たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想いの木 新宿区神楽坂
2012年06月14日 (木) | 編集 |
神楽坂にあるインド料理屋「想いの木」さん。
たまに思い出したかのように伺っています(笑)
最近人気で満席のこともしばしば。



趣きある入口
omoinoki1205_01.jpg

omoinoki1205_02_20120519221825.jpg

この日は開店前に行列ができていてビックリ!
ダバインディア以外で初めて見たよ。
一階の入り口に暖簾がついたんですね。



落ち着いた雰囲気
omoinoki1205_05_20120519221928.jpg

インド料理屋らしからぬ落ち着いた上品な雰囲気。
シェフはインドの方が3名、
接客はオーナーに加えて女性店員さんも増えてました。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
omoinoki1205_04_20120520022210.jpg

omoinoki1205_03_20120520022210.jpg

なんか格好良い名前のランチセット。
内容はカレーが何種類付くなんですけどね(笑)
カレーは日替わりを含む5種類から選びます。
では、野に咲く一輪の花をプリ~ズ~



レモン水とサラダ
omoinoki1205_04.jpg

普段はしゃきしゃきのグリーンサラダなのですが、
この日出てきたのはマサラポテト。
マサラドーサの中身ですな。
インド料理屋でこういうサラダを見るのは初めてです。



大地の四季カリー(北インドの野菜カリー)
omoinoki1205_05.jpg

カレーはサラっとしながらもコクがあり、
スパイスのおかげで後味は爽やか。
具には角切りにされた野菜たち。
人参・大根・ナス・じゃがいも・ピーマン、etc・・・
特に人参の甘みと大根のジューシーさに目を見張りました。



ケララシーフードカリー(南インドカリー)
omoinoki1205_09.jpg

omoinoki1205_10.jpg

これは別の日に頼んだ日替わりカレー。
ケララというからココナツミルクを利かせていると思ったら、
予想に反して玉ねぎベースの爽やかなカレー。
玉ねぎの甘み、弾けるスパイス。
プリッとした海老と帆立の甘み。



サフランライス
omoinoki1205_11.jpg

ナンかライスかを選べるのですが、
決まって頼むのはライスの方。
少し固めに炊かれたサフランライスは、
サラっとしたカレーによくあいます。


神楽坂という街にピッタリのお店でした。
スパイスを上品に利きかせたカレーを、
店の雰囲気と丁寧な接客が引き立てます。
女性客が多いのも納得です。
どうもごちそうさまでした。


「想いの木」
東京都新宿区神楽坂5-22 KS神楽坂2F
11:30~15:30(LO 15:00)
18:00~22:30(LO 22:00)
月曜休み
TEL 03-3235-4277
http://omoinoki.com/
スポンサーサイト
想いの木 新宿区神楽坂
2010年12月29日 (水) | 編集 |
神楽坂にひっそりある「想いの木」さん。
上品系インド料理屋の最高峰だと思います(褒めすぎ?)
ランチで何度かおじゃましたので、
一気にまとめて年末大サービス!


ドアをアップ!
omoinoki1009_01.jpg

ランチのカレーは5種類で、
その内の一種類が日替わりです。
(この日替わりがまたいい味出してるんだよ)
残りの4種類もたまに入れ替わってます。



お冷とサラダ
omoinoki1009_03.jpg

こちらはいつものお冷とサラダ。
手作り人参ドレッシングのかかったグリーンサラダ。
爽やかなレモン水と。
カレーを食べる前に清々しくなります。



ラッサム 350円
omoinoki1012_01.jpg

メニューにオプションであったので、
ついつい追加で注文してしまいました。
タマリンドの酸っぱさとトマトの濃厚な旨み。
コリアンダーの香りも立っていて、
身体が燃えてくるようなラッサムでした。
うーん、情熱のラッサム(なんのこっちゃ)



大地の息吹カリー
omoinoki1009_05.jpg

omoinoki1009_06.jpg

大地の息吹とは少々大げさだなっと思ったら、
角切り野菜がごーろごろ。
歯応えを残した野菜たちは、
ニンジン・じゃがいも・大根(!)・インゲン。
カレーソースは軽めでコリアンダーの香り。
(オニオンベースと書いてあったけどトマト風味?)



マドラスチキンカリー
omoinoki1012_02.jpg

omoinoki1012_03.jpg

南インド風とのことです。
ふわっとクリーミーなカレーソース。
スパイスもさりげなく、それでいてしっかり利いていて、
食べている最中に身体が温まります。
ゴロっと入ったチキンは3個。



ほうれん草とエビカリー
omoinoki1009_11.jpg

omoinoki1009_12.jpg

予想以上にクリーミーなほうれん草カレー。
本当にとても滑らかです。
トロリとしながら適度にスパイシー。
エビ君は3匹入っていて、
プリッとしていて満足。



マトンカリー
omoinoki1009_13.jpg

omoinoki1009_14.jpg

“本場インドの味を再現”と書かれたマトンカリーは、
トマトベースでトロリとしています。
コリアンダーとマトンの香りがふわり。
ごろっと入った肉からは、
しっかりとマトンの匂いがします。
想いの木さん的にはワイルドなカレーです。



ナン
omoinoki1009_04.jpg

絹のように上品に焼かれたナン。
程よい甘みと粉の風味を味わえます。
ただやや小振りなので、
食欲旺盛男子には足りないかも(私のこと?)



ライス
omoinoki1009_10.jpg

こっちの方がボリュームあり。
日本米だけどパラパラと固めに炊かれています。
サフランよりもバターの香りがふわっと漂い、
バターピラフみたいでカレーに良く合うね。



マンゴーラッシー(+250円)
omoinoki1009_15.jpg

しっかり濃厚な味わいのラッシー。
自家製を謳っているだけあるね。
カレーを食べた後にサッパリ。
普通のラッシーも美味しいですよ。


素材の良さを感じさせるカレーは、
スパイスを利かせながらもあくまでスマート。
オーナーの丁寧な接客と相まって、
女性向きかなと思ってみたり。
男性一人客も多いけどね。
今までありそうでなかったインド料理屋です。
どうもごちそうさまでした。


「想いの木」
東京都新宿区神楽坂5-22 KS神楽坂2F
11:30~15:30(LO 15:00)
18:00~22:30(LO 22:00)
月曜休み
TEL 03-3235-4277
http://omoinoki.com/


今年一年ありがとうございました。
来年がいい年でありますように!
想いの木 新宿区神楽坂
2010年10月13日 (水) | 編集 |
神楽坂の「想いの木」さん。
インドカレー屋には珍しく、
たいへん上品な雰囲気のお店です。
(他のインド料理屋さん、ごめんなさい)



この階段を上がります
omoinoki1004_01.jpg

あいかわらず丁寧な接客のオーナー。
席に着くとおしぼりとレモン水がサーブされます。
この水はミネラルウォーターなんだって。
料理を頼む前からゴクゴク(笑)



南インド料理(クリックすると拡大します)
omoinoki1004_03.jpg

普通のカレー(?)もおいしいのですが、
この日はドーサが特別メニューなんだって。
そう勧められると頼まざるをえないよね。
だって自分、限定好きですから(笑)



マサラドーサ 1,300円
omoinoki1004_05.jpg

熱々の三角頭巾の登場!
マサラドーサでこういう形は初めてです。



中身アップ!
omoinoki1004_09.jpg

サクっとした生地の中には、
じゃがいもの香味炒めが入っています。
これがバターが入っているの?って思うほど、
ほんのり甘くてコクのある味わい。
コリアンダーやマスタードシードなども入っていて、
上品にスパイスを利かせています。



サンバル
omoinoki1004_06.jpg

ドロッとした豆のスープ。
具はじゃがいも、ニンジン、トマト。
爽やかな酸味と辛さ。



トマトチャトニ
omoinoki1004_07.jpg

ディップのようにつけていただきます。
ねっとりとしたトマトの風味。
これだけでもビールが飲めるね(笑)



ココナツチャトニ
omoinoki1004_08.jpg

シャクシャクとしたココナツ。
甘すぎずスーとしみこむ感じが素敵。
生地をちぎってはつけ、ちぎってはつけ完食。
ドーサってママゴトチックなところが楽しいね。



omoinoki1004_02.jpg

帰る頃にはほぼ満席。
この隠れ家的で落ち着いた雰囲気に
みなさん惹かれるんでしょうね。
でもシェフはインド人で料理も本格派。
そんなギャップを楽しめるお店です。
どうもごちそうさまでした。



「想いの木」
東京都新宿区神楽坂5-22 KS神楽坂2F
11:30~15:30(LO 15:00)
18:00~22:30(LO 22:00)
月曜休み
TEL 03-3235-4277
http://omoinoki.com/
想いの木 新宿区神楽坂
2010年07月14日 (水) | 編集 |
神楽坂にある「想いの木」さんへ。
神楽坂ってインドカレーのイメージじゃないけど(笑)



控えめな(?)入り口
omoinoki1005_01.jpg

通り沿いのひっそりとした入り口。
立て看板がなければカレー屋とは気付かないでしょうね。
てくてく階段を上った二階にあります。



隠れ家的な店内
omoinoki1005_02.jpg

店内はとても落ち着いた雰囲気。
調理はインド(?)の方達みたいですが、
接客は物腰低い日本人オーナー。
その丁寧な接客ぶりは、
ここはフレンチ?イタリアン?と錯覚しそう(笑)



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
omoinoki1005_03.jpg

ランチのセットは4種類+α。
カレーは5種類から選ぶことが出来ます。
この日はがっつりとタンドール付きをオーダー。



ミニサラダ
omoinoki1005_04.jpg

甘酸っぱいドレッシングのかかったミニサラダ。
もっと食べたいぞ~



日替わりカレー
omoinoki1005_06.jpg

この日選んだのは日替わりの「チキンジャイプールカリー」
お約束でコリアンダー(パクチー)がパラパラ(笑)

トマト風味のソースはコクがあり、
スパイスもしっかり利かせてあります。
でも出しゃばらずまとまっている感じ。

後でカレーの説明書きを見返したら、
オニオンベースって書かれてた・・・



サフランライス
omoinoki1005_05.jpg

お米は日本米ですが、
固めにパラリと炊かれています。
オーナーの実家のお米だって。



タンドリーチキン(+200円)
omoinoki1005_07.jpg

ドカンとこぶし大のタンドリーチキン。
よく考えたらカレーとかぶっちゃったね。
きっちり火を通した正統インド風で、
これが200円だったらお値打ち感があるな。
でも骨がケン◯ッキーフライドチキン状態(笑)


丁寧に調理された料理に居心地のいい店内。
人気の出る理由もよく分かります。
他にも興味を惹かれるカレーがあったので、
これからもちょくちょく伺ってみます。
どうもごちそうさまでした。



「想いの木」
東京都新宿区神楽坂5-22 KS神楽坂2F
11:30~15:30(LO 15:00)
18:00~22:30(LO 22:00)
月曜休み
TEL 03-3235-4277
http://omoinoki.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。