たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
同源楼四川小吃 港区赤坂
2012年03月06日 (火) | 編集 |
赤坂にある「同源楼四川小吃」さん。
本格的かつ庶民的な四川料理のお店です。
それにしても夜の赤坂は客引きが多いのね~



夜の赤坂でごわす
shisensyantsu1201_01.jpg

2階にある本家「同源楼」さんでも良かったのですが、
こっちの方が入り易いのよね。
今回たまたまテーブルが1卓だけ空いていましたが、
予約しておいたほうが安心だと思います。
(いつも飛び込みの私が言うか?)



メニューの一部(クリックすると拡大します)
shisensyantsu1201_02.jpg

shisensyantsu1201_03.jpg

shisensyantsu1201_04.jpg

ほとんどのメニューが千円以内。
こりゃ人気が出るはずだと、一人合点。
この日はこの店が初めての人と一緒だったので、
定番の麻婆豆腐にチャーハン、あとビールのつまみを注文。



麻婆豆腐 880円
shisensyantsu1201_05.jpg

つまみより先に出た麻婆豆腐(笑)
表面に花椒がたっぷりかかっていて、
いかにも辛そうなビジュアル、ひえ~

確かに辛い、でも辛すぎない。
辣と麻の絶妙なバランスですな。
ソースは適度なコクがあり、
柔らかい豆腐によく絡みます。



春辣羊肉丁(ラム肉とサクサク唐辛子のクミン炒め) 900円
shisensyantsu1201_06.jpg

衝撃の一品!!!
店員さんは「唐辛子も食べれますよ」って、
簡単に言ってくれるけど・・・

短冊形に切られているのは、
四川唐辛子(朝天辣椒)かな?
辛さは全く無く、とても香ばしい!
一口大の羊肉は一度油通ししてあるのか、
こちらもとてもクリスピー。
それに唐辛子の風味、クミンの香りが加わって、
ビールがビールがすすむ君。

ただ、食べても食べても減りません。
これ3,4人分ぐらいはあるよ、たぶん・・・。
しかも時折辛い唐辛子に当たって思わず涙目(笑)



海鮮炒飯 880円
shisensyantsu1201_07.jpg

締めで登場は炒飯なり。
うすしお味でしっとりとしたチャーハン。
貝柱・海老・イカといった魚介は柔らかく、
レタスのシャッキリ感がアクセント。
同行者は辛味が付いているって言ってたけど、
他の料理で舌が馬鹿になっていたんだと思う(笑)


余裕があったら料理を追加するつもりだったけど、
あえなくここでギブアップ(無念)
予想より一品のボリュームがあったな~
四川らしいメリハリのついた味にもノックアウト。
辛いもの好きな友人との食事に、
最適な店だと思いますよ。
どうもごちそうさまでした。


「同源楼四川小吃」
東京都港区赤坂3-18-8 赤坂エムプレスビル1F
11:30~15:00
17:00~23:30(LO 23:00)
日祝休み
TEL 03-3583-3585
同源楼四川小吃 港区赤坂
2011年11月02日 (水) | 編集 |
赤坂の中華料理屋「同源楼四川小吃」へ。
2階の元祖「同源楼」でも良かったんだけど、
こっちの方が開店が少し早かった。
実は雨が降りだして困ってたんです。



小吃は中華の一品料理のことだって
dougenroushisenshochi1110_01.jpg

1階は同源楼四川小吃、2階は同源楼(本家)。
同じ店名にしちゃえばよかったのにと思ったけれど、
中はつながってないしね。



カジュアルな店内
dougenroushisenshochi1110_02.jpg

奥に向かってテーブルの並ぶ店内。
シェフは2名、接客の店員さん1名。
皆さん中国の方のようです。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
dougenroushisenshochi1110_03.jpg

1~3が日替わり、残りは定番メニューみたいですね。
土鍋ごはんというのに惹かれて、
牛バラトマトを頼んでみました。



前菜とスープ
dougenroushisenshochi1110_04.jpg

dougenroushisenshochi1110_05.jpg

注文して30秒で出てきた(笑)
落花生ときゅうりと人参のあっさり漬け。
これはビールに合いそうだな~
卵スープもあっさりでした。



牛バラ、トマトの醤油土鍋ごはん 880円
dougenroushisenshochi1110_06.jpg

キター、山盛りきたー!
角煮のような牛肉がごろごろ。
八角を利かしたよな風味だね。
チンゲンサイがこれでもかって入っていて、
この料理で一番多い具じゃないの。
味付けは醤油あんかけ風だね。
見た目よりも味が濃くなくて、
時折トマトの酸味がサッパリとアクセント。

それにしてもすごいボリュームだな。
食べても食べても無くならないもん。
平日ランチで食べたら、
その後仕事にならないんじゃないの。



杏仁豆腐
dougenroushisenshochi1110_07.jpg

ネットリとした杏仁豆腐。
杏仁の風味が強いので、
大人向きかもしれません。
(子供はこの店に来ないよな)


お腹いっぱい、すっかり満腹。
とてもコスパのいいランチでした。
平日は行列もできるらしいのですが、
土曜はいたってのんびりとした雰囲気。
忙しくないせいか店員さんの接客も普通でした。
この店と同源楼の日替わりメニューを見て、
食べたい方に行くのもありだな(ニヤリ)
どうもごちそうさまでした。


「同源楼四川小吃」
東京都港区赤坂3-18-8 赤坂エムプレスビル1F
11:30~15:00
17:00~23:30(LO 23:00)
日祝休み
TEL 03-3583-3585
同源楼四川小吃 港区赤坂
2011年07月16日 (土) | 編集 |
なにげに四川料理の激戦区、赤坂。
以前お邪魔した「同源楼」に姉妹店が出来ました。
その名も「同源楼四川小吃(シャオチー)」です。



2011年6月オープン!
dougenroushisenshochi1107_01.jpg

なんと場所は「同源楼」と同じビルの一階。
以前別の担々麺屋が入っていたのですが・・・
栄枯盛衰の理じゃの~



長細い店内です
dougenroushisenshochi1107_02.jpg

愛想のいいお姉ちゃんが出迎えてくれました。
「早いねー」だって(笑)
お店は奥に細長い造りです。
テーブルは二人掛け用をくっつけて四人掛けにしてるのね。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
dougenroushisenshochi1107_03.jpg

定食、麺類、ご飯類と幅広いラインナップ。
これから暑い日が続くことだし、
ガツンと気合を入れるために「担々麺」を注文!
押忍!



漬物と前菜
dougenroushisenshochi1107_04_20110709163212.jpg

速攻で出てきましたよ、
大根の漬物とあっさり白菜。
お茶をいただきながら速攻で瞬殺(笑)



担々麺 800円
dougenroushisenshochi1107_05.jpg

dougenroushisenshochi1107_06.jpg

出てきた瞬間、オオッと驚くビジュアル(ちょっと大げさ?)
逆円錐形の丼に入った担々麺の登場です。
丼上にはこれでもかとナッツ・挽肉・ゴマが掛かっています。
香菜(パクチー)の香りもプーン。
さっそく麺と混ぜ混ぜしたところ・・・



太平麺だ!
dougenroushisenshochi1107_07.jpg

まるできしめん、フェットチーネ。
もっちりとした太平麺の登場です。
意表を突かれちゃったよ。

スープは花椒と辣油の痺れるような辛さ。
でも決して辛すぎず麺によく絡みます。
汁なし担々麺と汁ありのちょうど中間的な感じ。
じんわりと額に汗が浮かびます。

食べ進めていくと、
丼の底に沈んだ挽肉とナッツがごろごろ現れます。
これは中華風ボロネーゼだわ。



デザート
dougenroushisenshochi1107_08.jpg

デザートは杏仁豆腐。
ねっとりしていて濃厚です。
これで口と胃をクールダウン。


個性的な担々麺でした。
それでいて食べやすいのは流石といったところ。
(辛いのが苦手な人にはツライかもね)
隣の人の麻婆豆腐も美味しそう。

接客はやや大雑把かなと思いますが(失礼)、
なぜか出口で見送ってくれましたよ。
どうもごちそうさまでした。


「同源楼四川小吃」
東京都港区赤坂3-18-8 赤坂エムプレスビル1F
11:30~15:00
17:00~23:30(LO 23:00)
日祝休み
TEL 03-3583-3585


平日ランチは混み混みみたいですが、
土曜はそんなに混んでいませんでしたよ。