たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ル・ルソール 目黒区駒場
2012年01月25日 (水) | 編集 |
駒場東大にある「ル・ルソール」さん。
メゾン・カイザー立ち上げにも関わった清水シェフが、
5年前に開いたパン屋です。(前回記事
夢よ、再び!



駅から徒歩3分ほど
leressort1112_01.jpg

景色に溶け込んだおしゃれな外観。
なぜかここだけおフランスざんす!
実際に外国人のお客さんもよく見かけます。



店内
leressort1112_13.jpg

きれいにパンがディスプレイされた店内。
売り場は厨房とつながっているので、
スタッフが働いている姿を眺められます。
うん、みんな頑張っているね~(おまえ何様?)



カヌレ 180円
leressort1112_02.jpg

leressort1112_03.jpg

フランス菓子があったのでつい購入。
プリンのようにもちもちしていて、
洋酒の香りがぷーん。
このむちむちはクセになりそう。



クグロフ 380円
leressort1112_08.jpg

leressort1112_09.jpg

フランスのアルザス地方のお菓子。
ふわっとしたブリオッシュ生地に、
レーズン・オレンジピール・ゆずピールが入っています。
ほのかなバターの風味とあいまって、
なんとも上品な味わい。



天然酵母のフォカッチャ 220円
leressort1112_10.jpg

色合いが普通のフォカッチャより濃いですね。
クラストはパリパリ、
クラムは気泡いっぱいで超もっちり。
後味にかすかな酸味。
オリーブオイルと塩味がついているので、
そのままでもパクパク。



プティトマトオリーブ 190円
leressort1112_06.jpg

leressort1112_07.jpg

こういう組み合わせに弱い私。
むぎゅっとした生地。
口の中でにオリーブの香りがぷーんと広がり、
止めがジューシーなドライトマトの濃厚な味。
あわせ技一本!



パン・オ・ショコラ 190円
leressort1112_04.jpg

leressort1112_05.jpg

表面はサクサク、中はしっとり。
内層に弾力のあるクロワッサン。
この店のクロワッサンは、
ザクザクよりもしなやかって言葉があいますね。
チョコのスイートビターが、
バターの香りを引き立てます。



クロワッサンアマンド 240円
leressort1112_11.jpg

leressort1112_12.jpg

表面がてかてかしたクロワッサン。
この正体はアプリコットじゃむじゃないかな?
ラム酒の利いたアーモンドクリームが挟んであって、
上はさっくり、底はしっとり。
なぞなぞの上は大水、下は大火事に似てるね(答え:お風呂)
贅沢な気持ちになれるクロワッサンアマンド。


いやー、うまかった!
パリの雰囲気を感じるパンたち。
それに加えて素敵な接客。
人気のある理由もよくわかります。
次はフィリングがおしゃれなサンドを食べたいですね。
どうもごちそうさまでした。


「ル・ルソール」
東京都目黒区駒場3-11-14 明和ビル1F
8:00~19:00
月火休み
TEL 03-3467-1172
スポンサーサイト
ル・ルソール 目黒区駒場
2011年03月09日 (水) | 編集 |
東大から一番近いパン屋さん!
それが清水シェフの「ル・ルソール」さんです。
フランスのカイザーでも修行したことあるんだって。



おしゃれな外観です
ressort1101_01.jpg

街並みに溶け込んでいて、
車だと気づかず通り過ぎちゃいそう。
でも前を歩く人はつい店を覗き込んでしまいます。
そんな魅力を持ったパン屋さん。



センスのある並べ方
ressort1101_02.jpg

ressort1101_03.jpg

まるで雑貨屋のようにセンスよく並べられたパン達。
そのひとつひとつに丁寧な説明書きが付けてあり、
パンを大切に扱っているのが伝わってきます。

最近のブーランジェリーでは珍しく、
お客さんが自分でパンを取る方式です。
売り場から奥の調理場まで仕切りがなくつながっていて、
シェフの姿をちらと見ることが出来ました。



バゲット 240円
ressort1101_04.jpg

ressort1101_05.jpg

メゾン・カイザーのバゲット・モンジュにも似た、
やや扁平のバゲットですね(通称ツチノコ型)

クラストは薄めで歯切れがよく、
パッと口の中に香ばしさが広がる。
その後に果実のような天然酵母の香りが鼻を抜けます。
クラムは薄茶色でしっとり。
うん、昔食べた時より味が濃い。
深い味わいのバゲットでした。



クロワッサン 170円
ressort1101_06.jpg

ressort1101_07.jpg

見た目からきれいなクロワッサン。
外側はサクサクと軽い食感。
内層はしっとりとして弾力があり、
バターの香りと粉の風味が楽しめます
優等生的なクロワッサン。



シィス 190円
ressort1101_08.jpg

ressort1101_09.jpg

フランス語で“6”を意味するパン。
6月に生まれたんだって(なんじゃそりゃ)
女性に人気ということでゲット!

もちもちのフランスパン生地(リュスぽい?)
グレープフルーツピールのおかげでとても爽やかです。
シャクシャクと歯応えのあるリンゴは甘みをプラス。
食べやすいパンだね。



マカダミアマロン 220円
ressort1101_10.jpg

ressort1101_11.jpg

このS字型のニョロニョロしたパンが、
個人的にこの日のヒット。

カリッとしたセーグル生地に、
マカダミアナッツの油分のある香ばしさ。
さらには栗のネットリとした甘さ。
あまり見かけないけど、
マカダミアナッツの入ったパンが好きなので・・・
こりゃたまらんばい!



チャバタ 160円
ressort1101_12.jpg

ressort1101_13.jpg

オリーブオイルの入ったイタリアパン。
これが超モッチリ!
例えるなら赤ちゃんのほっぺ。
くせが無くて柔らかいので、
赤ちゃんでも食べれそう。
あれっ、フォカッチャとの違いってなんだっけ?



トスカーナ 190円
ressort1101_14.jpg

ressort1101_15.jpg

これもイタリアっぽいネーミング。
セーグル生地にグリーンオリーブとチーズが入っています。
おお、オリーブの匂いがプンプンして、
チーズの香りもしっかり。
とっても味が濃いんですよ(油分もある感じ)
ワインにとても合いそうなパンでした。



オリーブ 300円
ressort1101_16.jpg

ressort1101_17.jpg

ル・ルソールさんのスペシャリテ(勝手に言ってます)
なんとそば粉を使った生地に、
黒と緑のオリーブが入っています。
もっちりとしたクラム。
一口ごとに広がるオリーブの香り。
そば粉の香りはするような、しないような(貧乏舌スマン)
オリーブ好きにはたまらないパンです。


前回(2年前ぐらい)お邪魔した時よりも、
私好みのパンが増えていました。
シェフもオリーブやドライトマトが好きみたいで、
思わず私もにんまり。
またバゲットは前回と粉も酵母も違う印象で、
てやんでー、やりやがったな(何を?)

お客さんもひっきりなしで、
以前より店員さんも増えていました。
ベビーカーのお母さんにさっとドアを開けたり、
サービスもしっかりしています。
雰囲気・味とも素晴らしいパン屋さんです。
どうもごちそうさまでした。


「ル・ルソール」
東京都目黒区駒場3-11-14 明和ビル1F
8:00~19:00
月火休み
TEL 03-3467-1172
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。