たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネパリコ(NEPALICO) 渋谷区桜丘町
2011年01月29日 (土) | 編集 |
渋谷駅西口から徒歩10分弱。
玉川通りからちょっと入ったところに、
ネパール料理の「ネパリコ」さんはありました。
なんだか可愛らしい店名ですね。



ちょっと裏手にあります
nepalico1101_01.jpg

赤色のテント屋根とふくろう人形(?)が印象的。
店前に掲げられた旗はネパール国旗です。
インド料理とはちゃいまっせという意気込みが感じられます。



センスのいい店内
nepalico1101_02.jpg

わおっ、オシャレだ!
少し明るさを落とした照明、
さりげなく並べられた小物達。
テーブル席中心ですが、
壁に向かったカウンター席もあります。
物腰柔らかいネパール人店員さんが出迎えてくれました。



ランチメニュー(クリックすると結構大きくなります)
nepalico1101_03.jpg

ランチメニューを見て思わず感心。
一般にカレーにはナンが付きものと思われています。
でもネパール家庭料理にこだわるこのお店では、
敢えて置いていないんです。
その意気込みを買って、
ダルバート(スープとご飯の定食)を注文しました。
ネパールの代表的な料理です。



ミニサラダ
nepalico1101_04.jpg

新鮮なグリーンサラダに感心(こればっかり)
いや普通なんですけどセンスを感じます。
フライドオニオンがトッピング。



ダルバート ノンベジ 980円
nepalico1101_05.jpg

銀色のお盆に乗って登場!
ちなみにご飯は大盛りです。
店員さんに勧められたのでつい・・・
てやんでー、メタボが怖くてランチが出来るか!



ダルスープ(豆スープ)アップ!
nepalico1101_06.jpg

うっすら塩味のダルスープ。
豆のでんぷんのおかげか、
お汁粉のようにドロッとしています。
本当にマイルドでおかゆみたいな味わいです。
お代わり自由で店員さんが継ぎ足してくれました(感謝)



タルカリ(おかず)
nepalico1101_07.jpg

じゃがいも・ブロッコリー・ナスのスパイス炒めです。
じゃがいもとブロッコリーはシャクッ、ナスはトローリ。
カレー風味でこれまたマイルド。



チキンカレー
nepalico1101_08.jpg

トマト風味のチキンカレー。
サラッとしています。
スパイスが調和していて、
でしゃばりません。
煮込まれたチキンがごろごろ。


これらをご飯にかけて食べていたところ、
店員さんに「辛さは大丈夫ですか?」と声を掛けられました。
(全然辛くないけど???)と思ったところ、
続けて「ネパール料理はマイルドです」とも。
辛いのを心配したんじゃなくて、
逆に辛くないのを心配してくれたみたい。
その心配りがうれしいです。



チリソース
nepalico1101_09.jpg

辛さが足りない人はこのソースで調整。
スプーンにとって舐めてみたところ、
まろやかな辛さのチリソースでした。



ホットチャイ(ミニサイズ)
nepalico1101_10.jpg

食後はホットチャイでほっとする。
きちんとスパイスの入ったチャイでした。


ネパール料理を提供したい想いが伝わってくる店でした。
お店の雰囲気がシャレていて、
料理・接客ともすごく真面目で丁寧。
思わず応援したくなるお店です。
今度はディナーでお邪魔します!
どうもごちそうさまでした。


「ネパリコ(NEPALICO)」
東京都渋谷区桜丘町30-18 メイサ南平台101
11:30~15:00(ランチ)
15:00~18:00(カフェ)
18:00~23:00(ディナー)
日祝休み
TEL 03-6416-1827
http://www.nepalico.com/
スポンサーサイト
パリの空の下 世田谷区上馬
2011年01月26日 (水) | 編集 |
パリの空の下セーヌは流れる♪
世田谷通り沿いにある「パリの空の下」さんに行ってきました。
オープンしてまだ一年の新しいパン屋さんです。
最寄り駅は東急世田谷線の若林駅かな。
三軒茶屋駅からだと徒歩10分くらい。



パリは黄色だった!
parinosoranoshita1012_01.jpg

黄色が印象的なお店です。
でも意外と街並みに溶け込んでいて、
車だとすっと通り過ぎちゃいそう。
店頭の自転車はたぶんシェフのものです。



地味な店内(失礼!)
parinosoranoshita1012_02.jpg

予想していたよりかなり地味な店内。
まるで場末のケーキ屋さんみたいです(かなり失礼!)
でもね、並べられたパンやタルトをよくみると、
どれもキラリと光ってます。
おぬし只者じゃないなっ。

奥ではシェフがパンを焼いていて、
女性店員さん(たぶんオーナー)が接客してくれました。
思っていたよりも普通な感じ(意味深?)



バゲット 310円
parinosoranoshita1012_03.jpg

parinosoranoshita1012_05.jpg

かなり焼き色の薄いバゲット。
触った感じも柔らかくて、
正直生焼けちゃうかと不安になります。

ところがどっこい意外にも、
上面のクラストはカリッと香ばしく焼きあがっており、
粉の甘い味わいがしっかりあってビックリ!
対して側面は柔らかめでソフトな感じ。

クラムは蒸しパンのようにもちもちで、
量もかなりたっぷり目。
初めて食べるタイプのバゲットでした。



クロワッサン 220円
parinosoranoshita1012_06.jpg

parinosoranoshita1012_07.jpg

ずっしりと重みがあります。
表面はサクっと焼きあがっており、
中は層状のスポンジみたい。
バターがじんわり香る感じで、
これまた個性的なクロワッサンでした。



タルト・ペイザンヌ 330円
parinosoranoshita1012_08.jpg

parinosoranoshita1012_09.jpg

リンゴが半分豪快に載ったタルト。
しっとりとしてサクリと歯の入るリンゴ。
フレッシュで優しい甘酸っぱさ。
土台のタルト生地は薄めですが、
しっかりリンゴを受け止めてます。
思いの外素直な味わいのタルト。



セーグル・ノワ・レザン 280円
parinosoranoshita1012_10.jpg

parinosoranoshita1012_11.jpg

ライ麦のおかげでしょうか、
麦こがしのようなとても香ばしい匂い!
中にはカリカリとしたクルミとジューシーなレーズン。
酸味やぱさつきは全く無く、
軽快に食べ進めることが出来ました。



オリーブ 240円
parinosoranoshita1012_14.jpg

parinosoranoshita1012_13.jpg

白くてふわっと焼きあがっていて、
まるで蒸しパンを食べているかのよう。
オリーブの香りも素晴らしく、
ほのかな甘味の生地とのバランスが絶妙です。
とても口溶けのいいパンでした。



苺のタルト 480円
parinosoranoshita1012_15.jpg

いちごソースの甘い香りがたまりません!
鮮やかな緑のピスタチオの土台の上に、
フレッシュなイチゴがたっぷり。
素材を活かしたナチュラルな味わい。
重くないのでペロリと食べてしまいました。


良質の材料を素直に活かしながら、
シェフの個性をパンに表している店のように感じました。
特にバゲットやクロワッサンは個性的です。
もしかしたら好き嫌いが分かれるかもしれませんが、
こういう尖った店って面白いと思います。
どうもごちそうさまでした。


「ブランジェリー パリの空の下」
東京都世田谷区上馬5-40-13
11:00~19:00
日月火曜休み
関連記事
カレーのアキンボ 墨田区横川
2011年01月22日 (土) | 編集 |
ある日、錦糸町周辺をぶらぶら。
中華料理屋、タイ料理屋、韓国料理屋、etc・・・
なかなかディープな街ですね。
駅から10分ほど歩いたところ、
いけてるカレー屋に遭遇しました。



看板のイラストが素敵!
akimbo1101_01.jpg

イラストの女性が目を惹く「アキンボ」さん。
なんとも言えない雰囲気が漂っているお店です。
でも、こういう店の方が得意な自分。
迷わずズンズン!



すっきりお洒落な店内
akimbo1101_03.jpg

扉を開けてあれれビックリ!
店内に飾られたイラストがアートぽくて、
スッキリお洒落なカフェ風じゃないですか!
外観から想像したのと大違い。

そしてそれにもまして驚いたのは、
店主が思いのほか若かったこと。
パーカーを着た姿はまるで学生さんみたい(失礼)



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
akimbo1101_02.jpg

ランチのカレーは3種類。
ここはガツンとラムのキーマカレーを注文しました。
羊のキーマってありそうで珍しいからね。

オーダーが入ってから、
黙々と調理に取り掛かるご主人(若いけど)
その丁寧さちゅうか、一生懸命さに期待が膨らみます。



サラダ
akimbo1101_04.jpg

グリーンサラダ(プチサイズ)
さっぱりとした柑橘系のドレッシングがかかってます。
トッピングされた甘いチャツネがアクセント。



ラムのキーマカレー
akimbo1101_05.jpg

まずはライスを口に運ぶと、
黒米のプチプチとした食感が楽しいね。
スパイスが振りかけてあって、
ライスだけでもパクパクいけます。

いかん、いかん、キーマも食べねば。
おっ、一口目からラムの野趣あふれる香り。
スパイスが振りかけてありますが、
臭み消しではなく互いに高めあってる感じ。
好きな人にはたまらない、
思っていたより癖のあるキーマカレーです。
私は好きです。



プリン
akimbo1101_06.jpg

プリンかドリンクかが選べるので、
甘党の私はプリンで勝負(?)
これがねっとりとしてめっちゃ濃厚。
甘さは控えめでバニラが香ります。


丁寧に作られた創作系カレーでした。
直線的なスパイスの使い方が印象的。
お店の落ち着いた雰囲気も良かったです。
こりゃおじちゃん、ひょっこりしちゃうよ!
どうもごちそうさまでした。


「カレーのアキンボ」
東京都墨田区横川3-1-5 石野ビル1F
11:30~14:15(月曜はランチのみ)
18:00~21:30
火曜休み
TEL 03-6456-1664
http://akimbo-curry.com/
関連記事
ブルースカイタイランド 台東区上野
2011年01月19日 (水) | 編集 |
御徒町にある「ブルースカイタイランド」さん。
ランチは平日のみなので(土曜の昼はアラカルト)、
正月休みにお邪魔しました。
新年早々タイ料理っす!



カフェっぽい外観
blueskythailand201101_01.jpg

近くには「アーンドラキッチン」「ヴェジハーブサーガ」といった、
本格インドカレー屋もあって、
御徒町のアジア料理三角地帯と呼ばれています。
(私だけだけどね)



アジアンカフェ?
blueskythailand201101_02.jpg

白を貴重とした店内は、
タイ料理屋らしからぬ明るい雰囲気。
二人掛けのテーブル席が中心なので、
ランチは女性のお一人様でもOKだと思います。

接客は日本の店員さん(奥さん?)で、
シェフはタイの方みたい。
黒板には本日のランチメニューが書かれていました。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
blueskythailand201101_03.jpg

ランチにはタイ料理の定番がずらり。
そのまた定番のグリーンカレーを注文しました。
実はセンレック(細麺)かセンヤイ(太麺)を選べる
ライスヌードルにも心惹かれたけどね。



揚げ春巻き
blueskythailand201101_04.jpg

本日の一品は揚げ春巻き。
サクっと揚がった皮とトロリとしたあん。
スイートチリソースで召し上がれ。
熱々なのがうれしいね。



グリーンカレー
blueskythailand201101_05.jpg

「熱いので気をつけてくださいね」
これまた熱々のグリーンカレーの登場です。
ライスはもちろんジャスミンライスで、
炊きたての香りがめっちゃいいね。



グリーンカレーアップ!
blueskythailand201101_06.jpg

さらっとしたカレーソース。
薄味かと思いきや意外と濃い目の味付けです。
初めに甘みと塩気、その後から遅れて辛さがヒー。
具は鶏肉、削ぎ切りの竹の子、ナス少々。
こぶみかん、バジルの香りも感じられ、
ライスによく合うグリーンカレーでした。



ケーキと紅茶
blueskythailand201101_07.jpg

意表を突かれたのがこのデザート。
なんと可愛らしいバナナケーキと紅茶だよ。
ケーキはしっとりとしていて、
バナナの自然な甘み。
紅茶はアールグレイでした。
辛いカレーの後に癒されるわ。


居心地のいいお店でした。
付かず離れずの接客もいいし、
きれいなタイ料理がいただけます。

実は夜にも来たことがあるのですが、
ランチよりもさらに一手間加えた感じ。
(ベースは一緒でしょうけど)
次回は一人ディナー(号泣)を紹介しますね。
どうもごちそうさまでした。


「ブルースカイタイランド」
東京都台東区上野3-7-4 水谷ビル1F
11:30~14:30
17:00~23:00
日曜休み
TEL 03-6803-2709


帰りにシェフから、
「あけましておめでとうございます!」
と挨拶されたのにはビックリしました。
南印度ダイニング 中野区新井
2011年01月15日 (土) | 編集 |
中野駅から10分ほど北上して、
辿り着いたのは「南印度ダイニング」さん。
そうです、中野なのに南インドなのです(笑)



なんだか賑やかな外観
minamiinddining1012_01.jpg

いやー、中野って本当に飲食店が多いっす。
でも一目でインド料理店って分かりますよ。
インパクトって大事ですね。



賑やかな店内
minamiinddining1012_02.jpg

最近はオシャレな店も増えましたが、
こちらは昔ながらのインド料理店って雰囲気。
少しゴミゴミした感じがかえって落ち着くね。
テーブル5卓、カウンター3席。
店員は皆インドの方でした。



ランチメニュー
minamiinddining1012_03.jpg

minamiinddining1012_04.jpg

普通にナンとカレーのセットもあったけど、
やっぱり南インド料理でしょう?
(店名もそうだしね)
ここは一発ミニミールスで勝負!

カレーを待っている間に観察したところ、
お一人様2名、カップル一組。
私も含めミールス注文率は50%でした。
(以上ヒマ人の分析です)



ベジタリアンミニミールス 1,000円
minamiinddining1012_05.jpg

パラタを中心に取り囲むカレー達。
いやー、ミールスって見栄えがいいわ。
(やや地味系の色ばかりですが・・・)



ラッサム
minamiinddining1012_06.jpg

トマト味のスープです。
唐辛子の辛さ、タマリンドの酸味、
黒胡椒の刺激、にんにくとパクチの匂い。
かなり刺激的なラッサムでした。
冬なのにじんわり汗が~



サンバル
minamiinddining1012_07.jpg

豆のカレースープです。
どろっとしていて豆の味が濃いね。
ナスや大根といった野菜が入っていて、
インドの味噌汁と言われるのも分かります。
こちらも唐辛子の辛みが効いていました。



野菜カレー
minamiinddining1012_08.jpg

サンバルと見た目は変わらないな(笑)
こちらはとてもまろやかで、
甘みの利いたカレーです。
インゲン・人参・玉葱・じゃがいも・グリーンピース。
野菜がたっぷりでうれしいね。
レンコンといった変化球も。



パコラとワダ
minamiinddining1012_09.jpg

インド的な揚げ物が二品も(うれしい!)
左上はインド風天ぷらの「パコラ」
カリッとクリスピーな玉ねぎのかき揚げ。

右下はインド風コロッケの「ワダ」
小麦粉ではなくて豆粉のドーナッツで、
甘くなくほっこリとしています。
どちらも油臭くなくスナック感覚でいただけました。



パラタ
minamiinddining1012_10.jpg

パイのように層状になったインドパン。
ナンよりもぺたっとしていて、
チャパティよりもリッチな味わいです。
実は2枚重ねられていて、
結構ボリュームがありました。

あとライスは日本米であまり印象に無し。
(なくても良かったかも?)
ヨーグルトは液状でパクチー風味!
チャツネはキムチのような味わいでした。

これらを混ぜたり、漬けたり、掛けたり、大忙し!
なんやかんやと楽しくいただきました。



ホットチャイ
minamiinddining1012_11.jpg

食後にはチャイをエアブレンドしてくれました。
このパフォーマンスって楽しいわ。
肝心の味もカルダモンとしょうがの風味がしっかり。


コスパのよいランチでお腹いっぱい。
パコラ・ワダ・パラタという伏兵(?)もいて、
刺激的なカレーともども楽しめました。
いい意味で野趣に溢れている感じのミールスでした。
ぜひ夜も訪問したいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「南印度ダイニング」
東京都中野区新井1-23-23
11:30~15:00
17:30~23:00
第一,ニ月曜休み(祝日の場合は翌火曜休み)
TEL 03-3388-0373
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。