たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーンドラ・ダイニング 中央区銀座
2014年04月12日 (土) | 編集 |
銀座と京橋の間にある「アーンドラ・ダイニング」さん。
御徒町にある「アーンドラ・キッチン」の姉妹(!?)店です。
ディナーで訪問しました。
(ランチ記事はこちら



夕方のアーンドラ・ダイニング
andhradining1403_01.jpg

実はこの店に行こうとしていたのですが、
店先で店員さんが呼び込みをしていたのよね。
あっ、御徒町にいた店員さん(サントスさん)だ!
気づいた瞬間には階段を上がっていました(笑)



小綺麗な店内
andhradining1403_02.jpg

インド料理屋らしからぬ内装(褒め言葉です)
接客には日本人店員さんも居たので、
初心者にも心強い。



メニューの一部(クリックすると拡大します)
andhradining1403_03.jpg

アラカルトメニューがいろいろありますが、
お一人様に心強いのはミールス。
いろいろなカレーを一度に楽しむことが出来ます。



ミールス(ノンベジ) 2,050円
andhradining1403_04.jpg

ライスとチャパティを取り囲むように、
様々なカレーが並びます。
こうして見るとアースカラーやな(笑)



チキンカレー
andhradining1403_05.jpg

スパイシーなチキンカレー。
サラリとしてライスに馴染みやすい。
バターや小麦粉を使っていないので重くない。



マトンカレー
andhradining1403_06.jpg

こちらもサラリとしています。
そしてマトンの風味がしっかり。
野趣溢れる味わい。



海老カレー
andhradining1403_07.jpg

海老のスパイス炒めです。
海老は少し柔らかめ。
スパイシーでねっとりした味わい。



サンバルとラッサム
andhradining1403_08.jpg

サンバルとラッサム。
ミールスには欠かせないスープカレー。
お代わりしたら一回り大きな器でやって来た!



バスマティライス
andhradining1403_09.jpg

こちらもお代わりしたら、
最初よりも山盛りのご飯(笑)
ハンパねーっす!


これらを混ぜ混ぜしながら完食満腹。
どのカレーもスパイシーでサラリ。
ダバインディア」よりも現地風な気がします。
こういう料理が普通に食べられる東京はスゴイわ。
どうもごちそうさまでした。


「アーンドラ・ダイニング」
東京都中央区銀座1-8-2 銀座プルミエビル2F
11:15~15:00(LO 14:30)
17:00~23:00(LO 22:00)
年中無休
TEL 03-3567-4005

サントスさんがね、「御徒町でもお会いしましたね」って。
客商売の人の記憶力って本当にスゴイよな。
スポンサーサイト
アーンドラ・ダイニング 中央区銀座
2012年03月03日 (土) | 編集 |
2月にオープンしたての「アーンドラ・ダイニング」さん。
御徒町にある「アーンドラ・キッチン」の姉妹店になります。
それにしても銀座にオープンするとは!(スゴイね)



オープンしたてのホヤホヤ
andharadiningginza1202_01.jpg

銀座といっても京橋寄りなので、
東京駅から歩いて10分ちょっと。
見慣れたオレンジ色がトレードカラー。
隣のコージーコーナーが目印です。



おしゃれな店内
andharadiningginza1202_02.jpg

お店に入って驚いた。
とってもおしゃれな雰囲気じゃん!
接客が若い日本人女性なのにも驚いたけどね(笑)
ガラス越しに厨房がチラリ。



ホリデーランチ(クリックすると拡大します)
andharadiningginza1202_03.jpg

ランチメニューは御徒町と一緒だね。
今日はベジタリアン・ミールスを頼んでみようかな。
自分、草食系男子ですから、押忍!



ベジタリアン・ミールス 1,650円
andharadiningginza1202_04.jpg

銀座らしく(?)上品な盛り付けのミールス。
ラッサム・サンバル・ライスはお代わり自由なので、
がっつり行かせてもらいます。



サンバルとラッサム
andharadiningginza1202_05.jpg

andharadiningginza1202_06.jpg

パンチの利いた辛さのサンバルとラッサム。
この濃厚な味わいは「アーンドラ・キッチン」と同じだね。
あとはミックス野菜のポリヤルにコクのある野菜カレー。
これらをライスにかけていただきます。



チャパティ
andharadiningginza1202_07.jpg

全粒粉を水でこねて鉄板で焼いたチャパティ。
素朴な粉の風味と甘みがしみじみとおいしい。
バスマティライスも華やかに香り、
思わず感激するおいしさ。


サンバルとラッサムを交互にお代わりして完食。
味は「アーンドラ・キッチン」と遜色ありませんね。
雰囲気はさすがに銀座らしくこちらの方が洗練されています。
南インド料理の有名店がひしめくこの地で、
どう差別化を図っていくのか楽しみです。
どうもごちそうさまでした。


「アーンドラ・ダイニング」
東京都中央区銀座1-8-2 銀座プルミエビル2F
11:15~15:00(LO 14:30)
17:00~23:00(LO 22:00)
年中無休
TEL 03-3567-4005
アーンドラ・キッチン 台東区上野
2012年02月21日 (火) | 編集 |
御徒町にある「アーンドラ・キッチン」さん。
本格南インド料理のいただけるお店です。
(店名はインドのアーンドラ・プラディシュ州から)

アキバや上野へに行ったついでに、
ちょくちょく立ち寄っているのであります。



半地下にあります
andhrakitchen1201_01.jpg

この店のシェフ、ラマナイヤさんは、
実はダバインディアのシェフでもありました。
接客担当の店員さんも印象的で、
店頭でメニューを見ているお客さんに呼び込みするし(笑)



ホリデーランチメニュー(クリックすると拡大します)
andhrakitchen1201_02.jpg

ホリデーランチは南インド料理らしさ満載。
でもいつもミールスを頼んでしまうのは悲しいさが。
パブロフの犬並みの条件反射(笑)



ミールス 1,650円
andhrakitchen1201_11.jpg

南インドの定食、ミールス。
このカレーいっぱいのビジュアル感がたまらない。
この日もノンベジでお願いしました。
自分、肉食系男子ですから、押忍!



サンバル
andhrakitchen1201_04.jpg

ミールスに欠かせない豆のカレー。
この店のサンバルはさらっとしてます。
タマリンドの酸味と唐辛子の辛さが利いていて、
なかなかパンチがありました。



パチプルス(Pachi pulusu)
andhrakitchen1201_05.jpg

いつもはラッサムが付いてくるのですが、
今回は特別メニューの「パチプルス」。
アーンドラ州の郷土料理とのことです。
ほんのりと甘く、柔らかい酸味のある味わい。
スープのようにごくごく飲めちゃいますわ(笑)



チキンカレー
andhrakitchen1201_03.jpg

骨付きチキンの入ったカレー。
クローブやシナモンの香りがしっかりしていて、
はっきりとした味わいです。
辛味もあって、お子ちゃまゴメン。



エビカレー
andhrakitchen1201_07.jpg

エビの入ったドライなカレー。
ブラックペッパーの辛さが鮮烈で、
ガーリックも利かせているね。
パンチがあってご飯がすすむ君。



ポリヤル
andhrakitchen1201_06.jpg

野菜のスパイス炒めです。
ココナツのシャクシャク感がいいね。
これは辛くないので箸休め的にもOK。

これらをバスマティライスにかけてパクパク。
ライス・サンバル・ラッサム(パチプルス)はお代わり自由で、
店員さんが陽気に薦めてくれます。
そしてお約束の食べ過ぎです(笑)



限定ビリヤニ(クリックすると拡大します)
andhrakitchen1201_08.jpg

こちらは土曜ディナー限定のスペシャルメニュー。
その名も「ハイデラバディ・ダム・ビリヤニ」です。
このメニュー目当てだったら、
当日でも予約した方がいいかと思います。
(もちろん私は飛び込みですが)



ハイデラバディ・ダム・ビリヤニ 1,490円
andhrakitchen1201_09.jpg

andhrakitchen1201_10.jpg

バナナの葉の上に豪快に盛り付けれたビリヤニ。
軽く1.5人前といったボリュームです。
立ち上るバスマティライスとマトンの香り。
ライスの味付けはふわっと軽く、
骨付きマトンは旨みしっかり。
食べ飽きないおいしさです。
どうもごちそうさまでした。


「アーンドラ・キッチン」
東京都台東区上野3-20-2 水野ビルB1F
11:15~14:30 LO(土日祝は11:30~)
17:00~22:00 LO(土日祝は21:0 0LO)
TEL 03-5818-6564
http://andhra-kitchen.com/


銀座に2号店がオープンしたので、
ぜひお邪魔しなくては!
アールティ 千代田区神田佐久間河岸
2011年08月31日 (水) | 編集 |
アキバにあるインド料理屋「アールティ」さん。
danchuのカレー特集にも載っていましたね。
実は会社の後輩達と夜に来たことがあるのですが、
かなり好評でありました。



ビルの2階にあります
aarti1108_01.jpg

インド料理屋らしい雑居ビルに2階あります。
いわゆるアキバの中心街からはちょっと離れてるかな。
ビルの入口にはランチの案内も出ています。



店員さんが多いです(笑)
aarti1108_02.jpg

店内は二人用テーブル10卓と調理場。
ただ団体さん用の隠し個室(?)もあるみたいです。
本日の店員さんは全て外国の方で、
接客1名、調理場には4名も!



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
aarti1108_03.jpg

ランチメニューはこんな感じ。
タンドリーチキン付きのCセットがお値打ちだよね。
肉食系男子の私はチキンとエビをお願いしました。



ラッシー
aarti1108_04.jpg

まず最初に出て来たのはラッシーです(オオッ~)
よく見たらメニューにラッシー付きと載ってるね。
なかなか濃厚な味わいでございました。



Cセット 980円
aarti1108_05.jpg

店内にタンドリーチキンの匂いが漂う中、
ターリー皿に載って登場。
Cセットにはナンとライスの両方が付いているのね。
メニューをよく読め、自分!



チキンカレー
aarti1108_06.jpg

ごろっと大きなチキンの入ったカレー。
スパイス感よりフルーティーさを感じます。
うん、食べやすいカレーですね。



エビカレー
aarti1108_07.jpg

コーンポタージュのようにマイルドカレー。
プリっとした海老とマッシュルームが入っています。
とてもまろやかなカレーです。
もう少しスパイスが利いている方が私好み。



タンドリーチキン
aarti1108_09.jpg

大きめでゴロッとしたタンドリーチキン。
インド風(?)によく火が通してあります。
かなり食べ応えがあります。
100円アップでこのボリュームなら、
こりゃ頼まなきゃ損だわ。

ナンは薄くてモッチリしているタイプ。
サフランライスも付いていますが、
ターメリックライスかと思ったよ(苦笑)


なんやかんやでお腹いっぱい。
とてもコスパの良いランチでした。
ただね、正直に言うと少々すっきりしない気分。
ディナーの時の感動が無かったんだよね。
(ビールを飲まなかったせいかな?)
よし、今度はアラカルト料理にチャレンジだ!
どうもごちそうさまでした。


「インディアンレストラン アールティ」
東京都千代田区神田佐久間河岸50
11:30~15:00
17:00~22:00
年中無休
TEL 03-3864-5602
アーンドラ・キッチン 台東区上野
2011年05月18日 (水) | 編集 |
久し振りに南インド料理屋「アーンドラキッチン」さんへ。
店頭でのんびりメニューを見ていたら、
店員さんに勧誘されました(笑)



祝再開!
andhrakitchen1105_01.jpg

実は震災の影響でしばらく休業されていましたが、
今月6日から再開されたとのこと。
なにはともあれ良かった、良かった。



前と同じです
andhrakitchen1105_02.jpg

以前と同じくシンプルな店内。
そして同じくとても愛想の良い店員さん。
何故かシェフまでこちらにご挨拶。



ミールスメニュー(クリックすると拡大します)
andhrakitchen1105_03.jpg

興味を惹かれるメニューはたくさんありましたが、
一人だといろいろ頼めないのがちとつらい。
そこでミールス(定食)をノンベジで注文しました。
いろいろなカレーを楽しめちゃうもんね。



ミールス(ノンベジタリアン) 1,950円
andhrakitchen1105_04.jpg

ヒャッホー!
教科書通りのミールスの登場です。
シェフがわざわざ席まで来て、
最初にチャパティ(薄焼きパン)を食べた方がいいと
アドバイスくれましたよ。



ベジカレー
andhrakitchen1105_05.jpg

ミールスの定番のカレーです。
手前から紹介すると、
豆スープのサンバル、
酸味とピリっとした辛さのラッサム、
ココナツとキャベツの炒め煮のポリヤル。
食べ飽きない素朴な料理といったところでしょうか。
お代わりをグビグビ!



ノンベジカレー
andhrakitchen1105_06.jpg

こちらはノンベジのカレーです。
手前から紹介すると、
黒コショウのがつんと利いたチキンカレー、
ニンニク風味の小海老カレー、
濃厚なマトンカレー。

混ぜ混ぜしながら食べていると、
ライスのお代わりを訊ねられました。
折角だからとお願いすると、
皿にてんこ盛りのライスを持ってくる店員さん。
まさかと思ったら・・・



どっひゃー!
andhrakitchen1105_07.jpg

最初より量が多いやん(笑)
でもせっかくの善意を無駄にする訳には行きません。
いきなり一人大食い選手権に参戦です!


結局冷や汗をかきながらもなんとか完食。
店員さんにさらにお代わりを勧められたけど絶対無理!
でもこうやってわんこ蕎麦のように食べるのが、
ミールスの魅力なのかなと一人納得。
本当に復活してくれて良かったです。
どうもごちそうさまでした。


「アーンドラ・キッチン」
東京都台東区上野3-20-2 水野ビルB1F
11:15~14:30 LO(土日祝は11:30~)
17:00~22:00 LO(土日祝は21:0 0LO)
TEL 03-5818-6564
http://andhra-kitchen.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。