たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
膳楽房 新宿区神楽坂
2014年03月22日 (土) | 編集 |
神楽坂にある「膳楽房」さん。
昨年オープンしたばかりの中華料理屋です。
年末ランチの印象が良かったので、
さっそく再訪しました。
(前回記事はこちら



一軒家の中華料理屋さん
zenrakubou1401_01.jpg

見た目はかわいい系のカフェみたい。
早稲田通りからちょっと入ったところにあるので、
ちょっと見つけ難いかもしれません。
神楽坂らしいとは言えるかも(笑)



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
zenrakubou1401_02.jpg

ランチメニューはこんな感じ。
この日の日替わりメニューは、
“ナスと豚バラの四川風煮込み”
炒飯評論家会長(!?)として、
チャーハンを大盛りでお願いしました。



漬物
zenrakubou1401_04.jpg

醤油に漬け込んだ野菜の漬物。
山椒の風味が爽やかで、
これだけでもポリポリいけます。



シンプルチャーシュー炒飯 850円
zenrakubou1401_05.jpg

炒めたてが登場。
上品な大盛り(?)です。
調理場が近いのでライブ感もあるな。



スープアップ!
zenrakubou1401_06.jpg

とろみのあるスープ。
ゴマと焦がしネギの風味がよく、
韓国料理屋で出て来そうな味わい。
寒い日は身体が温まるわ。



炒飯アップ!
zenrakubou1401_07.jpg

具はチャーシュー・卵・ネギのみ。
本当にシンプルな炒飯だわ。
でもパラッとしっとりと炒められており、
香ばしくて美味しいな~
チャーシューもきちんと味があり、
いいチャーシューを使ってますわ。


夢中でガツガツ食べて完食。
確かにシンプルだけどおいしい炒飯。
味付けのセンスがいいね(お前が言うな)
シェフと店員さんの印象もいい感じだし、
間違いなく流行りますよ、このお店。
どうもごちそうさまでした。


「膳楽房」
東京都新宿区神楽坂1-11-8
11:30~14:30
17:00~23:00
月曜休み(月曜が祝日の場合は翌火曜休み)
TEL 03-3235-1260
https://www.facebook.com/zenrakubou
膳楽房 新宿区神楽坂
2014年01月04日 (土) | 編集 |
神楽坂の「膳楽房」さん。
昨年オープンした中華料理屋です。
シェフは幡ヶ谷の龍口酒家出身です。



隠れ家的です
zenrakubou1312_01.jpg

神楽坂通りからちょっと入ったところに、
「膳楽房」さんはありました。
可愛いしたカフェ風の一軒家。



小綺麗な店内
zenrakubou1312_02.jpg

二人掛けテーブル4卓とこぢんまり。
厨房前のカウンター席は使われておらず。
中華では珍しくワインセラーがあり、
シェフが若々しかったのが印象的でした。



ランチメニュー
zenrakubou1312_03.jpg

年末だったので日替わりはなく、
ランチは定番の4種類。(ちゃんと店頭に告知あり)
里麺(りーめん)は龍口酒家の料理ですね。
でも、全く空気を読まずに担々麺をオーダー(笑)
大盛りかどうか尋ねられたので、
当然大盛りでお願いしました。



漬物
zenrakubou1312_04.jpg

突き出しってわけではないのですが、
漬物のサービスあり。
醤油に漬けたニンジン・大根・キュウリで、
山椒と針生姜でさっぱり。
なかなかおいしいわ。



担々麺
zenrakubou1312_06.jpg

白いビジュアルの担々麺。
麺の上の具は上から、
クラッシュナッツ⇒白髪ねぎ⇒挽肉・椎茸・竹の子⇒青菜。
この青菜と挽肉がきちんと温かいんだよね。
スープは濃厚なゴマ風味。
花椒の鮮烈な痺れと胡麻のコクが素晴らしい。
これが縮れた中細麺に絡んでたまらん。


丁寧な仕事振りの担々麺でした。
スープは濃厚でゴマのコクがあって、
辣油だらけの担々麺とは一線を画します。
シェフも接客の男性もキビキビしていて、
レベルの高さが垣間見えました。
ぜひ再訪したいですね。
どうもごちそうさまでした。

「膳楽房」
東京都新宿区神楽坂1-11-8
11:30~14:30
17:00~23:00
月曜休み(月曜が祝日の場合は翌火曜休み)
TEL 03-3235-1260
https://www.facebook.com/zenrakubou