たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
五指山 千代田区内神田
2014年05月22日 (木) | 編集 |
西神田にある「五指山」さん。
ちょいとマニアックな中華料理屋です。
会社の後輩とディナーで訪問してみました。



夜の五指山
goshizan1405_01.jpg

神田駅から歩いて5分ほど。
ちょい怪しい雰囲気の外観。
いたって健全な店なんですけどね(笑)



店内の様子
goshizan1405_02.jpg

カウンター席が奥に長い店内。
奥のテーブル席を使わせてもらいましたが、
カウンターならお一人様もOK。

麻婆豆腐や担々麺といった定番の他に、
シェフおすすめの黒板メニューがあるのですが、
これがなかなかマニアックなんだよね。
鶏足や牛の○ニスとか、
ちょっと頼めんわ(ヘタレですまん!)


鉄観音(ポット) 700円
goshizan1405_03.jpg

茶葉が山盛り入ったポット。
爽やかで甘い香りのお茶でした。
お湯の追加もOK。



じゃがいもとエリンギの海老ペースト炒め 1,050円
goshizan1405_04.jpg

結構なボリュームだ!
太めのフライドポテトに、
海老の風味がむんむんの餡。
こりゃ~後引くわ~



水餃子 580円
goshizan1405_05.jpg

すごいビジュアル!
水餃子にたっぷりとかかったラー油とすりゴマ。
もちもちの皮に包まれた豚肉。
ゴマの風味がとにかくいい。



マーボー土鍋ご飯 1,080円
goshizan1405_06.jpg

味噌の風味の濃い麻婆豆腐。
山椒や唐辛子は見た目ほどはきつくなく、
ご飯が進む味付けです。
しかもご飯がたっぷりでした。


腹いっぱい、参った!
どの料理からも店主のマニアックさが伝わってきました。
しかも値段も手頃でボリュームいっぱい。
こういう店が普通にあるのが東京のすごいとこだわ。
どうもごちそうさまでした。


「五指山」
東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル1F
11:30~14:00(LO)
17:30~22:00(LO 21:00)
日曜休み
TEL 03-3292-0080

この後さらに地ビールを飲みにハシゴしたのでした・・・
痩せないはずだわ。
五指山 千代田区内神田
2011年09月24日 (土) | 編集 |
西神田にある中華料理の「五指山」さん。
前回パンチのある麻婆土鍋ごはんを喰らいました。
どうせなら残りのランチも制覇しようと、
2週続けて通ってみました!



チープ(?)な看板が目印です
goshizan1109_01.jpg

スーっと通り過ぎちゃいそうな外観です。
まさかこの店が個性派中華料理屋さんとは、
お釈迦様でも思うまい。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
goshizan1109_04.jpg

入って直ぐ目の前にある券売機。
その上の方にランチメニューが貼ってありました。
麻婆土鍋ごはん・担々麺・鶏飯の3種類。
以前は鶏飯じゃなくて海南粉でしたので、
定期的に入れ替えているのかも。



細長い店内
goshizan1109_02.jpg

goshizan1109_03.jpg

元はラーメン屋さんだったんでしょうかね。
かなり細長い店内です。
一人二人なら問題ありませんが、
3人以上の場合は要テーブルです。



担々麺 900円
goshizan1109_05.jpg

やや黄色がかった担々麺。
ライスが付いてくるのがうれしいね。
担々麺にはご飯が不可欠です(異論認めます)



担々麺アップ!
goshizan1109_06.jpg

うおっ~!
ヘタなカレーよりもトロミがあるぞ!
胡麻の風味がめっちゃ濃厚で、
それでいて甘ったるくはありません。
後から花椒の痺れるような辛さがじんじん来ます。

具は、挽肉と青梗菜。
挽肉には干しエビも入っているのが隠し味。



麺アップ!
goshizan1109_07.jpg

麺は柔らかめのストレート細麺。
これがスープに絡む絡む!
麺をすする度に花椒がビンビン。
額から汗が滴り落ちました。
超濃厚系担々麺でございました。
あっ、ご飯もおいしかったですよ。



鶏飯(タイ米の鶏肉炊き込みご飯) 900円
goshizan1109_08.jpg

鶏飯(チキンライス)というと、
シンガポールやタイを連想する私。
ところがどっこい、
こちらは中華料理屋さんでした。
あっ、赤い容器に入っているのは、
ケチャップじゃなくて辣油だからね。



チキンアップ!
goshizan1109_09.jpg

ぶつ切りの茹で鶏がごろごろ。
冷たい塩ダレで味付けされており、食べ応え十分。
上品なチキンライスとは違って、
鶏肉を噛み締める醍醐味を味わえます。



炊き込みご飯アップ!
goshizan1109_10.jpg

こちらは温かく、
タイ米とチキンのいい匂い。
チキンのほんのりとした旨味と干しエビの香ばしさ。
なぜかピーナツも入っていて、
こりゃ茹でピーナッツだと一人納得。
ほぐす度に量が増える感じで、
かなり食べ応えがありました。


どちらも個性派中華でした。
いや、五指山風というのが正しいでしょうね。
好き嫌いが分かれるかもしれませんが、
はまっちゃうと抜け出せない予感。
ボリュームもあるので、
食べ終わった後はお腹なでなで。
どうもごちそうさまでした。


「五指山」
東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル1F
11:30~14:00(LO)
17:30~22:00(LO 21:00)
日曜休み
TEL 03-3292-0080
五指山 千代田区内神田
2011年04月30日 (土) | 編集 |
神田の外堀通り沿いにある「五指山」さん。
五指山といえば孫悟空が閉じ込められた山の名前ですが、
この店は中華料理屋であります。



手作り感のある(?)看板
goshizan1104_01.jpg

なんちゅうか、微妙な外観のお店です(失礼!)
実は最近世田谷の松陰神社前から移ってきたばかり。
そういえば「パリの空の下」に行ったときに見かけましたわ。



細長い店内
goshizan1104_02.jpg

入ってすぐ左手にランチの券売機(!?)
中華料理屋では珍しいよね。
メニューは麻婆土鍋ご飯・担々麺・海南粉・水餃子・杏仁豆腐。
迷わずここは“土鍋ご飯”ではないでせうか。

お店は奥に長くて、
カウンター席にテーブル数卓。
大人数ではかなりキツイと思いますが、
お一人様ランチにはもってこい!



スープ
goshizan1104_04.jpg

まず運ばれてきたのは卵スープ。
海苔の香りがプーンと素敵。
あっさりとした味わいでメインに期待が膨らみます。



麻婆土鍋ごはん 900円
goshizan1104_05.jpg

goshizan1104_06.jpg

超熱々の状態で登場です。
土鍋一面を覆った麻婆豆腐のこの存在感!

さっそく口に運ぶと、
花椒の痺れるような辛さ!
麻婆ソースは豆チ・豆板醤の旨みたっぷりですが、
なにより花椒の鮮烈さが印象に残ります。
豆腐はご飯に合わせやすように砕いてあり、
まさにオン・ザ・ライスのための麻婆豆腐(大げさか)



断面図アップ!
goshizan1104_07.jpg

土鍋の中にはご飯がぎっしり。
少し固めに炊かれた美味しいご飯です。
麻婆豆腐の汁がしみていい塩梅。
それにしても量がたっぷり過ぎちゃう?


熱さと辛さで汗をかきかき完食。
とてもパンチの効いた麻婆豆腐でした。
土鍋のおかげで最後まで熱々なのも、
いいアイデアだなと一人感心。
最初からオン・ザ・ライスなのも楽だしね(笑)

夜のメニューも拝見したところ、
マニアックな雰囲気がぷんぷん。
こりゃ一人ディナーにもぜひ来なくちゃね。
どうもごちそうさまでした。


「五指山」
東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル1F
11:30~14:00(LO)
17:30~22:00(LO 21:00)
日曜休み
TEL 03-3292-0080