たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とんかつ丸一 大田区蒲田
2012年01月28日 (土) | 編集 |
本当にトンカツ屋の多い街、蒲田。
そのなかでも一番有名な「丸一」さんに行って来ました。
JR蒲田駅から徒歩5分ほど。



丸一でやんす
maruichi1112_01.jpg

店の外観の写真がないのは、
すでに行列していたから!
開店10分前で6番目か~
噂どおりの人気ぶりです。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
maruichi1112_02.jpg

行列中に店員さんから注文を尋ねられたので、
店頭にあったロースかつ定食を注文。
私の後ろのお客さんは尋ねられなかったよ???

まもなく時間どおりに扉が開いて、
奥へ奥へと入って行きます。
L字型カウンターで席は13席。
開店してまもなく満席御礼なり。



ロースかつ定食 1,100円
maruichi1112_03.jpg

行列中に注文を取っていた分は、
既に調理に取り掛かっていたみたい。
5分ほどでロースかつ定食の登場。
私の隣の方はじっと我慢の子でした(スマンね~)



ロースかつアップ!
maruichi1112_04.jpg

maruichi1112_05.jpg

分厚いトンカツじゃの~
厚みが2センチはあるんじゃないかな。
衣は少し揚げ過ぎかなと思いましたが、
中心部はうっすらとピンク色。

まずはレモンと塩でいただくと・・・、とても旨い!
溢れる肉汁、脂身の甘み。
どこを食べても、旨い、旨い、旨い!
肉の旨さがダイレクトに伝わってきます。

ソースは甘めでとろみのあるタイプ。
肉の味が濃いのでこのソースにも負けません。
豚汁はあっさりめで、香の物もたっぷり。
口の中の脂をリフレッシュしながらパクパク。


めっちゃ満足して完食。
間近でご主人の揚げ方を見ていましたが、
結構普通なんだけどな(これが達人か!)
いい意味で予想を裏切られました。
どうもごちそうさまでした。


おまけ こんな感じで行列です
maruichi1112_06.jpg


「とんかつ丸一」
東京都大田区蒲田5-28-12
11:00~14:00
17:00~20:00
日月祝と水曜昼休み
TEL 03-3739-0156
スポンサーサイト
ル・ルソール 目黒区駒場
2012年01月25日 (水) | 編集 |
駒場東大にある「ル・ルソール」さん。
メゾン・カイザー立ち上げにも関わった清水シェフが、
5年前に開いたパン屋です。(前回記事
夢よ、再び!



駅から徒歩3分ほど
leressort1112_01.jpg

景色に溶け込んだおしゃれな外観。
なぜかここだけおフランスざんす!
実際に外国人のお客さんもよく見かけます。



店内
leressort1112_13.jpg

きれいにパンがディスプレイされた店内。
売り場は厨房とつながっているので、
スタッフが働いている姿を眺められます。
うん、みんな頑張っているね~(おまえ何様?)



カヌレ 180円
leressort1112_02.jpg

leressort1112_03.jpg

フランス菓子があったのでつい購入。
プリンのようにもちもちしていて、
洋酒の香りがぷーん。
このむちむちはクセになりそう。



クグロフ 380円
leressort1112_08.jpg

leressort1112_09.jpg

フランスのアルザス地方のお菓子。
ふわっとしたブリオッシュ生地に、
レーズン・オレンジピール・ゆずピールが入っています。
ほのかなバターの風味とあいまって、
なんとも上品な味わい。



天然酵母のフォカッチャ 220円
leressort1112_10.jpg

色合いが普通のフォカッチャより濃いですね。
クラストはパリパリ、
クラムは気泡いっぱいで超もっちり。
後味にかすかな酸味。
オリーブオイルと塩味がついているので、
そのままでもパクパク。



プティトマトオリーブ 190円
leressort1112_06.jpg

leressort1112_07.jpg

こういう組み合わせに弱い私。
むぎゅっとした生地。
口の中でにオリーブの香りがぷーんと広がり、
止めがジューシーなドライトマトの濃厚な味。
あわせ技一本!



パン・オ・ショコラ 190円
leressort1112_04.jpg

leressort1112_05.jpg

表面はサクサク、中はしっとり。
内層に弾力のあるクロワッサン。
この店のクロワッサンは、
ザクザクよりもしなやかって言葉があいますね。
チョコのスイートビターが、
バターの香りを引き立てます。



クロワッサンアマンド 240円
leressort1112_11.jpg

leressort1112_12.jpg

表面がてかてかしたクロワッサン。
この正体はアプリコットじゃむじゃないかな?
ラム酒の利いたアーモンドクリームが挟んであって、
上はさっくり、底はしっとり。
なぞなぞの上は大水、下は大火事に似てるね(答え:お風呂)
贅沢な気持ちになれるクロワッサンアマンド。


いやー、うまかった!
パリの雰囲気を感じるパンたち。
それに加えて素敵な接客。
人気のある理由もよくわかります。
次はフィリングがおしゃれなサンドを食べたいですね。
どうもごちそうさまでした。


「ル・ルソール」
東京都目黒区駒場3-11-14 明和ビル1F
8:00~19:00
月火休み
TEL 03-3467-1172
関連記事
カマルプール 江東区東陽
2012年01月21日 (土) | 編集 |
木場にある本格インド料理の「カマルプール」さん。
お店の方がダバインディア出身だけあって、
ただいま人気急上昇です。
(前回ディナーの記事はこちら



昼のカマルプール
kamalpool1201_01.jpg

ランチは平日のみなのですが、
たまたま訪れることが出来ました。
これも普段の心がけなんでしょうかね(ないない)



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
kamalpool1201_02.jpg

kamalpool1201_03.jpg

辛口・中辛・マイルドのカレーが用意され、
それを組み合わせる形みたいですね。
この辺もダバの平日ランチぽいです。


カレー2種類セット(800円)+ナンをチーズクルチャに変更(+100円) 
kamalpool1201_04.jpg

意表を突くターリー皿での登場です。
何も考えずカレー2種類のセットにしましたが、
3種類にすればよかったよ。
ナンはチーズクルチャに変更しました。
これは食いしん坊の鉄則です(笑)



チーズクルチャアップ!
kamalpool1201_05.jpg

小振りな円形のクルチャの中には、
溢れんばかりにチーズがタップリ!
クルチャにはガーリックの風味がつけてあって、
濃厚なチーズによくあいます。
これは変更しないと損ですよ!



ペッパーチキンカレー(辛口)
kamalpool1201_08.jpg

kamalpool1201_09.jpg

ごろんとチキンの入ったカレー。
濃ゆいスパイスの香りの正体は、
ブラックカルダモンだね。
ブラックペッパーの切れの良い辛さが心地よく、
見た目によらず凝ったカレーでした。



オイスターカレー レモンリーフの香り(中辛)
kamalpool1201_06.jpg

kamalpool1201_07.jpg

意表を突くグリーン色のカレーです。
パクチーかしらんと恐る恐る口に運ぶと、
ミントチャツネのような爽やかな風味!
マスタードシードのプチプチ感や、
クミンシードの香りがアクセント。
もちろん牡蠣はプリプリ。


とても華やかなカレーでした。
スパイスをふんだんに使いながらも、
刺々しくなく、食べやすく。
そしてチーズクルチャは鉄板だよな~

ランチでこの店の良さを再確認したので、
次回はディナーで訪問します。
どうもごちそうさまでした。


「カマルプール」
東京都江東区東陽3-20-9
11:30~14:30(土祝ランチ休み)
17:00~23:00
日曜休み
TEL 03-5633-5966
ぷあん 杉並区西荻窪
2012年01月18日 (水) | 編集 |
西荻窪にある「ぷわん」さん。
地元密着型のタイ料理屋です。
大通りから入ったところにあるので、
看板を見落とさないように注意せねば。



いかにも路地裏風
puan1112_01.jpg

民家を改築しているので、
親しみやすい雰囲気ありありです。
店名が平仮名ということもあって、
タイ料理屋って感じじゃないですね。



喫茶店風?
puan1112_02.jpg

一昔前の喫茶店風かな(笑)
四人掛けのテーブル3卓とカウンター席。
なんと二階席もあるとのことでした。


ランチメニュー(クリックすると拡大します)
puan1112_04.jpg

もちろんランチはタイ料理。
(台湾料理の魯肉飯もありますが)
でも何を注文するかは決めているんです。



土日祝限定メニュー(クリックすると拡大します)
puan1112_03.jpg

そう、狙っていたのはカオソイ。
ココナツカレー風味のラーメンです。
ラーメン好き好き、小池さん(なんのこっちゃ)
お約束でライスもお願いしました。


カオソイ 900円(+100円でライス)
puan1112_05.jpg

丼でカオソイがドーン!
間違いなくスゴイボリュームです(たじたじ)
卓上にはタイ料理屋の定番調味料がありましたが、
辛いですよとラー油も出していただきました。



カオソイアップ!
puan1112_06.jpg

めっちゃ濃厚なスープ!
デフォルトはまったく辛くなくて、
ココナツミルクとスパイスがまろやかに利いています。
麺は太めでしっかりした噛み応え(コシはまあまあ)
上に乗った揚げ麺との食感の違いを楽しみます。



チキンアップ!
puan1112_07.jpg

豪快な骨付きチキン入り。(しかも2本)
よく煮込まれているので、
身が骨からきれいに取れますね。
これだけでもボリュームあり。



薬味アップ!
puan1112_08.jpg

薬味は、レモン,紫玉ねぎ,高菜。
濃厚なスープに少々飽きてきた頃、
これらの薬味を入れて味チェンジ。
さっぱりし、シャキシャキで楽しいね。
最後はラー油も入れて辛口モード。
パサパサのライスは少々残念でしたが、
スープに入れちゃえばタイカレーおじや(?)



デザート
puan1112_09.jpg

最後に汗をかいちゃったからね。
甘いスイーツで癒されます。
バナナとりんご。


濃厚なスープで食べ応えのあるカオソイでした。
(ある意味ではフォーと真逆かも?)
お店の雰囲気はユルキャラ風なので、
のんびりとタイ料理を楽しめます。
カウンター席があるのでお一人様でも大丈夫だしね。
どうもごちそうさまでした。


「ぷあん」
東京都杉並区西荻南2-24-1
12:00~15:30
18:00~22:30
月曜休み
TEL 03-5346-1699
とんかつ天山 中央区新川
2012年01月14日 (土) | 編集 |
茅場町駅から徒歩5分ほど。
とんかつの「天山」さんはありました。
ブタさんシェフがトレードマーク。



マンションの一階にあります
tenzan1112_01.jpg

店前にランチメニューがあって、
安心(?)して入れます。
中に入ってびっくりの店もあるもんね、東京は・・・



小ぎれいな店内
tenzan1112_02.jpg

意外に若い店主と店員さんが出迎えてくれました。
とんかつ屋らしからぬ小ぎれいな店内。
テーブル席がほとんどなので、
混んでいるときは相席になるかもしれませんね。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
tenzan1112_03.jpg

手頃な価格のランチメニュー。
王道のロースかつ定食を注文しました。
それにしても銘柄豚っていろいろあるのね。
注文が入ってから揚げ始めるようで、
しばし待つこととします。




調味料
tenzan1112_05.jpg

甘口と辛口のソースが二種類、岩塩、醤油、ドレッシング、etc・・・
いろいろな食べ方が出来るのがうれしいね。
個人的には塩と辛口ソースが好みでした。



ロースかつ定食 1,000円
tenzan1112_04.jpg

とてもオーソドックスだけど、
丁寧さが伝わってくるんです。
「塩とレモンで食べてもおいしいですよ」と、
声をかけてくれるのもいいね。



ロースかつアップ!
tenzan1112_06.jpg

さくっとザクザクの衣。
脂身部分が甘い!
赤身部分はきっちり肉って感じで、
歯切れのいい豚肉ですね。
霜降り肉とは違いますが、
豚肉のおいしさを堪能できました。

ご飯と味噌汁もおいしくいただいて完食。
バランスの良いとんかつ定食でしたね。
お店の雰囲気と相まって、
気持よく食事を楽しむことが出来ました。
帰りには持ち帰り用のコーヒーをもらいましたよ。
どうもごちそうさまでした。


「とんかつ 天山」
東京都中央区新川1-16-7
11:00~14:30
17:00~21:00
日曜休み
03-5541-0033
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。