たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
ニルワナム 港区虎ノ門
2011年12月31日 (土) | 編集 |
神谷町にある「ニルワナム」さん。
南インド料理の超有名店です。
ちょっくらディナーでお邪魔しました。
(ランチの記事はこちら



ビルの2階にあります
nirvanam1112_01.jpg

実は(個人的に)かなりハードルの高い店でして・・・
1.ランチは平日のみ
2.ディナーはいつも予約で一杯
3.一人の予約は受けてくれない
結局は「当たって砕けろ」で飛び込むんだけどね(笑)



奇跡のショット!
nirvanam1112_02.jpg

奇跡的にお客さんのいない瞬間をパチリ。
店内には木の椅子とテーブルが並び、
エキゾチックな大人の雰囲気がむんむん。
窓からは東京タワーも挑められるので、
カップルさんはぜひ!(余計なお世話)



マサラドーサ 1,200円
nirvanam1112_03.jpg

nirvanam1112_04.jpg

でっ、でかい!
南インドの軽食であるドーサですが、
こりゃ軽食の範疇を超えているわ・・・
(写真を撮るのも大変)

皮はさくっとしていて、
中央部にジャガイモの香味炒めが入っています。
ココナツチャトニやサンバルと食べるのも楽しいね。
ただ、他の料理が入らなくなっちゃうので、
グループ一皿で十分かも。



レモンライス 1,000円
nirvanam1112_05.jpg

nirvanam1112_06.jpg

乱暴に言うとレモン風味のチャーハン(笑)
レモンのさっぱりとした酸味と
バスマティライスのふわっとした香りががいいね。
みじん切り玉ねぎと砕かれた豆が入っていて、
カリカリっとした食感がアクセント。
添えられたココナツチャトニが濃厚でまた旨し。



ゴアフィッシュカレー 1,500円
nirvanam1112_09.jpg

nirvanam1112_10.jpg

ローストされた魚の入ったカレーです。
サラリとしたソースは意外にスパイシー。
突出したスパイスはないのに、
バランスよく食べさせてくれます。
白身魚はタラかメルローサ。
ほろっと崩れて甘みが口に広がります。



チキンロースト 1,500円
nirvanam1112_07.jpg

nirvanam1112_08.jpg

ニルワナムのスペシャリテ。
大胆にローストチキンが2本入っています(スケキヨかよ)
ドロッとした濃厚なトマト味のソース。
でも、バターを使っていないせいのか、
重さを感じないのが不思議。
なんといってもローストされたチキンが香ばしく、
ボリュームいっぱいで食べ応えあり。
とてもパンチのあるカレーでした。


思わず唸ってしまう料理ばかりでした。
スパイスのバランスが良く、
なによりどの料理も丁寧に作られています。
最近は南インド料理も珍しくはないですが、
高級感という点では間違いなく頭一つ抜けてるね。
何を頼もうか悩んでしまうほどのメニュー数も魅力です。
ぜひまた来れたいいな。
どうもごちそうさまでした。


おまけ
nirvanam1112_11.jpg

会計時にサービスでいただいたインドスナック。
クミン風味の堅焼きねじり棒って感じ。
ビールのつまみにおいしくいただきました。
どうもありがとうございました。


「ニルワナム(nirvanam)」
東京都港区虎ノ門3-19-7
11:15~14:30(平日のみ)
18:00~22:00
日曜休み
TEL 03-3433-1217
http://nirvanam.jp/

みなさんにとって、
来年がいい年でありますように。
亜州食堂 チョウク 大阪市福島区
2011年12月29日 (木) | 編集 |
出張もなんとか終わり、
大阪の思い出作りにインド料理屋へ突撃!(またかよ)
目指すお店は「亜州食堂 チョウク」さん。
南インド料理の食べられるお店です。



かなり迷いました(泣)
chowk1112_01.jpg

いやー、迷った、迷った。
一番近くの新福島駅から向かったんだけど、
住宅街にポツンとお店がある感じ。
辿り着いたときにはホッとしました。



ミールス(クリックすると拡大します)
chowk1112_02.jpg

ディナーにもかかわらず、
ベジミールスは850円から(安い!)
しかもこの日は金曜限定のビリヤニもあって、
どっちにしようか迷うな~



本日のメニュー(クリックすると拡大します)
chowk1112_03.jpg

ふと黒板を見ると本日のスペシャルメニューを発見。
よしっ、旅の恥はかき捨てじゃ(用法が違います)
予定変更でノンベジミールスに決定!



ノンベジミールス 1,500円
chowk1112_04.jpg

葉っぱをかたどったグリーンの皿で登場!
バナナが添えてあるのが南インドって感じ(かな?)
ふつふつとテンションが上がりますね。



マトンキーマカレー
chowk1112_05.jpg

マトンの旨みがばっちりで、
クローブの香りがたってます。
コリアンダーリーフ(パクチー)が利いているね。



フィッシュカレー
chowk1112_06.jpg

ココナツミルクのフィッシュカレー。
軽い酸味が付けてあって、
思いのほかあっさりしています。
これもコリアンダーリーフ(パクチー)が利いています。



ダール
chowk1112_07.jpg

豆の優しい味わいのカレー。
こういうカレーは味噌汁代わり。
クミンが利いていますね。

これらのカレーをジャスミンライスにかけて混ぜ混ぜ。
ライタ(ヨーグルト)をかけてサッパリ。
これがミールスの醍醐味だよね。
そして見た目はコールスローのようなキャベツのポリヤル。
ココナツ風味でシャクシャクしていてなにげにおいしい!
アチャールはピリ辛のからし菜でした。


最後にバナナを食べて完食!
バランスのいい食事を採れたと大満足。
どれも丁寧に作られたカレーでしたね。
店員さんも真面目なのにフランクな接客で、
お店の雰囲気も良かったです。
ぜひまた来たいです。
どうもごちそうさまでした。


「亜州食堂 チョウク」
大阪府大阪市福島区福島2-4-17
11:00~15:00
18:00~21:00
日曜、月曜夜休み
TEL 06-6453-0020
http://chowk.pya.jp/
シンズ・キッチン 大阪市中央区
2011年12月27日 (火) | 編集 |
出張で新大阪に着いたのが夜9時半。
明日の会議のため英気を養おうと、
男はそれからインドカレー屋に向かうのです!



ビルの中にあります
singhskitchen1112_01.jpg

日本橋に着いたら、もう夜10時。
黒門市場を横目に慌てて探していたところ、
ビルの中に「シンズ・キッチン」さんがありました。
開いてて良かったよ~



少々妖しげな店内
singhskitchen1112_02.jpg

照明のせいか、インテリアのせいか?
元はスナックだったのかなという店内は、
少々アダルトな雰囲気。
ノリのいい店員さんが接客してくれました。
(今から思うとオーナーのシンさんだったかも)



セットメニュー(クリックすると拡大します)
singhskitchen1112_03.jpg


アラカルトメニューの一部(クリックすると拡大します)
singhskitchen1112_04.jpg

さっそくメニューを見たところ、
アラカルトからカレーを選べてこの値段。
ディナーにしてはお値打ちです。
でも、せっかくここまで来たのだから、
カレーが2種類選べる南インドセットにしました。
(どこが南インドなんだろ???)



パパドとチャツネ
singhskitchen1112_05.jpg

最初はサービスのパパドが登場。
なぜかグリーンチャツネとスイートチリも登場。
パパドに塗るためじゃないよなと、
後のタンドリー料理のためにとっときます。



スープ
singhskitchen1112_06.jpg

たっぷりのスープ登場。
しっかりしたチキン味で、
玉ねぎやニンニクが溶け込んでいます。
こりゃ、力になるわ。



タンドリー料理
singhskitchen1112_07.jpg

ジュージューと湯気を立てながら、
タンドリー料理の登場です。
こりゃえらいボリュームだわ。
シークカバブ・タンドリーチキンとも熱々で、
こりゃビールも頼むべきだったとプチ後悔。
先ほどのチャツネを付けるとまたおいしいね。



カレー登場
singhskitchen1112_08.jpg

タンドリー料理を食べ終わるとカレーの登場。
てっきり2種類かと思ったら、
3種類あったのはナニワの商人の心意気(か?)
でも、ライスの量が少ないなと思ったら・・・



ナン登場
singhskitchen1112_09_edited-1.jpg

少し遅れてナン登場。
お前でっかいな、おい!
もっちりとした薄めのナンで、
ところによってサクっとしています。
パンオタ風に言うとひきの強いタイプでした。



マトン
singhskitchen1112_10.jpg

あらためてカレーの紹介です。
角切りマトンがゴロゴロ入っていて、
ソースにもマトンの風味がついてます。
野趣あふれるカレーだね。
個人的な好みより塩気がやや強いかも。



ほうれん草とエビ
singhskitchen1112_11.jpg

どろっとしたほうれん草カレー。
ニンニクを利かせたパンチのある味わいで、
青菜の風味も残っています。
プリプリの小海老もゴロゴロでよかよか。
こちらも塩気がやや強いかも。



じゃがいもとオクラ
singhskitchen1112_12.jpg

野菜のカレーはじゃがいもとオクラ。
どろっと馴染んだ感じがいいね。
こういうドライなカレーって好きです。


途中で苦しくなりながらも、なんとか完食。
なんともパワフルなカレーでしたね。
また、入店したのが10時過ぎだったのですが、
その後もお客さんが来てほぼ満席(!?)
インド料理屋でディナーが繁盛するのは実力の証。
おかげで翌日の会議も乗り切れそうです(たぶん)
どうもごちそうさまでした。


「シンズ・キッチン(Singh's Kitchen)」
大阪府大阪市中央区日本橋 1-21-20
10:00~23:00
TEL 06-6632-4433
http://singh-kitchen.com/
デヴィコーナー 港区高輪
2011年12月24日 (土) | 編集 |
品川駅と泉岳寺駅の間にある「デヴィコーナー」さん。
どちらの駅からも徒歩5分ほどかな。
北インド料理の人気店であります。



駅からちょっと歩きます
DeviCourner1112_01.jpg

最近はさっぱりとした南インド料理が人気ですが、
こちらのカレーは濃厚でまろやかな北インド風。
初めて食べたときはその旨味に衝撃を受けました。
(思わず遠い目の私)



テーブル席オンリー
DeviCourner1112_02.jpg

店員さんはシェフも含めてインドの方のみ。
きちんと蝶ネクタイをした店員さんが出迎えてくれました。
席は二人掛けと四人掛けのテーブル席。
2階もありますが案内されたことないや(笑)



ホリデーランチメニュー(クリックすると拡大します)
DeviCourner1112_03.jpg

土日のランチメニューは2種類のみ。
うむむ。ドリンクは別でこの値段か・・・
(平日はもっと安いセットがあります)



アラカルトのカレーメニュー(クリックすると拡大します)
DeviCourner1112_04.jpg

せっかくなのでアラカルトから選ぶことにしました。
たまにはこんなプチ贅沢もいいよね?
ナンはガーリックナンでお願いします!
(うん、昼からにんにくパワー充填な私)


ガーリックナン 525円
DeviCourner1112_05.jpg

4等分にカットされた熱々のナン。
お上品にかごに盛られて登場です。
他の店でよく見かける、
ガーリックを振りかけてあるだけのナンとはちょっと違います。
(ここ試験に出ますよ)



ナンオープン!
DeviCourner1112_06.jpg

ふわっと焼かれたナンは折り畳まれていて、
内側にガーリックペーストが塗ってあります。
上品だけど、ところによってワイルドって感じで、
軽い食感なのでパクパクいけちゃいます。



ムルグパッカンパラク 1,260円
DeviCourner1112_07.jpg

選んだカレーはトマトバターのチキンカレー。
この店で初めて食べた思い出の味です。
ああ、記憶が美化されてなければいいけど・・・



カレーアップ!
DeviCourner1112_08.jpg

とても濃厚でクリーミー!
はちみつのような強い甘みがあり、
トマトのコクとほのかな酸味も。
タンドールで焼かれたチキンは柔らかく、
シャクシャクのほうれん草がアクセント。
こりゃ、衝撃を受けるはずだわ。



サラダ(サービス)
DeviCourner1112_09.jpg

サービスでサラダが出て来ました(サンキュー!)
サッパリとしたドレッシングがかかっており、
チリ玉ねぎがこの日一番辛い料理でした(笑)


パクパクと食べて完食!
頭に思い描いたどおりの北インドカレーでした。
いわゆるご馳走カレーですが、
この濃厚な味わいはクセになりそう。
昔の自分は正しかった(笑)
ぜひまた他のカレーも食べてみます。
どうもごちそうさまでした。


「デヴィコーナー」
東京都港区高輪3-24-21
11:30~22:30(ランチ 11:30~15:00)
年中無休
TEL 03-5793-7595
http://devi-group.com/devicorner/index.htm
トロパン トウキョウ 目黒区東山
2011年12月21日 (水) | 編集 |
池尻大橋駅から徒歩3分。
駅前商店街の中に「トロパン トウキョウ」さんはありました。
一昨年オープンしたパン屋です。



商店街に溶け込んでいます
tolo1112_01.jpg

外見は街のオシャレなパン屋さんですが、
この店の田中シェフは「デュヌラルテ」出身。
かなり凝ったパンの作り方をするんです。
そういう意味では結構マニアック系かも。



店内風景
tolo1112_02.jpg

tolo1112_03.jpg

きちんとディスプレイされたパンたち。
一つ一つ丁寧な説明書きがあるのも親切ですね。
お店の広さも丁度よく、
トング片手にじっくりパンが選べます。
あっ、つなぎを着た店員さんが居ると聞いていたのですが、
普通にかわいい女性店員さんが接客してくれました。



パン・オ・ショコラ 230円
tolo1112_06.jpg

tolo1112_07.jpg

なにっ、このドキッとするほどザクザクな食感は!
このハラハラと崩れる内層もたまらない。
バターの濃厚な香りとチョコの甘さが、
同時に口の中に広がります。



クイニーアマン 260円
tolo1112_08.jpg

tolo1112_09.jpg

こちらは外層はザクザクしていますが、
内層はしっとりしています。
上にかかったキャラメルクリームのほろ苦甘さと、
バターの風味がマッチング。
シナモンが隠し味。



レーズン&クリームチーズ 210円
tolo1112_10.jpg

tolo1112_11.jpg

生地はしっとり、
飛び出ているよクリームチーズ。
山ぶどうがたくさん巻き込まれていて、
その甘酸っぱさがよくあいます。



カカオと栗 240円
tolo1112_12.jpg

tolo1112_13.jpg

カカオ風味の生地はもっちりしていて、
意外に甘さ控えめです。
栗の渋皮煮が渋いね。



モダアン 180円
tolo1112_14.jpg

tolo1112_15.jpg

モダンなあんぱんなり。
あっさりとしたブリオッシュ生地に粒あん。
この粒あんがジューシーで甘さ加減もバッチシ。
(マテ茶を使ったと書いてあったけどよく分からんす)
洋風の大判焼きだね。



ヒガシヤマ(ハーフサイズ) 260円
tolo1112_04.jpg

tolo1112_05_20111211054821.jpg

“豆乳とお豆腐が入ったヘルシーパン”とのこと。
第一印象はフォカッチャを思い出しました。
皮は薄いながらも引きがありますね。
クラムはきれいな艶を帯び、
結構なしっとりもちもちさ。
素直でプレーンな味わいなので、
そのままでもパクパクいけちゃいます(だから太る・・・)


どのパンも個性的で面白かったです。
特にパン・オ・ショコラのザクザク感と
ヒガシヤマのしっとりさが印象的でした。
また、「デュヌラルテ」は日常のパン屋とは言い難いのですが、
こちらは普通に家族連れのお客さん達もいて、
すっかり地元に溶け込んでいるようです。
次来るときはハード系にチャレンジします。
どうもごちそうさまでした。


「トロパン トウキョウ(TOLO PAN TOKYO)」
東京都目黒区東山3-14-3
7:00~19:00
火曜休み
TEL 03-3794-7106