たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛川 新宿区高田馬場
2010年09月15日 (水) | 編集 |
高田馬場駅からちょいと小径に入ったところにある、
鰻の「愛川」さんに出掛けました。
高田馬場って大学受験以来ですわ~



aikawa1008_01.jpg

なんとも場末チックな外観(失礼!)
でも入り口の磨ガラスから店内を覗くと、
開店直後なのに既にお客さんの姿が!
慌ててお店に入る私。
(抜かったわ!)



家庭的な雰囲気
aikawa1008_02.jpg

四人掛がテーブル2卓、小上がりにも2卓。
ご主人と女将さんの二人で切り盛りしていて、
なんとも家庭的な雰囲気です。
でも次から次にお客さんが入ってきて相席上等(笑)
昼前にはすべての席が埋まってビックリ!



メニューです(クリックすると拡大します)
aikawa1008_03.jpg

基本的にメニューは鰻のみ。
値段差は量とのことだったので、
竹をお願いしました。
(初めての店では慎重にしなくちゃね)
麦茶を飲みながらじっと鰻を待つことにします。



鰻重(竹) 2,100円
aikawa1008_04.jpg

「遅くなってすみません」
40分ちょっと待って登場!
蓋をとるとそこには一面の鰻。
ほうれん草のごま和えが添えてあるのもうれしいね。



鰻アップ!
aikawa1008_05.jpg

香ばしい焼き上がりの鰻。
関東風の鰻は蒸しが入るので、
柔らかいのが普通と思っていましたが、
表面はカリッ、中身はふわり。
なんだか名古屋の鰻を思い出します。
もう少し熱々の方がうれしかったけど、
お重じゃしょうがないのかな。

たれは甘辛さがいい塩梅で、
さらっと上品な感じ。
たまに漬物と肝吸いで口をリフレッシュしながら、
無言でガツガツいただきます。

10分ちょっとで完食!
ああ、楽しい時間はすぐに終わってしまうのね~


丁寧に焼かれた鰻でした。
また女将さん(おばちゃん)の接客も心に残りました。
エアコンの風が当たるから隣に移ったらとか、
会計しようとしたら麦茶のお代わりを勧められたり、
どうもこういうのに弱いな(笑)
どうもごちそうさまでした。


「愛川」
東京都新宿区高田馬場1-17-22
11:30~13:30
17:00~19:30(LO 18:30)
基本月・水休み
TEL 03-3200-3717
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。