たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリバラジ 目黒区中目黒
2010年07月31日 (土) | 編集 |
東横線の中目黒駅から徒歩10分。
南インド料理屋の「シリバラジ」さんに、
ディナーでお邪魔しました。
(だって土日はランチセットが無いみたいだし・・・)



店頭の自転車がちょっと微妙かも?
sribaraji1007_01.jpg

大通り沿いの妖しいピンクのお店。
普段だったらまず入らないよね(笑)
でもこの日はデートなのでラブラブでOK!
(すみません、ウソつきました~)



店内もピンク色
sribaraji1007_02.jpg

ちょいと小奇麗な感じの店内。
っていうか、内装もピンク色です!!!
でもソワソワするのは最初だけで、
すぐに気にならなくなりました。
人間の順応力ってスゴイね(笑)

さて、さっそくメニューを拝見すると、
最初のページに載っていたのは様々な種類のドーサ。
カレーは基本をきちんと押さえてある感じで、
チキンと野菜が充実していました。
またビリヤニ等のライスメニューも面白そう。
ただ値段はどれも少々高めかな。



パパド
sribaraji1007_03.jpg

サービスでいただいたインドせんべい。
おつまみでパリパリっとな。
生ビールはアサヒの熟撰でグビグビ、プハ~



ゴビ65 700円
sribaraji1007_04.jpg

揚げカリフラワーのマリネです(インド風)。
一見真っ赤で辛そうに見えますが、
カリフラワーはほっこりとしていて、
カリっと軽い食感のフリッターはほのかな酸味。
ビールがビールがススムくん♪
ゴビ65の「65」って、
Gメン75みたいなものかしらん?



プレーンドーサ 1,200円
sribaraji1007_05.jpg

魔法使いの帽子の登場!
(正体は米粉のクレープです)
パリっとしながらネチモチっとした生地。
手でちぎりながら食べるのは楽しいよね。
付け合せはサンバル(豆スープ)、ミントチャトニ、
ココナツチャトニ、トマトチャトニ。



マトンパラク(羊とほうれん草のカレー) 1,500円
sribaraji1007_06.jpg

sribaraji1007_07.jpg

最初にほうれん草のソースから感じたのは、
軽いにんにくの風味。
ほうれん草が青臭いなんてことは全くなくて、
クリーミーでまろやかなカレーです。
マトンがとても柔らかいね。
スパイスは全面に出さず、
上品に利かせている感じ。

この辺りでワインをボトルで注文!
インド産かと思いきや、
フランス産のピノ・ノワール。
さっそくグビグビ、酔っぱらい誕生(笑)
飲んだ勢いでカレーを追加注文!



バガレベイガン(揚げナスのカレー) 1,400円
sribaraji1007_08.jpg

sribaraji1007_09.jpg

店員さんにお薦めのカレーを尋ねたところ、
出てきたのがこの揚げナスのカレー。
トロリと溶けるナスがおいしい!
ソースはトマト風味で意外と辛さもあって、
手のスプーンが止まりません(笑)
コクがあるのに重くないです。



バスマティライス 500円
sribaraji1007_12.jpg

やはり南インド料理にはライスでしょう。
バスマティライス独特の香りがしっかり漂い、
パラリと炊きあがっています。
量もたっぷりあったな~(写真は一人前です)
久し振りにおいしいインド米を食べました。



チャイ 500円
sribaraji1007_10.jpg

高いところから注ぎ入れるパフォーマンス付き。
さっそく飲もうとしたら、
ステンレスのカップが熱い熱い!!!

店員さん曰く、
受け皿の容器からカップに少しずつ注いで、
冷ましながら飲むんだって。(へーへーへー)
泡だったチャイはコクがあってスパイシー。



マンゴークルフィー
sribaraji1007_11.jpg

HPのクーポンでサービスしてもらった、
マンゴークルフィー(アイス)です。
サービスの割にはえらいボリュームがあるね(笑)
インドデザートの割には甘さ控えめで、
シャクシャクいただきました。
パパイヤのドライフルーツもいいアクセント。


お腹パンパンで大満足。
どの料理も上品な味わいかつボリュームがありました。
カレーの油を控えてあったおかげか、
食後も胃がもたれることもありませんでした。
店員さんの接客も付かず離れずいい距離感。
行って損のない店だと思います(ちょっと高いけど)
どうもごちそうさまでした。


「シリバラジ」
東京都目黒区中目黒2-7-14
11:00~15:00
17:00~23:00
年中無休
TEL 03-5724-8995
http://sri-balaji.com/nakameguro_top.html
スポンサーサイト
同源楼 港区赤坂
2010年07月28日 (水) | 編集 |
「赤坂っていうと料亭」みたいなイメージがあるのですが、
普通の商店街(?)にある「同源楼」さん。
本格四川料理のお店です。



二階にあります
dogenro201006_01.jpg

一階は別の坦々麺の店、ちょっと紛らわしい(笑)
少々狭いエレベータから出たら、
そこはもう店内です。
心の準備が出来ませぬ~



シンプルな店内
dogenro201006_02.jpg

テーブル席中心の簡素な店内。
ほら中華っていうと派手なイメージがあるじゃない。
でもお一人様はこれぐらいが落ち着くね。



メニューです(クリックすると拡大します)
dogenro201006_03.jpg

ここって赤坂だよね?
ランチは結構お値打価格。
この日の肉料理は「牛肉のオイスターソース炒め」、
魚料理は「白身魚の辛味あんかけ」。
でも私は手堅く「麻婆豆腐定食」で行きました!(なんで?)



前菜
dogenro201006_04.jpg

角切りの堅い豆腐(?)とセロリの前菜。
ちょっと変わっているよね。
ピリ辛さっぱり味でした。



スープとご飯
dogenro201006_05.jpg

千切り大根の入ったスープ。
海苔のような香りがふわー。
ご飯とスープはお代わり出来ますよ。



麻婆豆腐
dogenro201006_07.jpg

意表を突いて角皿で登場!
結構ボリュームありますよ、これ。
まずは花椒の香りが鼻をくすぐります。
辛さに弱い人はそれだけでノックアウトされそう。


さらにアップ!
dogenro201006_06.jpg

パンチの効いた花椒の辛さ。
痺れるような辛さがたまらない!
でもコクと旨みもしっかりあって、
けっして辛さだけじゃないのがすごい。
なめらかな豆腐もおいしいね。
いかん、舌が痺れてきたよ(笑)



デザート
dogenro201006_08.jpg

食後には杏仁豆腐。
量は少ないのですが、
優しい甘さに癒されます。


とても刺激的な麻婆豆腐でした。
たまにこういう料理を食べると、
身体にシャキッと気合が入るね。

私がお邪魔したのは土曜日でしたが、
八割ぐらいの客入りでのんびり食事を楽しめました。
他の料理もおいしそうだったので、
辛いのが苦手な方でも楽しめると思います。
どうもごちそうさまでした。


「同源楼(どうげんろう)」
東京都港区赤坂3-18-8 赤坂エムプレスビル2F
11:30~14:30
17:00~23:30
日曜休み
TEL 03-3589-0533
関連記事
サンサール小岩店 江戸川区南小岩
2010年07月24日 (土) | 編集 |
インド・ネパール料理のいただける「サンサール」さん。
今回は本店(小岩)の方にお邪魔しました。
屋根のあるフラワーロード商店街にあるので、
雨の降っている日も安心だね(笑)



はっきり言って地味?
sansar1007_01.jpg

すっかり商店街に溶け込んでいます。
有名店の割にはやや地味な印象。
でも店頭の看板と象の置物が、
カレー屋さんであることを一生懸命アピール。



広々とした店内
sansar1007_02.jpg

店内は思いの外、広々としています。
カウンターに並べられたスパイスが格好いいね。
店員さんも着かず離れずいい感じ。



ランチメニューです(クリックすると拡大します)
sansar1007_03.jpg

カレーとナンのランチもいいけど、
ネパール料理といえば「ダルバート」!
平たく言うとネパールの定食です
なんでも基本は大切です(ほんと?)



ネパールランチ 945円
sansar1007_04.jpg

ターリー皿に盛られて登場!
思ったよりもライスが大盛りです。
まあ、ぜんぜん余裕だけどね(笑)



ダール(豆のスープ)
sansar1007_06.jpg

味噌汁代わりの豆スープ。
やさしい豆の味わいで、
トマトも入っていてさっぱり。



タルカリ(おかず)
sansar1007_05.jpg

この日のおかずは、
チキンとジャガイモのスパイス炒め。
ネギとオクラも入っています。
中華とカレーの間みたいな味わいで、
白いご飯に合う合う。(少しオイリー)



アツァール(おつけもの)
sansar1007_07.jpg

大根とニンジンの漬物。
スパイスを利かせながら少し土臭く、
後からピリリと来る辛さ。


これらをおかずにご飯がすすむ、ススムくん。
でもやっぱりご飯が多いや~
ダールを少しかけて食べると、
味噌汁をご飯にかけているようなドキドキ感(笑)



食後のドリンク
sansar1007_08.jpg

暑い日でも食後にはホットチャイ。
きちんと煮出してあっておいしかったです。


派手さはないけれど、
やさしい味わいのネパール料理でした。
店員さんもきちんと接客してくれるし、
ご飯を食べたぞ~というこの満足感。
ぜひ別のネパール料理も食べてみたいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「サンサール 小岩店」
東京都江戸川区南小岩5-18-16
11:00~14:30
17:00~23:00
年中無休
TEL 03-5668-3637
梅香(めいしゃん) 新宿区横寺町
2010年07月17日 (土) | 編集 |
牛込神楽坂駅近くにある「梅香」さん。
(飯田橋からだと徒歩15分くらい)

姉妹で経営されている四川料理屋です。
お姉さんが調理を、
妹さんが接客を担当しています。



可愛らしい外観
meisan1007_01.jpg

シンプルで可愛らしい外観。
細長い店内はまるで鰻の寝床のよう。
ガラス窓のついた厨房を横目に奥に案内されると、
四人掛けテーブル3卓、二人掛けテーブル3卓。
すっきりとした清楚な雰囲気で、
中華というよりカフェのほうが似合いそう。



ランチメニュー
meisan1007_02.jpg

ランチは一律千円です。
時折一部メニューは変わるみたい。
この日は定番「麻婆豆腐」をお願いしました。
注文が入ってから調理するようで、
のんびりと待ちます。



麻婆豆腐定食
meisan1007_03.jpg

スープとザーサイ付きで登場。
きれいに盛り付けられているのが好印象。
そう、料理も見た目が大事です(笑)



麻婆豆腐アップ!
meisan1007_04.jpg

適度なとろみの麻婆豆腐は、
食べやすくてするりと喉を通り、
後から辛味がじんわりときます。
とてもバランスの取れた味わい。



デザートの杏仁豆腐
meisan1007_05.jpg

辛い料理を食べた後の甘味は癒されるね。
温かい中国茶を飲みながらいただきました。


四川料理というと攻撃的な辛さが思い浮かびますが、
女性らしい優しさが感じられる料理でした。
妹さんの接客もテキパキして気持ちいいしね。
(忘れ物を走って届けてくれました。すみません)
いつかディナーでアラカルト料理をいただきたいな。
どうもごちそうさまでした。


「梅香(めいしゃん)」
東京都新宿区横寺町37-39 中嶋第一ビル1F
11:30~14:00LO
17:30~21:30LO(土日祝は21:00LO)
月曜休み
TEL 03-3260-2658
想いの木 新宿区神楽坂
2010年07月14日 (水) | 編集 |
神楽坂にある「想いの木」さんへ。
神楽坂ってインドカレーのイメージじゃないけど(笑)



控えめな(?)入り口
omoinoki1005_01.jpg

通り沿いのひっそりとした入り口。
立て看板がなければカレー屋とは気付かないでしょうね。
てくてく階段を上った二階にあります。



隠れ家的な店内
omoinoki1005_02.jpg

店内はとても落ち着いた雰囲気。
調理はインド(?)の方達みたいですが、
接客は物腰低い日本人オーナー。
その丁寧な接客ぶりは、
ここはフレンチ?イタリアン?と錯覚しそう(笑)



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
omoinoki1005_03.jpg

ランチのセットは4種類+α。
カレーは5種類から選ぶことが出来ます。
この日はがっつりとタンドール付きをオーダー。



ミニサラダ
omoinoki1005_04.jpg

甘酸っぱいドレッシングのかかったミニサラダ。
もっと食べたいぞ~



日替わりカレー
omoinoki1005_06.jpg

この日選んだのは日替わりの「チキンジャイプールカリー」
お約束でコリアンダー(パクチー)がパラパラ(笑)

トマト風味のソースはコクがあり、
スパイスもしっかり利かせてあります。
でも出しゃばらずまとまっている感じ。

後でカレーの説明書きを見返したら、
オニオンベースって書かれてた・・・



サフランライス
omoinoki1005_05.jpg

お米は日本米ですが、
固めにパラリと炊かれています。
オーナーの実家のお米だって。



タンドリーチキン(+200円)
omoinoki1005_07.jpg

ドカンとこぶし大のタンドリーチキン。
よく考えたらカレーとかぶっちゃったね。
きっちり火を通した正統インド風で、
これが200円だったらお値打ち感があるな。
でも骨がケン◯ッキーフライドチキン状態(笑)


丁寧に調理された料理に居心地のいい店内。
人気の出る理由もよく分かります。
他にも興味を惹かれるカレーがあったので、
これからもちょくちょく伺ってみます。
どうもごちそうさまでした。



「想いの木」
東京都新宿区神楽坂5-22 KS神楽坂2F
11:30~15:30(LO 15:00)
18:00~22:30(LO 22:00)
月曜休み
TEL 03-3235-4277
http://omoinoki.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。