たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うずまき 港区赤坂
2010年09月29日 (水) | 編集 |
赤坂サカスもなんのその、
駅を出て反対方向にてくてく歩くと・・・



うずまき発見!
uzumaki1008_01.jpg

最初は何の看板か分かりませんでした(笑)
中華料理屋の「うずまき」さんです。
っていうか、ランチの赤い看板が出ていなかったら、
通り過ぎること間違いなし!
実は別の店に行くつもりだったけど、
渦巻に目を回されて思わずふらふら(うそです)



地下一階に入り口があります
uzumaki1008_02.jpg

雑居ビルのい階段を下に降りると、
ぼんやり明かりが点いています。
歌舞伎町だったらこの時点でUターンだね(笑)



洒落た店内
uzumaki1008_03.jpg

わおっ、お店の中はいたってキレイ。
木目を基調にした温かな雰囲気。
ご主人とシェフに出迎えられました。
この時点でおしゃれな店に男三人・・・



ランチメニューです(クリックすると拡大します)
uzumaki1008_04.jpg

お昼のランチは4種類。
でも最初から坦々麺を注文するつもりだったんです。
あとシューマイも勢いで付けてもらいました。
(シューマイ付きだと全メニュー1,200円です)

カウンター席だったので、
丁寧に調理を始めるシェフを
冷たい中国茶を飲みながら眺めてました。



坦々麺ランチ(シューマイ付き) 1,200円
uzumaki1008_05.jpg

きれいに配膳された坦々麺。
添えてあるのは大根の漬物と黒酢の山芋(?)
ただ一言だけ言わせてもらおう、
ご飯の盛りが上品すぎです!(お代わりできるみたいだけどさ)



坦々麺アップ!
uzumaki1008_06.jpg

よく混ぜ混ぜしましょうか。
胡麻の香りのとても豊かなスープ!
でもさらりとしていてけっして重すぎません。
ストレートの細麺に絡んでいい感じ。
はやりの四川風と比べると辛さは控えめですが、
ピリリとした山椒の辛さを舌に感じます。
とてもバランスのいい坦々麺だな。



シューマイ
uzumaki1008_07.jpg

こちらのシューマイは、
とても肉々しい感じ。(憎たらしいじゃないよ)
中にレンコン(?)も入ってシャッキリ。
坦々麺に比べるとワイルドなシューマイでした。



杏仁豆腐
uzumaki1008_08.jpg

坦々麺のスープの最後の一滴まで飲んで、
さて帰ろうかと思ったらデザートが出てきました(ラッキー!)
トロっとした杏仁豆腐の上に、
涼し気なジュレと洋なし(?)のコンポート。
シナモンと杏仁の風味がベストマッチ。


とても丁寧な中華でした。
お店も清潔でカウンター席もあるのはうれしい限り。
女性受けするんじゃないかな。
夜も一人で食事できそうなんで、
今度お邪魔してみますね。
どうもごちそうさまでした。


「中華うずまき」
東京都港区赤坂 5-5-11 赤坂通り50番ビルB1F
11:30~14:00
18:00~22:30
日曜休み
TEL 03-3584-2116
http://uzumaki-akasaka.com/index.html


それにしてもなんでウズマキなんでしょうね?
スポンサーサイト
ガラムマサラ 世田谷区経堂
2010年09月25日 (土) | 編集 |
小田急経堂駅から徒歩5分。
yu-r◯君(伏字になってない?)に勧められた、
インド料理屋「ガラムマサラ」さんに行ってきました。
ガラムマサラってミックススパイスのことだよね?



少し派手な外観です(笑)
garammasala1008_01.jpg

なんていうか、
場末のスナックみたいな外観です(笑)
店頭の貼り紙もキッチュな感じ。
店にカラオケがあったら一曲歌いましょうって感じ。




落ち着いた雰囲気
garammasala1008_02.jpg

中は普通にインド料理屋さんでした(チッ)
店内にはスパイスの香りが漂い、
まるでインド雑貨屋みたいな雰囲気。

「今日も暑いですね~」
店員さんに自然に話しかけられてビックリ!
日本語がとても上手ですね。



ランチメニューです(クリックすると拡大します)
garammasala1008_03.jpg

本日の日替わりカレーは、
チキンカレー(カルダモン風味)と野菜カレー。
脳みそをフル回転した結果、
野菜カレーをMASALAセットでお願いしました。
タンドリーチキンは少し時間がかかるそうです。



ナン・ライス・サラダ
garammasala1008_04.jpg

ナンは半円型ですね。
サクっと軽い食感でクリスピーな感じ。
サフランライスはジャスミン米かな?
パラリとして香り豊かです。
グリーンサラダにはさっぱりとした酸味のドレッシング。
オクラが添えてあってちょっとうれしい。



野菜カレー
garammasala1008_05.jpg

野菜がとても盛りだくさん。
じゃがいも・なす・おくら・カリフラワーといった定番の他に、
さつまいも・大根・エノキダケといった野菜まで!
ホクッとしたさつまいもが面白かったです。

ソースはクリームやバターを使っていないので、
さらっとしていてスパイシー。
スープカレーのインドカレー版と言いましょうか。
すっと身体に染み込む感じ。


店員さん「チキンは大丈夫ですか?」
私「???」
店員さん「少しですがサービスします」
私「ありがとうございます!」
日頃の人徳のおかげか(ないない)思わぬ展開へ。



チキンカレー(サービスです)
garammasala1008_06.jpg

おいおい、たっぷりあるよ!
カルダモン風味というだけあって、
口の中で弾ける爽やかな風味。
野菜カレーよりもスパイスが立ってる感じで、
様々な香りが口中に広がります。
後をひかない辛さが心地よかった!



チャイ
garammasala1008_08.jpg

食後にはホットチャイ。
こちらもキチンとスパイスが利いていて、
ミルクティーじゃないんだよって自己主張。
砂糖はキビ糖?



マンゴアイス 210円
garammasala1008_07.jpg

デザートは別腹なのでアイスを追加。
マンゴー風味のアイスの上に、
濃厚なマンゴーソースがかかっています。
辛いものを食べた後の甘味は甘美です(なんのこっちゃ)


さらっとしたカレーがスパイシーで、
身体にいいものを食べた満足感でいっぱい。
気持ちいい汗を書きました。

店員さんもめっちゃ親切で、
思わずこちらが恐縮してしまうほど。
とても居心地のよい店でした。
夜もメニューも面白そうなので、
ぜひまた来たいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「ガラムマサラ」
東京都世田谷区経堂3-37-20
11:30~14:00
17:30~22:00
木曜休み
TEL 03-3427-1985
http://www.kyodo-garammasala.com/(オープニングの音が出ます)
ラ・ヴィ・エクスキーズ 世田谷区船橋
2010年09月22日 (水) | 編集 |
経堂駅からすずらん通りをテクテク歩いて15分。
あまりの残暑の厳しさにヒーヒー言いながら、
「ラ・ヴィ・エクスキーズ」さんに辿りつきました。



信号前にあります
lavieexquise1008_01.jpg

この辺りでは貴重な本格パン屋さん。
ほら、落ち着いた店の外観が渋いでしょう?
だって気づかずに通り過ぎちゃったもん(笑)



シンプルな店内
lavieexquise1008_02.jpg

余分な物が一切ないすっきりとした店内。
シャンソンが静かに流れ、
調理場からシェフと店員さんが挨拶してくれました。

パンのディスプレーもきれいで、
おら、わくわくしてきたぞ!(悟空風)
でも伺ったのが早かったのかハード系は少なめ。
「ああ、バゲットがない!」って半泣きになったら、
壁に置いてありました(ホッ)



バゲット 260円
lavieexquise1008_03.jpg

lavieexquise1008_04.jpg

やや扁平型のバゲットです。
焼き色も強めで見た目からいい感じ。

カリッと香ばしく、
歯切れのいいクラスト。
クラムはモチッとしていて、
ほんのりとした酸味。
結構味が濃くて、
しっかり粉の風味があります。
こういうバゲットって大好き!



パン・オ・ノア 150円
lavieexquise1008_05.jpg

lavieexquise1008_06.jpg

軽い気持ちで選んだくるみパン。
見た目よりクラストは柔らかめで、
トングで掴んだ瞬間は微妙かなと思いましたが・・・

一噛みして驚いた!
なんだ、なんだ、なんだ、
このクラムのモチモチさ加減は!!!



超アップ!
lavieexquise1008_07.jpg

全粒粉の混じったクラムは、
半透明でまるでお餅みたい。
くるみの風味も香ばしく、
こりゃ旨いはずだわ。



トマトと玉ねぎのタルト 240円
lavieexquise1008_10.jpg

lavieexquise1008_11.jpg

アパレイユの濃厚なバターの香りと、
玉ねぎの甘み、プチトマトの酸味、ローズマリーの香り。
土台がクロワッサン生地で軽くサクサク。
プチサイズだと思ったけれど、
しっかり食べ応えがありました。



メープルキャラルナッツ 260円
lavieexquise1008_12.jpg

lavieexquise1008_13.jpg

大きめにカットされたデニッシュ。
しっかりと焼きこんであり、
ほろ苦さと甘さのバランスがいいね。
内層にはアーモンドクリーム(かな?)が挟まれていて、
しっとりしています。
コーヒーによく合うね。



パン・オ・フィグ(たぶん) 130円
lavieexquise1008_08.jpg

lavieexquise1008_09.jpg

ちょうど焼き上がりが見えたのでつい追加。
紙袋からパンとイチジクの甘い香りが漂って、
思わず感じる小さな幸せ。
くるみパンと同じくモチモチのクラムでした。


しっかり焼きこむのが得意なのかな?
どのパンも粉の風味がしっかりしていました。
店員さんの接客も丁寧で好印象。
バゲットを包装紙でクルクル巻いたりね。
他にも食べたいパンがあったので、
ぜひまた来たいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「ラ・ヴィ・エクスキーズ(La vie Exquise)」
東京都世田谷区船橋5-32-7
9:00~20:00
火曜、第1・第3水曜休み
TEL 03-3304-2771
関連記事
エー・ラージ(A・Raj) 豊島区南池袋
2010年09月18日 (土) | 編集 |
池袋にあるインド料理屋の「A・RAJ」さん。
地下鉄の東池袋駅からの方がかなり近いのね。
隣のラーメン屋は相変わらず混んでいるな~



首都高下にあります
araj1008_01.jpg

パッと見ると街のボロいインド料理屋さん(失礼!)
しかしてその正体は、
本格南インド料理のお店なのであります!
特にランチのミールスはお値打ちです。



典型的なインド料理屋風(笑)
araj1008_02.jpg

店内はよくあるインド料理屋風。
テーブル席がギュウギュウに詰め込んであります(笑)
ただ以前お邪魔したときは無愛想なインド人のオヤジだったのに、
この日は日印の女性店員さんが丁寧に接客してくれました。
どうしてしまったんだ?



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
araj1008_03.jpg

ナン付きのメニューには目もくれず、
注文するのは南インド料理です。
ここでミールス(もしくはドーサ)を頼まなきゃ、
蕎麦屋で蕎麦を頼まないみたいなもん!
(うどんもおいしいけどね)

それにしても次から次にお客さんが来るのね。
カップルから家族連れまで入ってきて、
昼前にはほぼ満席、こりゃ驚いた!



ベジタリアンミールス 1,000円
araj1008_04.jpg

20分ちょっと待って登場。
うわー、めっちゃ華やかだわ~
真ん中のナンとライスとバナナを
色とりどりのカレーが取り囲みます。
では左上のカレーからご紹介。



卵のカレー
araj1008_05.jpg

トマトベースのクリームカレーには、
ゆで卵が半分入っています。
フェンネルの香りが効いてるな。



豆とナスのカレー
araj1008_06.jpg

ココナツミルクベースのカレーです。
思いの外さっぱりしています。



ナスのカレー
araj1008_07.jpg

こちらはナスのカレー。
今回のミールスのカレーの中では、
一番カレーぽいかな(どういう例えだ!)



ゴーヤのカレー
araj1008_08.jpg

さっぱりとしたゴーヤのカレーです。
独特の苦味が大人の味ですね。
ゴーヤって沖縄だけじゃないんだね。

ここまでのカレーの具をみてお分かりのように、
すべて季節の野菜です。
いいねー夏だね。



タギー(ヨーグルト)
araj1008_09.jpg

ラッシーでお馴染みのヨーグルト。
ご飯にかけてどうぞと言われたけど、
ちょっと抵抗があるんだよな。
そんな私は日本人(?)



ラッサム
araj1008_10.jpg

定番のトマトスープです。
トマトの味が濃い目で、
ブラックペッパーが利いていました。



サンバル
araj1008_11.jpg

こちらも定番の豆のスープ。
ドロッとしていてまろやか。
具に玉ねぎとじゃがいもが入っていました。

これらのカレーをご飯にかけたり、
ナンにつけたり、そのまま飲んだり。
楽しませてもらいました。



デザート
araj1008_12.jpg

食べ終わったらミニアイスがでました。
これでとうとうお祭りもおしまい。
名残惜しいな~


ボリュームいっぱいのミールスでした。
ダルマサーガラ」さんのがレストランとすると、
こちらは庶民のミールスです(イメージですが)
また店員さんも良かった!(女の子だからじゃないよ、たぶん)
きちんとした接客て気持ちいいじゃないですか。
ぜひまた行きたいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「エー・ラージ(A・Raj)」
東京都豊島区南池袋2-42-7
11:30~LO14:30
18:00~LO22:30
火曜休み
TEL 03-3981-9688
http://www.a-raj.com/


インド人店員さんに「いつもありがとうございます!」て
2度言われました。ホワイ???
まさか生き別れの双子の弟が!(ないない!)
愛川 新宿区高田馬場
2010年09月15日 (水) | 編集 |
高田馬場駅からちょいと小径に入ったところにある、
鰻の「愛川」さんに出掛けました。
高田馬場って大学受験以来ですわ~



aikawa1008_01.jpg

なんとも場末チックな外観(失礼!)
でも入り口の磨ガラスから店内を覗くと、
開店直後なのに既にお客さんの姿が!
慌ててお店に入る私。
(抜かったわ!)



家庭的な雰囲気
aikawa1008_02.jpg

四人掛がテーブル2卓、小上がりにも2卓。
ご主人と女将さんの二人で切り盛りしていて、
なんとも家庭的な雰囲気です。
でも次から次にお客さんが入ってきて相席上等(笑)
昼前にはすべての席が埋まってビックリ!



メニューです(クリックすると拡大します)
aikawa1008_03.jpg

基本的にメニューは鰻のみ。
値段差は量とのことだったので、
竹をお願いしました。
(初めての店では慎重にしなくちゃね)
麦茶を飲みながらじっと鰻を待つことにします。



鰻重(竹) 2,100円
aikawa1008_04.jpg

「遅くなってすみません」
40分ちょっと待って登場!
蓋をとるとそこには一面の鰻。
ほうれん草のごま和えが添えてあるのもうれしいね。



鰻アップ!
aikawa1008_05.jpg

香ばしい焼き上がりの鰻。
関東風の鰻は蒸しが入るので、
柔らかいのが普通と思っていましたが、
表面はカリッ、中身はふわり。
なんだか名古屋の鰻を思い出します。
もう少し熱々の方がうれしかったけど、
お重じゃしょうがないのかな。

たれは甘辛さがいい塩梅で、
さらっと上品な感じ。
たまに漬物と肝吸いで口をリフレッシュしながら、
無言でガツガツいただきます。

10分ちょっとで完食!
ああ、楽しい時間はすぐに終わってしまうのね~


丁寧に焼かれた鰻でした。
また女将さん(おばちゃん)の接客も心に残りました。
エアコンの風が当たるから隣に移ったらとか、
会計しようとしたら麦茶のお代わりを勧められたり、
どうもこういうのに弱いな(笑)
どうもごちそうさまでした。


「愛川」
東京都新宿区高田馬場1-17-22
11:30~13:30
17:00~19:30(LO 18:30)
基本月・水休み
TEL 03-3200-3717
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。