たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
ブーランジェリー・ジョー 江戸川区南葛西
2010年11月13日 (土) | 編集 |
東西線葛西駅からてくてく歩いて20分。
「ブーランジェリー・ジョー」さんへ、
開店時間の朝の8時にやってまいりました!
(ねっ、ねむいぞ~)



看板です
joe201009_02.jpg

ぐはっ、開店前に着いたのに、
店の前には既に先客が7名もいます。
私のあとにもお客さんが続々と並びます(スゲー)
みなさんご近所の方ばかりのようで、
周りのママチャリがまぶしいぜ!



改めてこんな外観です
joe201009_01.jpg

テラスもあって洒落た感じの外観。
“ジョー”って格好いいネーミングですよね。
実はこの店のご主人は元ボクシングの日本ランカー。
そうです、店名は「あしたのジョー」から取られたそうなんです。
「立て、立つんだ、ジョー!!!」(なりきってます)



明るい店内
joe201009_09.jpg

開店と同時になだれ込むお客さん達。
もちろん私も負けずに突撃です!

パンはハード系から惣菜パンまで幅広いラインナップ。
ハード系が思いの外多くてうれしいね。
ご主人はパンを焼いたり、補充したり、挨拶したり
ボクサーらしい軽やかなフットワークでした(笑)



泪橋コロッケ 160円
joe1010_01.jpg

まだ温かいコロッケが
コッペパンにサンドされています。
じゃがいもがクリーミーで玉ねぎがシャキシャキ。
味付けは酸味少なめのソース。
コッペパンは引きがあって素朴なおいしさ。

ちなみに“泪橋”は、
あしたのジョーの舞台になった場所なんですよ。(豆知識)



カレーパン 140円
joe1010_02.jpg

joe1010_03.jpg

こちらもまだ温かいカレーパン。
サクっモチッとした揚げ立てのパン生地。
カレーはデミグラスソースのようで、
ゴロッとした角切り牛肉が入っていました。
朝からパクパク気前がイイね~



ツナのチャバタサンド 290円
joe1010_04.jpg

joe1010_05.jpg

モチモチとしたチャバタの中には、
ツナ・オリーブ・ピクルス・レタスがたっぷり!
思ったよりもマヨ味は控えめで、
オリーブとピクルスのおかげもあってサッパリ。
ボリュームもあって満足満足。



バゲット・JOE 280円
joe201009_03.jpg

joe201009_04.jpg

店名の“J”の字をかたどったバゲット。
言われてみれば微妙に左曲がりです。

ガリッとしたクラストは、
おかきのように軽快さと香ばしさ。
クラムはもっちりしていて口溶けがいいです。
塩気も利いていて、
甘さよりも香ばしさが印象に残るバゲットでした。
うまし!



大納言フランス 200円
joe201009_05.jpg

joe201009_06.jpg

あるとつい買ってしまう大納言。
こちらのパンも“J”の字かな?

見た目通りにカリカリのクラスト。
特に細いところはグリッシーニみたい。
大納言小豆もしっかり入っていて、
フランスパン生地とよく合います。
いくぶん油分も感じてバター小倉(?)を思い出しました。



栗のカンパーニュ 320円
joe201009_07.jpg

joe201009_08.jpg

ずっしりした重さのパンには、
栗の渋皮煮がたっぷり!!!
程よい栗の甘さが和のテースト。
カンパーニュ生地は酸っぱさがなくて、
クラストはカリッ、クラムはもっちりねっちり。
とても食べ応えがありました。


どのパンもしっかりブーランジェ。
しっかり焼きの入ったパンは香ばしく、
どても美味しくいただけました。

ただ開店時のレジの混雑は本当にスゴイ。
こまめにパンを補充されていますが、
正直お客さんの数に追いついてません。
売切れも早そうなので、
開店直ぐの来店をお勧めします。
どうもごちそうさまでした。


「ブーランジェリー・ジョー(boulangerie JOE)」
東京都江戸川区南葛西2-23-10
8:00~18:30(売切れ次第終了)
月火休み
TEL 03-5667-5490

通し営業になったようですね。