たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラ・ヴィエイユ・フランス 世田谷区粕谷
2013年12月25日 (水) | 編集 |
千歳烏山にある「ラ・ヴィエイユ・フランス」さん。
正統派(?)のパティスリーです。
店内はフランス語の“古きフランス”から。


交差点角にあります
lavieillefrance1312_01.jpg

千歳烏山駅から歩いて10分ほど。
パティシエの木村シェフは渡仏経験があり、
クラシックなフランス菓子に思い入れがあるとのこと。
たまたま店頭でシェフを見ましたが、
パティシエというより格闘家でした(笑)



フィグ 420円
lavieillefrance1312_02.jpg

lavieillefrance1312_03.jpg

緑のマジパンに包まれたのは、
こしあん・・・じゃなくて、
チョコレート味のケーキクラム。
(クラムは“クズ”といった意味です)
洋酒が利いてねっとりとした舌触り。
レーズンやフィグ(いちじく)が入ってました。
ドライケーキみたいな、
餡のような甘みがしっかり広がります。



フレジエ 480円
lavieillefrance1312_04.jpg

マル模様がかわいいね。
キルシュの染みたスポンジ生地。
クリームにもキルシュが利いていて、
バターのコクがしっかり。
いちごの酸味がすっきりしていて、
濃厚だけど食べ飽きません。



ジョルジュサンド 450円
lavieillefrance1312_05.jpg

チョコと木苺の甘い香り。
木苺入りのチョコクリームと
ビスキュイが層になっています。
これもしっかりと甘く、
洋酒がしっかり利いています
濃厚な味わいだな。


どれも輪郭のはっきりしたケーキでした。
本場フランスほどではないでしょうが、
甘さも洋酒に利かせ方もしっかり。
特にフィグはこれを作るのかという驚き。
(良くも悪くも地味で無骨です)
こういうシェフの“思い”が感じられる店って素敵だね。
どうもごちそうさまでした。


「ラ・ヴィエイユ・フランス」
東京都世田谷区粕谷4-15-6
10:00~19:30
月曜休み
TEL 03-5314-3530
http://www.lavieillefrance.jp/
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。