たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホワイトヒマラヤ 北区中里
2011年10月29日 (土) | 編集 |
駒込駅近くの「ホワイトヒマラヤ」さん。
ネパール家庭料理のお店です。(ナンとカレーもあるけどね)
そういえば、激辛カレーの「タール」さんも駒込でした。



ネパールこだわり家庭料理!
whitehimalaya1110_01.jpg

実はインド料理屋のシェフの多くが、
ネパールの方なのはちょっとした豆知識。
でもネパール料理を出すのはほんの一握り。
そんな中でこの店はネパール家庭料理を謳っています。(いいね~)



意外と広い店内
whitehimalaya1110_02.jpg

元は居酒屋だったのかな?
掘りごたつ式の座敷がありました。
店内はきちんとキレイにしてあって好印象。



ナンとカレーランチ(クリックすると拡大します)
whitehimalaya1110_03.jpg


ネパールカレーランチ(クリックすると拡大します)
whitehimalaya1110_04.jpg

お約束のナンとカレーのセットは500円から(安い!)
でもネパールカレーのセットもあるので、
やはりここはネパリーランチセットではないでしょうか。
カレーが2種類選べるので、
チキンサーグとチキン野菜をお願いしました。

注文が入ってから調理しているようで、
しばし待つこととします。
作り置きを出されるより100倍ましだよね。



ネパリーランチセット 1,200円
whitehimalaya1110_05.jpg

うおっ!!!
普通ネパール定食(ダルバート)はワンプレートなのですが、
ここは皿で出してくれるのえらく豪華。
しかもボリューム満点です。



チキン野菜アップ!
whitehimalaya1110_06.jpg

カレー風味の炒め物って感じ。
野菜はナス、エリンギ、トマトとか。
ご飯のおかずに最適だね。



チキンサーグアップ!
whitehimalaya1110_07.jpg

こちらは青菜とチキンの炒め物。
鷹の爪が入っているのでピリリ。
これはビールが飲みたくなるな~



ダール(豆のスープ)アップ!
whitehimalaya1110_08.jpg

豆の素朴さとスパイスの香りが調和し、
これが一番カレーぽかったかも。

これらをご飯のおかずにしながらいただきます。
ライス横のオレンジ色のドレッシングみたいなのは、
トマトのアチャール(チャツネ)でした。
爽やかな酸味があって不思議な感じ。



チャ
whitehimalaya1110_09.jpg

食後のチャ(チャイ)
湯のみに入っているのが珍しいかな。
ミルクたっぷりでした。

あ~、お腹いっぱい。
ボリューム満点のネパール料理でした。
味付けも濃すぎず、薄すぎずいい塩梅。
こりゃご飯がすすんじゃうはずだよね。

店員さんも真面目そうで、
きちんとサーブしてくれます。
なかなかいい店じゃないか。
今度はネパール料理をアラカルトで食べたいな。
どうもごちそうさまでした。


「ホワイトヒマラヤ」
東京都北区中里1-4-4
11:30~15:00
17:30~23:00
火曜ランチのみ休み
TEL 03-3824-0139

店名に「ヒマラヤ」って入っている店のほとんどが、
ネパールの方のお店です。
ちょっとしたトリビアでした。
関連記事
スポンサーサイト
タニキッチン鹿嶋山王店 品川区大井
2011年10月26日 (水) | 編集 |
大森駅から大森貝塚の方へよっこらしょ。
(大森貝塚って知ってる?)
もちろん目的は貝塚ではなくて、
タイ料理の「タニキッチン」さんです。



ゴージャス~
thani1110_01.jpg

オーナーが自宅を改築したというお店は、
外観からセレブ(?)な雰囲気。
なんとなく青山のタヒチに似てるかも。
お店の入口は階段を上った2階になります。



広々とした店内
thani1110_02.jpg

木目調の店内。
テーブル間に適度の間が取ってあり、
のんびり優雅な雰囲気です。
でも子供連れでもOKなカジュアルさ。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
thani1110_03_20111017220152.jpg

ランチには定番メニューが並びますね。
もちろんここはグリーンカレーではないでしょうか。
本当はバジル炒めやチャーハンも食べたかった(泣)



グリーンカレー 850円
thani1110_04.jpg

なかなかキレイな盛り付けです。
サラダは千切りキャベツだったけどね(笑)
あっさりスープは冬瓜入り。



グリーンカレーアップ!
thani1110_05.jpg

バジルの緑が鮮やかなグリーンカレー。
カレーの辛さは控えめで、
サラリとしていてクドクない。
塩気がタイ米によく合うね。

そしてなにより驚いたのは具の多さ!
細切り竹の子がこれでもかとたっぷり。
鶏肉は煮込んでややパサパサかな。
ナスの皮に細工がしてあるのがタイらしいな。



デザート
thani1110_06.jpg

本日のデザートはココナツミルクゼリー。
ゆったりとランチを楽しめました。
激辛というよりも優しい味わいなんでしょね。
落ち着いたお店の雰囲気に合っていると思います。
今度はソムタム等の料理も食べてみたいです。
どうもごちそうさまでした。


「タニキッチン 鹿嶋山王店」
東京都品川区大井7-29-8
11:30~14:00
17:30~22:00
月曜休み
TEL 03-3774-3555
http://www.thanikitchen.com/
海南チキンライス夢飯 杉並区西荻北
2011年10月22日 (土) | 編集 |
西荻窪にある「夢飯(ムーハン)」さん。
海南チキンライスの専門店です。
チキンライスといってもケチャップライスじゃないよ!



西荻窪駅から徒歩3分
muhang1110_01.jpg

駅前の大通りをちょっと入った路地にあります。
店の向いでは子供たちが元気にカードゲームをしてました(笑)



開放的な店内
muhang1110_02.jpg

カフェのような雰囲気の漂う店内。
(もちろん料理の匂いはエスニックだけど)
カウンター席もあるので、
おひとり様でもへっちゃらだい!



メニュー(クリックすると拡大します)
muhang1110_03.jpg

海南チキンライスは2種類あるのね。
今日はちょっと趣を変えて、
フライドチキンライスを頼みましょうか。
(ハーフ&ハーフがあったらいいのに)



海南フライドチキンライス(中) 880円
muhang1110_04.jpg

見た目はチキン竜田 オン ザ ライス!
付属のスープはもちろん鶏スープで、
キャベツも入って食べ応え十分。
この日は5の倍数の日だったので、
運良くライスはジャスミンライスでした(ラッキー)



チキンアップ!
muhang1110_05.jpg

こうやって見ると迫力があるね。
チキンは一度茹でて後、揚げてあるのかな。
外はカラッと香ばしくて、
中はしっとりしています。
ソースは中国醤油・チリ・レモンがあって、
味をちょこちょこ変えられます。
チキンスープで炊かれたライスと一緒に食べれば、
うん、気分はすっかりエスニック。


とても食べやすいチキンライスでした。
フライドチキンは世界共通の料理法と再認識(なんのこっちゃ)
お店の雰囲気もディープじゃないので、
家族連れでも楽しめる店だと思います。
一品料理も充実しているので、
今度はビールを飲みながらと固く決意。
どうもごちそうさまでした。


「海南チキンライス専門店 Mu-Hung(夢飯)」
東京都杉並区西荻北3-21-2
11:00~23:00
年中無休
TEL 03-3394-9191
http://www.mu-hung.net/
【閉店】よし川 大田区山王
2011年10月19日 (水) | 編集 |
【閉店されました】


大森駅西口から徒歩1分!
以前「ケララの風Ⅱ」に行く途中で気になった、
とんかつ「よし川」さんにお邪魔しました。



駅近くです
yoshikawa1110_01.jpg

外観は昔ながらの街のとんかつ屋さん。
ただ看板に“自由が丘とんき分店”と書いてあって、
なんだか期待が持てそうです。



昔ながらの雰囲気
yoshikawa1110_02.jpg

最近は小洒落たとんかつ屋が増えたけど、
ここは昔ながらの雰囲気だね。
席はカウンターのみで、BGMはラジオだよ
実直そうなご主人が出迎えてくれました。



メニュー(クリックすると拡大します)
yoshikawa1110_03.jpg

シンプルなメニュー。
ここはとんかつ屋さんですもんね。
もちろんロースかつ定食をお願いしました。

丁寧に衣をつけて油の中にポン。
じっくり10分近く揚げたんじゃないかな。
「ロース揚がります」の掛け声とともに、
奥さん(?)がご飯をよそいます。
もうそろそろだね。



ロースかつ定食 1,470円
yoshikawa1110_04.jpg

こうみるとご馳走だね~
椀で出てきた豚汁は濃い目の味付け。
お新香は自家製かな?
おまけで小振りな冷奴。



ロースかつアップ!
yoshikawa1110_05.jpg

見る人が見れば分かるはず。
縦と横に切れ目を入れた“とんき”流。

薄めでカリッとした衣。
豚肉はあっさりとした味わい。
ロースだから脂身もあるけどクドクないね。
ソースもあっさり目でカツにあいます。
ただ衣が少々剥がれやすいので、
一緒に食べるのには注意が必要(笑)


油ぽくなくて食べやすいトンカツでした。
レモンを絞るとよりサッパリと食べられます。
接客の方もキャベツのお代わりを勧めてくれたり、
食後におしぼりを出してくれたりと意外と丁寧(おいおい)
真面目な店だと思います。
どうもごちそうさまでした。


「よし川」
東京都大田区山王2-2-7
12:00~15:00
17:00~22:00
水曜休み
TEL 03-3775-3718
フレンチカレー・スプーン 杉並区松庵
2011年10月15日 (土) | 編集 |
駅からのんびりポチコロベーグルへと向かっていたら、
フレンチカレーの「スプーン」さんを発見!
こんなところにあったんだと、ついついガン見。



西荻窪駅から徒歩3分ほど
spoon1110_01.jpg

一見はオムライスの得意そうな洋食屋さん。
しかしてその正体は、
フレンチ出身シェフの変わり種のカレー屋さんです!
(めちゃくちゃ失礼な紹介やな)



オシャレな店内
spoon1110_02.jpg

店内はカウンター席のみ。
ガラスのプレートが敷いてあるのがフレンチぽいね。
店員さんは男ばかり3名。
店主一人で切り盛りしていると思っていたので、
ちょっと意外でした。



カレーメニュー(クリックすると拡大します)
spoon1110_03.jpg

カレーはフレンチカレーと日替わりカレーの2種類。
もちろん定番のフレンチカレーをお願いしました。
トッピングや前菜もあったけど、
まずはシンプルにカレーだけなのだ!



フレンチカレー 890円
spoon1110_04.jpg

白い器に盛られて登場。
盛り付け方がなんとなくフレンチ風?
上に載っているのは煮生姜かと思ったら、
牛肉のワイン煮でした。うまし。



カレーアップ!
spoon1110_05.jpg

まず一匙口に運んで思ったのは、
「うーん、漢方薬の香り(笑)」
複雑なスパイスの香りですね。
カレーソースには適度なトロミがあり、
ブイヨンの旨みがしっかりあります。
固めに炊かれた13穀米といっしょに、
じっくり味わっていきます。


パクパク食べて完食。
フレンチカレーを謳っていますが、
バター・生クリームは控えめなので食後感が軽め。
スパイスの鮮烈さが印象に残りました。
見かけによらず硬派なカレー屋だと思います。
どうもごちそうさまでした。


「フレンチカレー スプーン」
東京都杉並区松庵3-38-19
11:30~15:30
18:30~カレー終了まで
火曜休み
TEL 03-5941-6733


今度はシェフのアラカルト料理も食べてみたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。