たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
鰻禅 墨田区吾妻橋
2011年02月26日 (土) | 編集 |
人でごった返す浅草から吾妻橋を渡って、
「鰻禅」さんに行ってきました。
通り沿いにあるこぢんまりとしたお店です。



最寄り駅は本所吾妻橋です
unazen1102_01.jpg

下町の鰻屋って感じです。
道路を挟んで反対側には、
有名などじょう料理のお店がありますね。



庶民的な店内
unazen1102_02.jpg

大将と女将さんの二人で切り盛りされています。
「時間がかかりますがよろしいですか?」
「てやんでぃ、合点承知の助!(うそぴょん)」

店内は思っていたよりも狭いかな。
カウンター4席、小上がりに1卓、二人席が2卓のみ。
名探偵コナンが置いてあったり、
結構雑多な雰囲気です(笑)



メニューです
unazen1102_03.jpg

当然メニューは鰻のみ。
大将は次々に鰻を割いて、
秤で計っていきます。
串を打って、焼いて、蒸して、焼いて。
結構手間だよなと一人合点。

いつの間にか客席はすでに満席で、
扉を開けては諦めるお客さんもちらほら。
こちらは一巡目分がようやく焼き上がったところ・・・
俺の鰻はこれからかい!



鰻重(上) 2,200円
unazen1102_04.jpg

「おまたせしてごめんなさいね」
「いえいえ、そんなことないです!」
ようやく届いた出前のように、
ついいそいそとしてしまう私(笑)



鰻アップ!
unazen1102_05.jpg

きれいに焼き上がった鰻は、
箸で持つと崩れそう。
これが口の中でトロリと溶けるのよ。
皮が噛み切れないスーパーのとは違うのね。
タレは上品にあっさり目。
全体にくどくないので、
年配の方でも食べやすいと思います。


待ち時間1時間、実食10分。
楽しい時間はあっという間に終わってしまいました・・・
一仕事したご主人は気さくにお客さんに話しかけ、
なんだかアットホームな雰囲気だなと。
私もカウンターは狭いからテーブルにどうぞと勧められ、
食べる前に移らせていただきました。
鰻の半分は優しさで出来ているんだね(バファリンかい!)
どうもごちそうさまでした。


「鰻禅」
東京都墨田区吾妻橋1-19-12
11:00~20:00
月曜休み
TEL 03-3624-0475


おまけ
すげーな、アサ◯ビール本社は!
unazen1102_06.jpg
パサ(PASA) 文京区根津
2011年02月23日 (水) | 編集 |
根津にあるネパール料理屋「PASA」さんへ。
場所はちょうど「」と「よし房 凛」の中間くらいかな。
ビルの2階にあって、
一階の洋品店は関係ないです(たぶん)



根津駅から5分ほど
pasa1102_01.jpg

外観はよくあるインド料理屋風。
その正体はネパール料理を売りにしている、
なかなか硬派な店なのです。



入口の階段
pasa1102_02.jpg

ドアを開けて一瞬止まった!
薄暗くて雑然していると勝手に思い込んでいたのに、
入口からオシャレなんだもの。
階段の上からお店の方が顔をひょいと覗かせて、
「どうぞ~」と声をかけてくれました。



温かい雰囲気の店内
pasa1102_03.jpg

こぢんまりとしていて、
可愛らしく飾られた店内。
まるでカフェのような雰囲気です。
奥さんが日本人だからかな。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
pasa1102_04.jpg

この店ではナンを置いていません。
だからメニューはすべてカリーライスのみ。
世間一般でカレー=ナンのイメージが強いなか、
気合が入っているなと一人感心。

敬意を表して「ダルバート(ネパール定食)」を注文。
辛さは“ネパール位の辛さ”でお願いしました。
ネパールには行ったことがないけどね(笑)



ダルバート 860円
pasa1102_05.jpg

きれいに盛りつけられたダルバート。
カレー・トマトアチャール・豆スープ・こんもりライス。
メニューの写真と全く同じなので思わずクスリ。
誠実なお店だね。



日替わりカレー
pasa1102_07.jpg

この日はポークと野菜のカレー。
とろみのあるカレーソースは、
コクがあってほわっとスパイスが広がります。
野菜は一口大のカリフラワ・大根・マッシュルーム・タケノコ。
豚肉は角煮で口の中でほぐれる感じ。
甘みとピリっとした辛さが丁度良く、
丁寧さが伝わってくるカレーでした。



ダル(豆スープ)
pasa1102_06.jpg

一般的なダルとは違い、
完全にお豆のポタージュです。
これまたとろみと自然な甘さがおいしいね。



トマトアチャール
pasa1102_08.jpg

アチャールって“漬物”ってイメージでしたが、
こちらではチャツネをさすみたいです。
フレッシュなトマトの酸味。



マサラミルクティー 210円
pasa1102_09.jpg

食後にはマサラミルクティー。
大きなカップで出て来て得した気分。
ちゃんと煮出されてスパイスの香りも豊か。
消化を助けるというフェネグリークと氷砂糖、
それにアーモンドチョコが添えられていました。


とても丁寧なお店でした。
店の雰囲気が素敵だし、
料理にもセンスが感じられました。
そして一番丁寧だったのは店員さんの接客!
ここまで丁寧な店は初めてかも?
せひ応援したくなるお店です。
どもごちそうさまでした。


「パサ(PASA)」
東京都文京区根津2-27-2 2F
11:30~15:00
17:00~21:00(月曜日、祝日除く)
日曜休み
TEL 03-3828-8575
【閉店】マルカッサン(MARCASSIN) 中央区銀座
2011年02月19日 (土) | 編集 |
【閉店されました】


たまの平日休みに家でゴロゴロ。
いかん、いかん、このままじゃいかん!
ってことで東銀座にある「マルカッサン」さんへ。
KAIRADA」さんの近くにあります。



ランチは平日のみなんです
marcassin1102_01.jpg

フランス語で“ウリ坊”を意味する「マルカッサン」。
女性オーナーとシェフの二人で切り盛りするビストロです。
フレンチ好きな方からこの店のことを聞いて、
興味津々だったんだよね。
ランチは平日のみなのでようやく来れました。



天井の高い店内
marcassin1102_02.jpg

いかにもビストロ的なシンプルな内装。
お店はうなぎの寝床のように奥に長く、
テーブル席が奥に向かって並んでいます。
でも天井が高いおかげか窮屈には感じません。



ランチメニュー
marcassin1102_03.jpg

ランチは肉か魚の2種類です。
この日の魚はイサキだったかな。
肉食系男子の私は鶏肉のローストをチェイス。
やっぱビストロといったら肉ですよね。



白菜と白いんげん豆のスープ
marcassin1102_04.jpg

あっさりとした味わいのスープ。
煮込まれた白菜がトロリとしていて、
白いんげん豆はほっこり。
ポーションもたっぷりでごくごく(マナー違反?)



自家製パン
marcassin1102_05.jpg

軽く温められた自家製パン。
ライ麦の少し入った生地が香ばしく、
天然酵母の香りがふわり。
さりげなくお代わりを出してくれたのもうれしいね。



大山地鶏モモ肉のロースト
marcassin1102_06.jpg

パリっと焼かれた皮が香ばしい!
しっかり火を通していながら、
身は弾力がありほどよくジューシー。
ここらへんの火の入れ加減は上手だなと思います。
マスタードソースに付けるとよりサッパリ。
キャベツもたっぷり添えられていて、
最後まで飽きずに食べられました。



コーヒーとデザート
marcassin1102_07.jpg

marcassin1102_08.jpg

もちろんデザートは別腹です。
大きめのカップにたっぷり入ったカスタードプリン。
卵の味がしっかりしていて、
めっちゃ濃厚で驚いた。
コーヒーもたっぷり。


とても居心地のいい店でした。
いい素材を丁寧に調理しているのが伝わってきます。
接客も付かず離れずで真面目な感じ。
銀座でデザートまで付いてこの価格なら、
結構お値打ちだよな。

またこの店の本領はジビエとのことでしたので、
今度はディナーでお邪魔したいと思います(一人で?)
どうもごちそうさまでした。
(※2011・4 土曜ランチ始まりました)


「ビストロ マルカッサン」
東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビル1F
11:30~13:30(LO)
18:00~21:30(LO)
日曜休み
TEL 03-3564-0335
http://marcassin.dreama.jp/
関連記事
香城 (カジョウ) 新宿区歌舞伎町
2011年02月17日 (木) | 編集 |
カレーを堪能した後は、
大人の遊園地(?)歌舞伎町へ。
なんだなんだ、この人の多さは!
いろいろな誘惑を振り切って選んだのは・・・



台湾料理 香城に参上!
kajyo1102_01.jpg

ビルの1階にある台湾料理の「香城」さん。
店が新宿区役所通り沿いにあるので、
呼び込みをスルーするのが大変でした~
店の位置は少し奥まっていますが、
一応店頭にも看板が出ています。



思いのほかキレイな店内
kajyo1102_02.jpg

とても愛想の良いママさんが出迎えてくれました。
勝手に不夜城をイメージしていたので、
思いのほかすっきりした店内に拍子抜け。
まずは陳年紹興酒一合とお薦めの一品をオーダー!



スペアリブの塩胡椒炒め 1,000円
kajyo1102_03.jpg

「これ新宿で一番よ!」って、
ママさん一押しのスペアリブ。
クリスピーな衣に歯応えを残した豚肉。
塩とコショウが利いていてお酒が進みます。
「紹興酒お代わり!」



小龍包 600円
kajyo1102_04.jpg

最近肉が食べられなくなったという友人の嘆きを聞きながら、
つまむ小龍包もいとおかし。
厚めの皮がむっちりとしていて、
中から飛び出す肉汁スープ。あちあち。

どうせ飲むなら紹興酒はボトルにすれば良かったな。
店のママさんも「飲めない人はグラス、飲む人はボトル」だって。
でも今さらボトルを頼むのもシャクなので、
以降は生ビール中ジョッキ(480円)で勝負しました。



大根モチ 600円 
kajyo1102_05.jpg

外側はカリッ、中はもっちり。
酒飲みに優しい味わいの点心です。
中心には香菜(パクチー)がちんまり。
友人はパクチーではないと言い張っていましたが、
彼は本当に台湾に駐在していたのでせうか?



干し大根の玉子焼き 800円
kajyo1102_06.jpg

あっさりとした味わいの玉子焼き。
コリッとした干し大根がアクセント。
私は香菜がそれほど得意ではないのですが、
これを添えてくるお店の気持ちが好きです。

なんだかんだで前の店も含め5時間近く飲んでいるし、
そろそろ締めの一品をどうぞ。



魯肉飯(ルーローハン) 800円
kajyo1102_07.jpg

なぜ最後に一番重い料理を持ってくるか意味不明(笑)
酔っぱらいはノーフューチャーなのです!
八角の匂いのする角煮がどどんと載っていますが、
意外とあっさりして食べやすい。
でもやっぱり締めには量が多いよ~

会計時にママさんにせがまれて、
料理写真を何枚かデジカメで再生。
「角煮の写真、よく撮れている。あなたプロね!」
これから私は角煮プロ!

いやー、飲んだ喰った~
歌舞伎町にしてはかなり良心的な価格。
料理も本格的なのに食べやすく、
ママさんのフレンドリーさも味があります。
安心(?)してお邪魔できるお店です。
どうもごちそうさまでした。


「香城 (カジョウ)」
東京都新宿区歌舞伎町1-3-15
17:00~
TEL 03-3207-6709
アヒリヤ 渋谷区代々木
2011年02月15日 (火) | 編集 |
友人と久し振りに飲むことになって、
当たり前のように代々木駅で待ち合わせ。
そう、目的地はインド料理の「アヒリヤ」さんです。



ビルの3階にあります
ahilya1102_01.jpg

駅から歩いて30秒。
ビルの入口は少々妖しいであります。
私たちはもう慣れたけどね(笑)



ムードのある店内
ahilya1102_02.jpg

インド料理屋独特の妖しい雰囲気。
でも週末に男二人でカレーを食べるという、
いたって健全(?)な飲み会なんです。
では、さっそくビールと料理を頼みましょう!
そうそう、友人がパクチーNGなので、
料理はすべてノーパクチーでお願いしました。



タンドリーミックスグリル 1,630円
ahilya1102_03.jpg

ジュージューと鉄板に載って出てきたタンドリー料理。
チキン・シシカバブ(マトン)・海老・フィッシュティカ。
きちんと火が通っていて程良くジューシー。
ピリっとした味付けにビールが進みます。
ランチの時とは別物やな・・・)



ミックスベジタブルパコラ 680円
ahilya1102_04.jpg

おつまみが足りないぞっと、
インド風の野菜天ぷらを注文。
玉ねぎ・ピーマン・ポテトといった具に、
フリッターのようにフワッサクっと揚がった衣。
ビールがビールがススム君!

付け合せのソースはオニオンとコリアンダー(パクチー)。
友人がコリアンダーじゃないと言い張るので、
店員さんに確認したらやっぱり「コリアンダー」
カレー好きの面目亦如の瞬間でした(笑)
確かにミントでスーとするソースだったけどね。



カキマサラ 1,200円
ahilya1102_06.jpg

冬らしくカキマサラを注文。
表面がちょっと乱れているのは、
シェフがついパクチーが振りかけてしまったから。
店員さんが「あっ!」と気づいて、
作り直して(取り除いて)くれました。



カキアップ!
ahilya1102_07.jpg

プリプリとしたカキがごろごろ。
スパイシーで濃厚なソースにカキの旨みがプラスされ、
なんともいえない味わいです。
全然生臭くないのがシェフの腕前だね。
この日はナンで食べましたが、
ライスにもバッチリ合いそうです。


この日のビールは合わせて9杯!
最近南に押され気味の北インド料理ですが、
スパイシーなカレーを堪能できました。
やっぱりこの店のディナーはレベルが高いわ。
どうもごちそうさまでした。


「アヒリヤ(AHILIYA)」
東京都渋谷区代々木1-34-3 菊池ビル3F
11:30~15:00
17:30~23:00
年中無休
TEL 03-5371-5231
関連記事