たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グルガオン 中央区銀座
2014年06月29日 (日) | 編集 |
銀座にある「グルガオン」さん。
ダバグループの長男であります。
この日はディナーで訪問しました。



青い立て看板が目印です
gurgaon1405_01.jpg

「ダバインディア」が南インド、「カイバル」がタンドリー料理、
そしてここは上品さが売りかな。
女性客が多い店でもあります。



店内の様子
gurgaon1405_02.jpg

少し照明を落とした店内はムーディーです。
席数はそれほど多くないので、
予約したほうが吉だと思います。



メニュー(クリックすると拡大します)
gurgaon1405_03.jpg

一人からでも頼めるコースがあるのがうれしいね。
早速それ行ってみようか!



サラダ
gurgaon1405_04.jpg

さっぱりとしたドレッシングのかかったサラダ。
パニール(インドチーズ)がにくいね。



チキンティカ
gurgaon1405_05.jpg

骨なしのタンドリーチキン。
赤い方はピリ辛で、白い方はまろやか。
火の通り具合が絶妙でジューシー。
爽やかなミントソースが泣かせる。



マトンカラヒ
gurgaon1405_06.jpg

さらっとしたスパイシーなカレー。
“カラヒ”は濃厚なソースが特徴ですが、
この店は上品にアレンジしています。
ゴロゴロと入った角切りマトンは臭みがなく、
食べ応えがあり満足。



イエローライス
gurgaon1405_08.jpg

ナンではなくライスを選択。
日本米ですが固めに炊かれており、
カレーによく合いました。



マンゴーラッシーとデザート
gurgaon1405_07.jpg

マンゴーラッシーは超濃厚。
デザートはココナツババロワ。
インドにしては甘さ控えめで、
ゴマ豆腐のようなねっとりとした濃厚さ。


相変わらずレベルの高い店でした。
本当に上手に銀座の客層に合わせています。
接客もテキパキしていて気持よく、
特にオーナーは流石の一言。
慣れないお客さんには適切にアドバイスしたりね。
ぜひまた来たいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「グルガオン」
東京都中央区銀座1-6-13 銀座106ビルB1
11:30~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00~22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-3563-0623
スポンサーサイト
グルガオン 中央区銀座
2013年08月24日 (土) | 編集 |
銀座の人気のインド料理屋「グルガオン」さん。
京橋「ダバインディア」、東銀座「カイバル」の
長男に当たります(長女でも可)
全てはここから始まったのだ!



地下にあります
gurgaon1308_01.jpg

実は名古屋に転勤した後輩が遊びに来ましたので、
問答無用でここに連行しました(笑)
先輩の愛情はカレーよりも辛し!



ホリデーランチ
gurgaon1308_02.jpg

ランチセットは1種類のみ。
前菜にはタンドリーチキンとチーズクルチャを
それぞれチョイスしました。
そうすれば両方食べられるからね。



アラカルトメニュー(クリックすると拡大します)
gurgaon1308_03.jpg

アラカルトメニューの注文も可。
ちょっとマニアックなダバやカイバルと比べると、
料理がわかり易いと思います。
これが戦略というものなのか!(ちょっとおおげさ)



グルガオンサラダ
gurgaon1308_04.jpg

カップルでもないのに1皿にまとめてキター(笑)
サッパリとしとしたグリーンサラダで、
ボリュームもたっぷり。
なるほど、こういうところが女性受けするのだな。



チーズクルチャ
gurgaon1308_05.jpg

熱々の焼き立てのチーズクルチャ。
トロリと溶けたチーズがたっぷり。
ほんのりガーリックの風味がつけてあって、
ピザ好きには堪らない旨さ。



タンドリーチキン2種(骨なし)
gurgaon1308_06.jpg

“チキンティカ”じゃないかとのツッコミは置いといて、
ジューシーな焼き上がりは流石の一言。
日本人の好みを熟知しています。
爽やかなミントソースをつけてサッパリ。



ベイガンバルタ
gurgaon1308_08.jpg

私が選んだカレーがこちら。
ベイガン(なす)をバルタした(潰した)カレーです。
タンドリーで焼かれたナスはトロッとしていて、
トマトの濃厚な味わいとあうね。
それでいて後味は意外とサッパリ。
野菜なのでスパイシーだけど重すぎない。



ラムコリアンダーマサラ
gurgaon1308_07.jpg

後輩が選んだのはこちら。
このカレーを選ぶとはお目が高い(笑)
ラムの風味が溶け込んだ緑色のソース。
ホウレン草じゃなくてコリアンダー(パクリー)なんだよ!
ラム肉がゴロゴロ入っていて食べ応え十分。
こんなカレーは東京でしか食べられないね。



イエローライス
gurgaon1308_09.jpg

スパイスで炊きあげたライス。
バスマティ米じゃなくて日本米です。
パラリと炊けていてこれはこれでよし。



ホットチャイ
gurgaon1308_10.jpg

カップがなかなかオシャレ。
ミルキーでスパイシーなホットチャイ。
この店はエアブレンドなしなので、
後輩にドヤ顔出来ずちょっと残念(笑)


すっかりお腹いっぱい。
銀座らしいと言っていいかな、
上品に纏まった料理&雰囲気でした。
こりゃ女性に受けるのもわかります。
今度は後輩とじゃなくて、
ぜひデートで来たいよな(おいおい)
どうもごちそうさまでした。


「グルガオン」
東京都中央区銀座1-6-13 銀座106ビルB1
11:30~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00~22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-3563-0623


この後、超セレブなカフェに行って、
ケーキをパクパク。
男二人でなにやってるんだか(笑)
グルガオン 中央区銀座
2010年10月09日 (土) | 編集 |
銀座にある「グルガオン」さんに行ってきました。
とても洒落たインド料理屋さんで
ダバインディア」や「カイバル」のお兄さん(?)にあたります。
ただ兄弟の中では少々印象が薄いんですよね。
まあ、長男ってそんなものです(笑)



店は地下にあります
gurgaon1009_01.jpg

gurgaon1009_02.jpg

看板はチェレステカラーかな?
階段を降りると入口が現れます。
入口前にはイスが用意してあって、
普段はかなり混むのかもしれませんね。



オシャレな店内
gurgaon1009_03.jpg

スッキリとして清潔感が感じられる店内。
本当にインド料理屋ですか?
やっぱり銀座にある店は違いますね。

でも私の後ろではガラス越しに、
店員さんがナンを焼いています。
振り返ったら目があってナマステ~



アラカルトのカレーメニュー(クリックすると拡大します)
gurgaon1009_05.jpg

週末ランチセットは一種類(2,100円)のみ。
個人的にはアラカルトメニューから、
好きなカレーを選べるのがうれしい限り。
今回は悩んだ末に「コリアンダーマトン」で決定。
(“コリアンダー”はタイ語では“パクチー”のこと)
そうです、男とほほ勝負をかけます!



サラダ
gurgaon1009_06.jpg

インド料理屋のサラダには期待していないのですが(失礼)、
サッパリとしたドレッシングがおいしいね。
(隠し味はコリアンダーか?)
アーモンドスライス、角切りパニール(チーズ)がアクセント。



チーズクルチャ
gurgaon1009_07.jpg

前菜はタンドリーチキンかチーズクルチャから選べるので、
がっつりチーズクルチャをチョイス。
大きさは小皿一枚分といったところ。
店員さんに「熱いうちにどうぞ!」と声をかけられ、
さっそくいただきます!



チーズがむに~
gurgaon1009_08.jpg

持ち上げると切り口から溢れ出すチーズ!
あわわと慌てて口に運ぶと、
濃厚な乳の風味が広がります。
チーズ自体には癖がなく、
上品な焼き具合のクルチャに合いますね。
うっすらとガーリックの香り。



コリアンダーマトン
gurgaon1009_09.jpg

出てきた瞬間にやっちまったなと思いました。
神様、正直に白状します。
私はコリアンダーがあまり得意ではないのです。
ほうれん草カレーでもないのにこの鮮やかなグリーン・・・

覚悟決めて口に運ぶと、
あらら、コリアンダー(パクチー)臭くないよ???
いや、コリアンダーの香りは確かにあるのですが、
とても爽やかでさっと抜ける感じです。
メニューには青唐辛子も入っていると記載されていましたが、
辛さもそれほどきつくない。
いい意味でフレッシュなソースで、
スパイスとのコンビネーションが絶妙でした。



マトンアップ!
gurgaon1009_10.jpg

具にはマトンがゴロゴロ。
他店では煮込みすぎて角煮みたいなマトンもありますが、
新鮮さが感じられました。
程良くマトンの匂いがあって、柔らかくて、ジューシー。
こりゃ旨いと思います。



イエローライス
gurgaon1009_12.jpg

ご飯はイエローライスを選択。
(ナンだとチーズクルチャと被っちゃうからね)
バスマティ米ではないけれど、
ほんのりバター風味のぱらりとしたライス。



ラッシー
gurgaon1009_11.jpg

食後のドリンクにはラッシー。
濃厚な酸味と甘さが味わえます。
ブル◯リアヨーグルトとは違うね(笑)


最初から最後まで隙のないお店でした。
料理はもちろん店員さんの接客もバッチリ。
その証拠に女性のお一人様も何人か見かけました。
(カレー屋さんでは珍しいよね)
さすが長男しっかりしています(笑)
どなたにも安心してお薦めできるお店です。
どうもごちそうさまでした。


「グルガオン」
東京都中央区銀座1-6-13 銀座106ビルB1
11:30~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00~22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-3563-0623
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。