たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
五指山 千代田区内神田
2011年04月30日 (土) | 編集 |
神田の外堀通り沿いにある「五指山」さん。
五指山といえば孫悟空が閉じ込められた山の名前ですが、
この店は中華料理屋であります。



手作り感のある(?)看板
goshizan1104_01.jpg

なんちゅうか、微妙な外観のお店です(失礼!)
実は最近世田谷の松陰神社前から移ってきたばかり。
そういえば「パリの空の下」に行ったときに見かけましたわ。



細長い店内
goshizan1104_02.jpg

入ってすぐ左手にランチの券売機(!?)
中華料理屋では珍しいよね。
メニューは麻婆土鍋ご飯・担々麺・海南粉・水餃子・杏仁豆腐。
迷わずここは“土鍋ご飯”ではないでせうか。

お店は奥に長くて、
カウンター席にテーブル数卓。
大人数ではかなりキツイと思いますが、
お一人様ランチにはもってこい!



スープ
goshizan1104_04.jpg

まず運ばれてきたのは卵スープ。
海苔の香りがプーンと素敵。
あっさりとした味わいでメインに期待が膨らみます。



麻婆土鍋ごはん 900円
goshizan1104_05.jpg

goshizan1104_06.jpg

超熱々の状態で登場です。
土鍋一面を覆った麻婆豆腐のこの存在感!

さっそく口に運ぶと、
花椒の痺れるような辛さ!
麻婆ソースは豆チ・豆板醤の旨みたっぷりですが、
なにより花椒の鮮烈さが印象に残ります。
豆腐はご飯に合わせやすように砕いてあり、
まさにオン・ザ・ライスのための麻婆豆腐(大げさか)



断面図アップ!
goshizan1104_07.jpg

土鍋の中にはご飯がぎっしり。
少し固めに炊かれた美味しいご飯です。
麻婆豆腐の汁がしみていい塩梅。
それにしても量がたっぷり過ぎちゃう?


熱さと辛さで汗をかきかき完食。
とてもパンチの効いた麻婆豆腐でした。
土鍋のおかげで最後まで熱々なのも、
いいアイデアだなと一人感心。
最初からオン・ザ・ライスなのも楽だしね(笑)

夜のメニューも拝見したところ、
マニアックな雰囲気がぷんぷん。
こりゃ一人ディナーにもぜひ来なくちゃね。
どうもごちそうさまでした。


「五指山」
東京都千代田区内神田1-9-10 光間正ビル1F
11:30~14:00(LO)
17:30~22:00(LO 21:00)
日曜休み
TEL 03-3292-0080
ブーランジェリーイチ 大田区西馬込
2011年04月28日 (木) | 編集 |
都営浅草線に乗ってガタゴト。
終点の西馬込駅そばにある「ブーランジェリーイチ」さんへ。
この店の市毛シェフは、
メゾンカイザーのチーフブーランジェだった方なんです。



オシャレなお店
ichi1104_01.jpg

ちょっと場違いな感じさえするオシャレな外観(失礼)
お店は想像していたよりもこぢんまりとしていて、
3,4人も入ればいっぱいといったころ。
本当に意外でした(雑誌ではわからないね)



市毛シェフの背中
ichi1104_03.jpg

店内ではフレンチポップが流れていて、
明るくとても活気があります。
お店の方は販売の方1名、調理の方3名。
売り場は調理場とつながっていて、
市毛シェフの姿も拝見することが出来ました。



パンたち
ichi1104_02.jpg

丁寧にディスプレーされたパンたち。
サンドやキッシュ、タルトまで置いてあり、
とても幅広いラインナップ。
ただカイザー出身と聞いていたので、
ハード系のパンが少ないのがこれまた意外。



バゲット 199円
ichi1104_04.jpg

ichi1104_05.jpg

小振りでずんぐりとしたバゲット。
199円という価格もうれしいね。

さっそくパンをカットしてみて思いました。
「こう来たか!」

薄茶色がかったクラム。
鼻を抜けるほのかな酸味。
ルヴァンリキッドを使っています(たぶん)
カリッとしたクラストは薄からず厚からず。
クラムはもっちりとして多めなので、
食べやすいバゲットだと思います。



クロワッサン 149円
ichi1104_06.jpg

ichi1104_07.jpg

凛とした形が気に入ったクロワッサン。
意外にもソフトなタイプでした。
黄色がかった内層はしっとりで、
口に広がるバターの香り。



マカダミアナッツのザマンド 249円
ichi1104_08.jpg

ichi1104_09.jpg

これは商品札を見た瞬間にトレーに載せちゃった(笑)
ざっくりとしたダマンドクリーム、
ゴロゴロと入ったマカダミアナッツ。
甘さと塩気とナッツの香ばしさのハーモニー。
ただベースのパンはクロワッサンだと思っていたら、
バゲットだったのは意外(今回こればかり)



ヘーゼルナッツ 199円
ichi1104_10.jpg

ichi1104_11.jpg

セミハード系のパン。
クラストは薄目で、
クラムがモッチリとして食べやすいね。
ヘーゼルナッツ特有の香ばしさが新鮮です。



アプリコットのタルト 390円
ichi1104_12.jpg

レジ下の冷蔵ケースにあったのでつい購入。
四角い形がカイザー譲りですね。
アプリコットのフレッシュな酸味が気持ちいい。
クリームはピスタチオかな、
しっとりとしていて甘さ控えめ。
ザクザクっとしっかり焼き込まれたタルト生地。
力強いパン屋さんの焼きタルトでした。


オシャレで温かみのある雰囲気。
価格を抑えながらも、
街のパン屋さんとはひと味違う品揃え。
お客さんも引っ切り無しで、
中に入るのを待つ方もチラホラ。
少なくともこの辺りに住んでいる人には、
メゾンカイザーは必要ないね(笑)
どうもごちそうさまでした。


「ブーランジェリー イチ」
東京都大田区西馬込2-2-1 小沢ハウス1F
10:00~20:00(日曜は9:00~)
月火休み
TEL 03-5742-5162
龍門 品川区西五反田
2011年04月26日 (火) | 編集 |
五反田駅から徒歩10分弱。
四川料理の「龍門」さんに伺いました。
一軒家というのかな?



『ゆうぽうと』の近くにあります
ryumon1104_01.jpg

無事店は見つかりましが、
入口がわからない!
店の周りをくるっと回って、
横からコソッと入るのでした(笑)



中華風の店内
ryumon1104_02.jpg

店はテーブル中心で、
ランチ時は相席になるんでしょうね。
この日は早い時間帯だったので、
円卓にズズンと座らせていただきました。
「主人を呼べい!(ウソです)」



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
ryumon1104_03.jpg

ランチメニューは10種類。
定番メニュー中心でよかよか。
エビチリにくらくらしましたが、
やはり四川なら麻婆豆腐でしょう!
男の意地で初志貫徹。



もやしとザーサイ
ryumon1104_04.jpg

テーブルの上にあったので、
料理が出てくる前にパクパク。
サッパリとしたもやしは食べ始めると止まりません。
ザーサイはご飯のお供にぴったり。



麻婆豆腐 850円
ryumon1104_05.jpg

と思ったらもう来たよ、早っ!
普段のランチで鍛えられているんでしょうね。
こちらも戦闘態勢に突入です!



麻婆豆腐アップ!
ryumon1104_06.jpg

赤々としたラー油が、
いかにも辛そうな麻婆豆腐。
覚悟を決めていただきます!

家庭での麻婆豆腐はトウフが主役だと思いますが、
こちらはソースが主役。
豆味噌の風味が濃厚で、
挽肉の旨みがしっかり出ています。
山椒の風味も利いているな。
ご飯に合うタイプの麻婆豆腐です。

かなり辛いとの評判を聞いていたのですが、
そこまでは辛くないと思いましたよ、一瞬ね。
ところが箸休めでモヤシを食べたら、
口が山椒で痺れているのに気づきました。
(やっぱり辛いんじゃん)
でも撤退の一文字は無いのです!


パクパク食べ進めて完食!
パワフル系麻婆豆腐を堪能できました。
ご飯と一緒にいただくと最高。
次回はぜひエビチリにチャレンジしたいと思います(まだ言ってる)
どうもごちそうさまでした。


「龍門 五反田店」
東京都品川区西五反田8-5-1
11:30~15:00
17:30~22:30
不定休
TEL 03-6431-9800
http://www.ryuumon.jp/contents/store/cat15/
たけくま 港区赤坂
2011年04月23日 (土) | 編集 |
意外とリーズナブルなランチのいただける赤坂近辺。
中華料理の「たけくま」さんにお邪魔しました。
まるで人の名前みたいな店名だけど、
店長の名前とは違うんだよな(笑)



ビルの一階(?)にあります
takekuma1104_01.jpg

takekuma1104_02.jpg

いやー、少々迷いました。
ビルの一階ではないよな~
赤坂だけあって坂があるのね。
階段を上がった右手から入るのが近いです。




すっきりとした店内
takekuma1104_03.jpg

ビル自体は新しいとは言えないけれど(失礼)、
お店の中は結構すっきりしています。
カウンター席は無いけれど、
二人用テーブル席が主体なので落ち着きます。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
takekuma1104_04.jpg

ランチメニューは8種類。
中華料理屋で麺類が5種類とは少々珍しいかな。
酸辣湯麺(スーラータンメン)もいいなと思いながら、
いつものごとく担々麺と注文しました。

料理を待っている間にも、
次から次に入ってくるお客さん。
中には女性のお一人様もいて、
人気の店なんだなとあらためて実感。



担々麺セット 900円
takekuma1104_05.jpg

主役の担々麺、お代わり自由のミニご飯、
それにデザートの杏仁豆腐の登場でござい。
ご飯が少ないなと思ったのは内緒です。



担々麺アップ!
takekuma1104_06.jpg

3種類の辣油をかけているのでしょうか、
このマーブル模様が美しい!
でも芸術に感心していると麺が伸びちゃうので、
さっさとかき混ぜていただきます(スマン)

胡麻がとても濃厚でまろやか!
辣油と山椒のピリリとした辛さもうれしいね。
どちらも主張しすぎることなく、
バランスのとれたスープだな。



メンもアップ!
takekuma1104_07.jpg

麺は細めですがコシがあり、
汁にもちゃんと絡んでくれるね。
あと具の挽肉が肉団子を崩した感じで、
しっかり食べ応えがありました。
丁寧な作られているなと一人感心。



杏仁豆腐
takekuma1104_08.jpg

程よい固さの杏仁豆腐。
ヨーグルトみたいのが好みなんです。
程良くほてった身体をヒートダウン。


見かけはとても辛そうでしたが、
とても上品な味わいの担々麺でした。
お店の雰囲気も落ち着いていて、
日本人店員さんがテキパキ接客してくれます。
ぜひまた行きたいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「中国料理 たけくま」
東京都港区赤坂2-15-18 西山興業赤坂ビル
11:30~14:30
17:30~22:30(土曜は21:30まで)
日祝休み
TEL 03-3585-3600
http://www.take-kuma.com
関連記事
丸香 千代田区神田小川町
2011年04月20日 (水) | 編集 |
古書と学生の街、神保町。
もちろん食べ物屋もたくさんありますが、
毎日行列の出来るうどん屋があります。



登録商標「◯香」!
maruka1103_01.jpg

讃岐うどんの「丸香」さん。
安くて美味しい庶民の味方です。
この日はたまたま行列が無くてラッキー!



うどんメニュー(クリックすると拡大します)
maruka1103_02.jpg

メニューは基本的にうどんのみ。
都内のうどん屋さんでは良心的な価格だと思います。
でもあれこれトッピングすると高くなっちゃうけどね。

きびきび動く店員さんが気持よく、
ウッディな店内は活気に溢れています。
お客さんはうどんを待っているか、
ひたすら啜っているかの二者択一。



かけ中盛(440円)+かしわ天(240円)
maruka1103_03.jpg

やっぱり基本はかけ(温)だよね。
注文の際に大盛りは多いよなと悩んだところ、
店員さんに中盛を勧められてつい。
それだけだと寂しいのでかしわ天も一緒。



うどんアップ!
maruka1103_04.jpg

きれいにエッジの立ったうどんです。
柔らかいのにコシがあり、
もっちりとした歯応えが楽しいね。
つゆはあっさりとしたいりこ出汁。
これは確かに讃岐うどんだね。
卓上には揚玉が置いてあるのでお好みでどうぞ。



かしわ天アップ!
maruka1103_05.jpg

いわゆる鶏の天ぷらですね。
ごろごろと大きくて、
揚げ立てなのでとてもジューシー。
こちらも味付けはあっさり目。
つゆに浸して食べるのもまた一興です。


ノンストップで完食!
あっさりとした汁といい、
きっちりとコシのあるうどんをいただけました。
繁盛店にもかかわらず、
店員さんの接客が気持ちいいのも好印象。
いい店やと思います。
どうもごちそうさまでした。


「丸香」
東京都千代田区神田小川町3-16-1
11:00~19:30(月~金)
11:00~14:30(土)
日祝休み