たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とんかつ やまいち 千代田区神田須田町
2011年05月11日 (水) | 編集 |
おいしいトンカツを食べに「やまいち」さんへ。
最寄り駅は都営新宿線の淡路町駅ですが、
神田や秋葉原から歩いても10分弱といったところ。



おひさしぶりです!
yamaichi1104_01.jpg

開店時間から少し遅れて伺ったのですが、
既に8割方埋まった店内。
相変わらずの人気ですね。
運良く一つだけ空いていたカウンター席に潜り込めました。
ただ、ちょっと狭い・・・



メニューです(クリックすると拡大します)
yamaichi1007_04.jpg

メニューの写真を撮る余裕がなかったので、
前回の写真を流用。
今日は元気づけにかつ丼でドーン!(親父ギャグすまぬ)



キャベツと香の物
yamaichi1104_02.jpg

かつ丼を頼んだのにキャベツとはこれ如何?
ドレッシングをかけてたいらげるべし!
しその実の入った香の物はあっさりとした味わい。
さらに卓上の塩らっきょうと小梅をかじって、
メインを待つのみ!

ご主人は茜色の銅鍋でゆっくりカツを揚げていきます。
揚がったカツは中華包丁のような大きな包丁で、
サクッ、サクッとカッティング。
かつ丼さらに小鍋で煮る一手間付き。



ロースかつ丼 1,600円
yamaichi1104_03.jpg

ドーンとかつ丼!(こればっかり)
カウンター越しに渡された丼がズシッ。
一般にかつ丼には薄いカツを使う店が多いのですが、
この店は定食と同じ大きさのカツなんです。



かつ丼アップ!
yamaichi1104_04.jpg

肉の厚みは2センチ程かな、
薄ピンク色をした断面が食欲をそそります。
揚げ立てでサクっとした衣はかすかにゴマ油の香り。
脂身の旨さもロースならではで、
赤身は弾力がありながらもスッと歯が通ります。
カツを一切れ食べる度に、
「まだまだ残ってる」とニンマリしてしまいます。

丼汁はすっきりとした甘みがあって、
汁だくじゃない程度にご飯にかかっています。
カツと卵とご飯のハーモーニー。


味・ボリュームともに満足のかつ丼でした。
トンカツ自体は揚げ物なのでヘビーなのですが、
上品さが感じられるのが「やまいち」さんの魅了かな。
カウンター席は窮屈だけど、
隣のお客さんとの譲り合い精神もまた楽し(笑)
どうもごちそうさまでした。


「とんかつ やまいち」
東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル1F
11:00~14:20LO
17:00~20:20LO
11:00~14:00(土曜)
日祝休み
TEL 03-3253-3335
スポンサーサイト
とんかつ やまいち 千代田区神田須田町
2010年08月04日 (水) | 編集 |
ある夏の暑い日。
体力をつけるために淡路町駅近くの「やまいち」さんへ。
おいしいとんかつを食べさせてくれるお店です。



とても地味です(笑)
yamaichi1007_01.jpg

入り口は少々寂れた感じ(失礼!)。
メニューも表に出てないし、
入るのにはちょっと躊躇しちゃいそう。
でもこの日も既に開店待ちのお客さんがいて、
人気の程が伺えました。



入口は待合場所?
yamaichi1007_02.jpg

入ってビックリ、まるで純喫茶みたい。
お店は鰻の寝床のように奥行きがあって、
入り口付近は待合場所になっています(とトイレ)



カウンター席
yamaichi1007_03.jpg

奥は調理場になっており、
カウンター4席、大きな丸テーブル1卓、二人掛けテーブル1卓。
思ってたよりも客席が少ないですね。
店員さんはご主人と女性二人だけ。
緊張感とまでは言わないものの、
静かな雰囲気が漂っていました(なんちって)。



メニューです(クリックすると拡大します)
yamaichi1007_04.jpg

昼時ですが特にランチはなくて、
メニューは当然揚げ物中心。
どうしようか悩みましたが、
一粒で二度おいしい“合わせかつ”を頼みました。
他のお客さんは“特ロース”を結構注文したました(リッチだね)



漬物とお茶
yamaichi1007_05.jpg

さっぱりした風味のきゅうり。
しその実がアクセント。
香ばしいお茶をすすりつつ、
とんかつをじっと待つわけです。



合わせかつ定食 1,500円
yamaichi1007_07.jpg

yamaichi1007_08.jpg

15分ほど待って登場!
もちろん揚げ立ての熱々です。
きれいに千切りされたキャベツは水切りがしっかりしてあって、
カツをべちょべちょにすることはありません(当然?)
ご飯はしっかり炊けていて、
味噌汁には刻んだしその葉が入っていました。



ヒレカツとロースカツの断面アップ!
yamaichi1007_09.jpg

yamaichi1007_10.jpg

サクっと揚がった衣はごま油の香り。
ヒレカツはスッと歯が入る柔らかさ。
程良くジューシーで上品な揚がり具合です。
それに比べるとロースカツは歯応えがあって、
脂の旨味が口の中に広がります。
食べ応えはあるけどしつこくなくて、
調理の丁寧さが伝わってくるカツでした。



ソース他
yamaichi1007_06.jpg

ピンク色の岩塩を振って食べるもよし、
甘辛いトンカツソースをかけるもよし。
おろしポン酢もあったので、
ご飯にかけて食べちゃいそう(違うだろ?)。
カリカリ小梅で口をリフレッシュ。


おいしいトンカツでした。
調理に集中している職人肌のご主人に、
黙々とトンカツを平らげるお客さん(含む私)
とても真面目なトンカツ屋さんです。
次は特ロースを食べたいな。
どうもごちそうさまでした。


「とんかつ やまいち」
東京都千代田区神田須田町1-8-4 玉井ビル1F
11:00~14:20LO
17:00~20:20LO
11:00~14:00(土曜)
日祝休み
TEL 03-3253-3335
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。