たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラトリエ・デュ・パン(L'Atelier du Pain) 港区六本木
2013年06月26日 (水) | 編集 |
六本木の「ラトリエ・デュ・パン」さん。
昨年10月にオープンしたパン屋さんです。
この店のシェフ達はカリスマ(!)志賀シェフの下で、
働いたことがあるようですね。



2階にあります
latelier-du-pain1306_01.jpg

六本木交差点近くの三井住友銀行、
その裏に目指すお店はありました。
「ワインショップソムリエ」に併設されています。
パンとワイン、いい組み合わせ。



店内の様子
latelier-du-pain1306_02a.jpg


階段をトントンと上ると、
そこにはパンの楽園が!(ちょっと大げさ)
奥は「ル・プティ・マルシェ」とつながっているようですね。
パンはハード系やヴィエノワズリー中心。
最近珍しい(?)セルフ式でした。



バゲット 360円
latelier-du-pain1306_03.jpg

latelier-du-pain1306_04.jpg

低温長時間発酵のバゲット。
歯切れが良くて、軽快に砕けるクラスト。
一気に口の中を自然な甘みが広がります。
モチっとしたクラムとのバランスもよく、
いつまでも粉の甘みの余韻が残ります。
小麦粉と塩と水だけで、
どうしてこんな甘みが出せるのだろう?



ロデブ・フリュイ(1/4) 420円
latelier-du-pain1306_05.jpg

latelier-du-pain1306_06.jpg

この店のスペシャリテらしいロデブ・フリュイ。
スライスするとき、プルプルルン。
赤ワインのような甘酸っぱい香り。
クラムはモチモチを超えて、
ネチネチ、いや、もはやゲルみたい!
そこにストロベリーの酸っぱさ、グリーンレーズンの甘さ、
ピーカンナッツの香ばしさ。
ありえないほど高加水のパンでした。



大納言(大) 265円
latelier-du-pain1306_07.jpg

latelier-du-pain1306_08.jpg

ガリっとしたクラスト。
クラムには大納言がたっぷり!
大納言の甘みと生地の香ばしさのバランスが絶妙。
一口ごとにクラストの食感を楽しめ、
ついリズムよく軽快に食べちゃいました。



シャンティーニュ 265円
latelier-du-pain1306_09.jpg

latelier-du-pain1306_10.jpg

こちらもベースはバゲット生地。
クラムにはマロングラッセがゴロっとな。
パン生地がおいしいから、
マロンの濃厚な甘みが引き立ちます。
なんとも贅沢なパンだね~


正直驚きました。
ここまでレベルが高いのか・・・
バゲットは甘く香ばしく、
ロデブは搗きたての餅のように瑞々しい。
価格も100円前後のパンもあって、
六本木にしてはリーズナブルだと思います。
こりゃぜひまた来なくちゃいかんだろ!
どうもごちそうさまでした。


「ラトリエ・デュ・パン(L'Atelier du Pain)」
東京都港区六本木6-1-12 21六本木ビル2F
11:00~22:00
年中無休
TEL 03-3405-0018
http://latelier-du-pain.com/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。