たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
ポルカ 愛知県尾張旭市
2011年05月31日 (火) | 編集 |
パンも鰻も食べてすっかり満腹。
夕方までゆっくりしようかなと思ったけれど、
どうしても心残りな店がありました。

東別院から藤が丘まで地下鉄で、
そこからバスで四軒家まで、下車して徒歩10分程。
結構遠いんだよ~



懐かしい~
polka1105_01.jpg

尾張旭にある「ポルカ」さん。
ご夫婦で経営されている小さなパン屋さんです。
でも一番思い出に残っているお店でもあります。
お店の方も元気そうでなにより。



つぶあんぱん 126円
polka1105_02.jpg

polka1105_03.jpg

まるでブリオッシュのような軽いパン生地。
中には甘さ控えめのずっしりとしたつぶあん。
全体のバランスがいいね、美味しい!



さつまいも 150円
polka1105_04.jpg

polka1105_05.jpg

こちらは中に自家製さつまいもフィリング入り。
白あんのような本当に上品な風味。
さつまいもの自然な甘さが広がります。
メチャ美味い!



ブリック(自家製セミドライりんごとクリームチーズ) 262円
polka1105_06.jpg

polka1105_07.jpg

“ブリック”はライ麦も少し入ったハード系のパン。
ガリッとしたクラストと、
ムギュッとしたクラムが美味しいね。
ジューシーなリンゴとクリームチーズがごろごろ。



ブリック(グリーンオリーブとフライドオニオン) 252円
polka1105_08.jpg

polka1105_09.jpg

グリーンオリーブ特有の香りと塩気。
フライドオニオンの甘みと香ばしさ。
ワインが似合いそうな大人の惣菜パン。

やはりこの店はいいね、いいね!
美味しいパンに温かい接客。
来てよかったよ~



【おまけ】
夕方にfuyutoさんなっつさんと伏見の居酒屋で合流。
楽しいお酒を飲ませていただきました。


プレゼント
polka1105_11.jpg

その際にいただいたのがこのパンたち。
袋の中をクンクン嗅いでピンと来ました。
「ポルカのパンだ!」
本当にものすごい偶然ですね。
なんとなくオー・ヘンリーの『賢者の贈り物』を思い出しました。



polka1105_10.jpg

どうもありがとうございました。



「ポルカ」
愛知県尾張旭市東山町1-2-5
11:30~20:00(売り切れじまい)
月火休み
TEL 052-779-2775
うな富士 名古屋市昭和区
2011年05月28日 (土) | 編集 |
名古屋で一番通った鰻屋「うな富士」さん。
一年ぶりにお邪魔しました。



相変わらず混んでいます
unafuji1105_01.jpg

相変わらず人気がありますね。
さっそく順番待ちの名簿に記名してもらいます。
私の名前が某中日選手と一緒なので、
やたら連呼する店主さん(笑)
意外と待たずに案内されました。



メニュー(クリックすると拡大します)
unafuji1105_02_20110528072757.jpg

ひつまぶしを注文しようか迷いましたが、
やはり肝入りうなぎ丼でしょう!
(肝入りひつまぶしはちょっと高いしね)



肝入りうなぎ丼 2,400円
unafuji1105_03.jpg

うな丼がどーん!
素敵なビジュアルに興奮気味。



うな丼アップ!
unafuji1105_04.jpg

香ばしく焼かれた肝が!
ねっちりとした風味が口の中に広がります。
うわー、酒飲みて~(アル中です)

そしてこれまた香ばしく焼かれた肉厚な鰻。
サクっとした表面と身のバランスが見事です。
ご飯の中にも一切れ隠れていて、
ここ掘れわんわん的なうれしさ(?)
濃い目のタレと相まって、
ご飯がご飯がススムくん。


ボリュームもあって満腹。
この鰻を食べたという満足感は「うな富士」ならではで、
あらためてコスパの良さを実感しました。
また土日祝は予約できませんが、
おかげで飛び込みでも鰻にありつけるんだよな。
ぜひまた来たいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「うな富士」
名古屋市昭和区白金1-1-4
11:00~14:00
17:00~20:00
水曜、第一,第三火曜休み
TEL 052-881-0067
関連記事
パントリコ 名古屋市名東区
2011年05月25日 (水) | 編集 |
出張の帰りに名古屋に立ち寄ることが出来ました!
マナカってなんじゃいと軽いショックを受けながら、
スーツ姿でレッツゴー!



さてどこでしょう?
pantricot105_01.jpg

最初に向かった先は「パントリコ」さん。
昨年10月にオープンしたばかりのパン屋さんです。
一社駅から北に向かって徒歩5分ほど。
パン仲間さんお薦めのお店です。



可愛らしい店内
pantricot105_03.jpg

女性店員さんたちが出迎えてくれました。
温かい雰囲気の可愛いらしい店内。
スーツ姿に黒カバンで浮きまくりな私。

パンも負けずに可愛らしく、
見た目が「ぱぴぱん」さんに似ています。
それもそのはず、
シェフは「ぱぴぱん」立ち上げのメンバーなんだって。



自家製パテとコルニションのバゲットサンド 360円
pantricot105_04.jpg

あいにくパンナイフを持っていなかったので、
バゲットサンドを買ってみました。
バゲット一本食いでも良かったんですけどね(笑)



中身をぽん
pantricot105_05.jpg

とても肉々しいパテ。
それでいてハーブ(ローズマリー?)のおかげで
爽やかな味わいです。
ピクルスの酸味とコリッとした食感もアクセント。

肝心のバゲットはクラストがガリッで、
クラムはモチモチ、もちもちの木。



クロワッサン 150円
pantricot105_06.jpg

外側はザクザクっとしていて、
内層はしっとり。
バターリッチな味わいです。
口の中いっぱいにバターの香りが広がって、
クロワッサンを食べた満足感がいっぱい。



くるみオレンジ 180円
pantricot105_08.jpg

pantricot105_07.jpg

とにかくクラムが素晴らしい!
とてもモチモチっす。
オレンジピールの香りが爽やかで、
くるみはコリコリ香ばしい。
全粒粉のおかげでパンの風味も負けていません。



pantricot105_02.jpg

とても素敵なパン屋さんでした。
店に雰囲気が可愛いだけではなく、
どのパンもしっかり作られています。
歌って踊れるアイドルって感じかな(?)
唯一の不満はもっと買っとけば良かったってこと。
どうもごちそうさまでした。


「パントリコ(Pantricot)」
名古屋市名東区高社1-191 サンローヤル東山
10:00~19:00
日曜、第1,第3月曜休み
TEL 052-768-5857
http://pantricot.com/

パンの虜でパントリコ♪
バッカーノ 渋谷区恵比寿西
2011年05月21日 (土) | 編集 |
ビールと言えばエビス!(かな)
恵比寿にある「バッカーノ」さんに行ってきました。
トスカーナで修行した女性シェフのお店であります。



ビルの2階にあります
baccano1105_01.jpg

baccano1105_02.jpg

お店はビルの2階にあります。
入口にはランチの看板も出ています。
さあ、お一人様飛び込みランチの挑戦だい!



イタリアンな雰囲気の店内
baccano1105_03.jpg

店に入ったら、いかついボーズ頭の店員さんが!
思わずスミマセンと謝りそうになりましたが、
丁寧に窓際の席に案内してくれました。
見かけで判断してすみません(笑)

店内はやや席間が狭いかなと思いましたが、
気軽なトラットリアって雰囲気です。
でもテーブルクロスはちゃんと布であります。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
baccano1105_04.jpg

おてごろ価格のランチです。
すべて自家製手打ちパスタっていうのが、
うれしいじゃないですか。
悩んだ結果、今回はタリアテッレを選択。
さらにサラダを前菜盛り合わせに変更してもらいました。



パンとスープ
baccano1105_05.jpg

何気なく出てきたこのスープ。
5ミリ角程に刻まれた玉ねぎや人参がたっぷり!
パンチェッタや大麦まで入っていて、
とても滋味深い味わいです。
まん丸パンは熱くてもモチモチ。



前菜盛り合わせ(+300円)
baccano1105_06.jpg

なんとも豪華じゃの~
野菜のマリネはあっさりとした酸味。
肉盛り合わせも立派。
特に豚の顔や耳をゼラチンで固めたソプラッサータが
めっちゃ旨かった。
奥の魚はサクラマスであります。



タリアテッレ 豚とレンズ豆のラグー
baccano1105_07.jpg

平たいリボン状のパスタです。
思わずきしめん風と言ってしまう自分が怖い(笑)



アップ!
baccano1105_08.jpg

ちょうどいい塩梅のソースがパスタに絡んでいます。
ラグーと言っていいのか、
豚肉がゴロゴロと入っており食べ応え十分。
レンズ豆はどろっとした素朴な味わいで、
モッツアレラチーズもトロリ。
ぷつんと快く噛み切れるタリアテッレもいいね。



コーヒーとデザート
baccano1105_10.jpg

baccano1105_09.jpg

もちろんデザートは別腹です。
たっぷりのコーヒを飲みながら、
木苺ソースのかかったパンナコッタ。


すっかり満足。
どの料理からもシェフの思いが伝わってきました。

店員さんに美味しかったとお礼を述べると、
「そういう台詞が一番嬉しいんですよ」と
シェフに声をかけてくれました。
なんだイイヤツじゃないか(笑)
どうもごちそうさまでした。


「トラットリア バッカーノ」
東京都渋谷区恵比寿西1-3-10 EBISU TANAKAビル2F
11:30~14:30
17:30~22:30
月曜休み
TEL 03-3461-6660
アーンドラ・キッチン 台東区上野
2011年05月18日 (水) | 編集 |
久し振りに南インド料理屋「アーンドラキッチン」さんへ。
店頭でのんびりメニューを見ていたら、
店員さんに勧誘されました(笑)



祝再開!
andhrakitchen1105_01.jpg

実は震災の影響でしばらく休業されていましたが、
今月6日から再開されたとのこと。
なにはともあれ良かった、良かった。



前と同じです
andhrakitchen1105_02.jpg

以前と同じくシンプルな店内。
そして同じくとても愛想の良い店員さん。
何故かシェフまでこちらにご挨拶。



ミールスメニュー(クリックすると拡大します)
andhrakitchen1105_03.jpg

興味を惹かれるメニューはたくさんありましたが、
一人だといろいろ頼めないのがちとつらい。
そこでミールス(定食)をノンベジで注文しました。
いろいろなカレーを楽しめちゃうもんね。



ミールス(ノンベジタリアン) 1,950円
andhrakitchen1105_04.jpg

ヒャッホー!
教科書通りのミールスの登場です。
シェフがわざわざ席まで来て、
最初にチャパティ(薄焼きパン)を食べた方がいいと
アドバイスくれましたよ。



ベジカレー
andhrakitchen1105_05.jpg

ミールスの定番のカレーです。
手前から紹介すると、
豆スープのサンバル、
酸味とピリっとした辛さのラッサム、
ココナツとキャベツの炒め煮のポリヤル。
食べ飽きない素朴な料理といったところでしょうか。
お代わりをグビグビ!



ノンベジカレー
andhrakitchen1105_06.jpg

こちらはノンベジのカレーです。
手前から紹介すると、
黒コショウのがつんと利いたチキンカレー、
ニンニク風味の小海老カレー、
濃厚なマトンカレー。

混ぜ混ぜしながら食べていると、
ライスのお代わりを訊ねられました。
折角だからとお願いすると、
皿にてんこ盛りのライスを持ってくる店員さん。
まさかと思ったら・・・



どっひゃー!
andhrakitchen1105_07.jpg

最初より量が多いやん(笑)
でもせっかくの善意を無駄にする訳には行きません。
いきなり一人大食い選手権に参戦です!


結局冷や汗をかきながらもなんとか完食。
店員さんにさらにお代わりを勧められたけど絶対無理!
でもこうやってわんこ蕎麦のように食べるのが、
ミールスの魅力なのかなと一人納得。
本当に復活してくれて良かったです。
どうもごちそうさまでした。


「アーンドラ・キッチン」
東京都台東区上野3-20-2 水野ビルB1F
11:15~14:30 LO(土日祝は11:30~)
17:00~22:00 LO(土日祝は21:0 0LO)
TEL 03-5818-6564
http://andhra-kitchen.com/