントとコリアンダーのグリーンチャツネをつけると、
さっぱり爽やかにいただけます。


マトンカレー パンチホロンの香り
khyber1212_06.jpg

khyber1212_07.jpg

パンチホロンってベンガルのスパイスミックスで、
クミン・マスタード・フェンネル・フェヌグリーク・ニジェラのこと。
正直それらの香りよりも、
ガツンと利いたマトンの風味が印象的でした。
ゴロゴロと入った角切りマトンは、
ジューシーで噛みごたえあり。
唐辛子2本マークでしたが思わず汗をかく辛さ。



バスマティライス
khyber1212_09.jpg

カレーにはお馴染みのバスマティライス。
ほんのり温かくて、
ふんわりとしたバスマティの香り。



コーヒー
khyber1212_08.jpg

珍しくコーヒーをお願いしたら、
客席でエアブレンドしてくれました。
コーヒーの香りがしっかりした、
ミルクコーヒーのような味わい。

野菜のタンドールにスパイシーなカレー。
やっぱりカイバルはいいですね。
これからも通わせてもらいます。
どうもごちそうさまでした。


【おまけ】
別の日に食べた料理をご紹介。
ごちそうさま!

海老とあさりのブランカレー
khyber1212_10_20121222142209.jpg

さらっとしたカレーソース。
スパイシーながら、
魚介の旨味が味わえました。


チキンムグライ
khyber1212_11_20121222142209.jpg

こってりとしたクリーミーなソース。
チキンと卵が入っているので、
インド版親子カレーといったところ?


カブリナン
khyber1212_12_20121222142210.jpg

レーズンとナッツの入った甘いナン。
香ばしく焼かれていて、
デザートちっくにいただけます。


「カイバル」
東京都中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00-22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-5159-7610
カイバル 中央区銀座
2012年10月06日 (土) | 編集 |
東銀座にある「カイバル」さん。
ダバ系列のインド料理屋です。
1年ぶりにランチ訪問しました。



横断歩道橋すぐそばにあります
khyber1209_01.jpg

大人気のダバインディアに比べると、
やや空いているイメージのあるこのお店。
でもこの日は開店まもなく満席になりました。
なめててスマン。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
khyber1209_02.jpg

土日祝のランチは2種類。
周りではカイバルタリーが人気でしたね。
でもちょっと高いけどランチコースの方が、
お値打ちと思うんだけどな。



アラカルトメニュー(クリックすると拡大します)
khyber1209_03.jpg

もちろんアラカルトメニューも選択できます。
ランチコースの場合は、
ここからカレーを選べるのよね。
チキンカレーをコースで注文しました。



グリーンサラダ
khyber1209_04.jpg

さっぱりとしたドレッシングのかかったサラダ。
パニール(チーズ)・ドライトマトがアクセント。
たかがサラダ、されどサラダ。
インド料理屋らしからぬ洗練さ。



野菜とパニールのグリル
khyber1209_05.jpg

野菜とパニールのタンドリー焼きですな。
味がぎゅっと凝縮されて旨い。
ヘルシーだし、女性受けも良いと思うので、
他のインド料理屋でも出せばいいのに。
添えられたミントチャツネが堪らない。



カイバル特製!香味チキンカレー
khyber1209_06.jpg

khyber1209_07.jpg

ドロッとしながら、サラリとしたソース。(どっちやねん!)
このとろみは玉ねぎかな。
クローブやシナモン等のスパイスが香り、
スッキリとした辛さが印象的。

具には骨付きチキンが3本。
鶏肉をほぐしてソースと混ぜると、
ボリュームが出て、味も力強くなる感じ。
肉ってスゴイよな(笑)



バスマティライス
khyber1209_08.jpg

ナンかライスかが選べるので、
日本人ならお米でしょう?(えー!)
ナンに合わないカレーもあるので、
メニューを選ぶときは、
店員さんに相談した方がいいと思うよ。



チャイ
khyber1209_09.jpg

食後にはチャイで一服。
目の前でエアブレンドしてくれました。
いつの間にこんなサービスが?


大満足のランチでした。
料理のレベルの高さは文句なし。
この日はオーナーも接客されていて、
料理のアドバイスはさすがの一言。
間違いなくお薦めできるお店です。
どうもごちそうさまでした。


「カイバル」
東京都中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00-22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-5159-7610
カイバル 中央区銀座
2011年04月13日 (水) | 編集 |
久し振りの「カイバル」さん。
タンドール料理の得意なインド料理屋です。
今回は強烈なカレーに出会いました!



上品な店内
khyber1103_02.jpg

きれいな雰囲気のおかげでしょうか、
女性のお客さんが多いのが印象的でした。
お一人様でもOKなのがうれしいね。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
khyber1103_03.jpg

タリーのドリンクが別になったり、
ちょびっと内容が変わってました。
でもいつもと同じくランチコースを注文。
そうです、男は一途なんです!



サラダ
khyber1103_04.jpg

パニール(チーズ)の入ったグリーンサラダ。
サッパリとして食欲が湧きます。
でも毎回同じなんだよね(笑)



野菜とパニールのグリル
khyber1103_05.jpg

やはりカイバルといえばタンドリー料理。
しかも野菜とチーズのグリルです。
パプリカやトマトの色合いもきれいで、
芳ばしい炭の香りたまりません。
こりゃビール向きだわ。



新じゃがと青唐辛子のサブジ
khyber1103_06.jpg

唐辛子マーク4つの最辛カレーです。
いつか挑戦しなければと密かに思っておりました。
あっ、サブジって野菜のスパイス炒め煮のことなんですよ。



アップ!
khyber1103_07.jpg

一口目からガツンとくる辛さ!!!
一気に毛穴が広がる、広がる!

具はジャガイモとトマト。
そして恐怖の大王、青唐辛子。
薄皮を残した新ジャガイモは滑らかに柔らかく、
トマトはとってもジューシーです。
スパイスの香りとトマトソースの旨みもしっかり絡み、
こりゃレベルの高い辛旨さ。
でもやっぱり辛くて、
ワンコのように舌を出してハーハー。



ナン
khyber1103_08.jpg

ふわっ、モッチリとしたナン。
ほんのりとした甘みがあって、
辛いカレーによく合うね。
ちょっと小振りだけどレベルの高いナンでした。



ラッシー
khyber1103_09.jpg

舌のヒリヒリをラッシーで中和します。
甘酸っぱさがたまんないね。


唐辛子マーク4本は伊達じゃないね。
久々に脳天にパンチを喰らいましたわ。
でも辛さと旨みが同居していておいしかった。
こういうメニューをさらっと載せているのがすごいよな。
辛いのが得意な方、
是非チャレンジしてみてください(責任はとりませんが・・・)
どうもごちそうさまでした。


「カイバル」
東京都中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00-22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-5159-7610
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。