たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
鴻(オオドリー) 千代田区神田小川町
2012年03月31日 (土) | 編集 |
神保町にある「鴻(オオドリー)」さん。
東京では珍しいスープカレーのお店です。
有名な「エチオピア」の隣にあります。



意外とレトロ風
oodori1203_01.jpg

B級な中華料理屋のような外観(失礼!)
しつこいけどスープカレーのお店です。
でもオオドリーといったら、
やっぱりお笑いコンビ?(それはオードリー)



2階席でごわす
oodori1203_02.jpg

中は意外にも落ち着いた喫茶店ちっくな感じ。
入って左手には大テーブルが並んでいて、
右手はロフトのような2階席。
ちょっと変わった造りです。
壁にはオードリー・ヘップバーンの写真もありました(笑)



メニュー(クリックすると拡大します)
oodori1203_03.jpg

当然メニューはスープカレーのみ。
スープは“豚骨の黒”か“鶏の赤”かを選べます。
カレーはヘルシーな野菜を選ぶとして、
あとは辛さをどうするか?
自分、へたれなので2辛でお願いしました。



野菜カリー(黒,2辛) 800円
oodori1203_04.jpg

可愛いしずく型の器で登場。
黒スープは豚骨ベースとありましたが、
臭みは全くありませんね。
コクと野菜の旨味が溶け出しています。
2辛は意外にもスパイシーな辛さ。



具をアップ!
oodori1203_05.jpg

具の野菜は大振りにカットされた、
ジャガイモ・人参・ナス・ブロッコリー・ピーマン。
きちんと下処理されていて、
ホクホクやシャクッとした食感を楽しめます。

あと意外と侮れないのはライスかな。
なんてことない白米ですが美味しいです。
気さくにお代わりを頼めるのもうれしいね。


じんわりと汗をかきながら完食。
後口が爽やかなのはスープカレーならでは。
スープカレーはあまり(ほとんど?)食べないのですが、
このヘルシーな食後感はクセになりそう。
店員さんの接客も誠実さが感じられ、
トータルでもいい店だなと思います。
どうもごちそうさまでした。


「スープカレー屋 鴻(オオドリー)」
東京都千代田区神田小川町3-10-18
11:00~15:30、17:00~22:30(平日)
11:00~16:00、17:00~21:30(日祝)
※ラストオーダーは30分前
不定休
TEL 03-5280-8228
関連記事
ダバインディア 中央区八重洲
2012年03月29日 (木) | 編集 |
南インド料理店の「ダバインディア」さん。
もう何度もお邪魔してますが、
今回初めて平日ランチにチャレンジです。



平日は11:15オープンです
dhabaindia1202_01.jpg

いつも休日ランチかディナーだったんですよね。
(土日休みのサラリーマンですから)



平日ランチメニュー(クリックすると拡大します)
dhabaindia1202_02.jpg

平日カレーは辛口・中辛・甘口の3種類。
どうせなら全部食べてくれるわ、ワハハ~
って訳で、ランチミールスをオーダーしました。



ランチミールス 1,200円
dhabaindia1202_03.jpg

やっぱりミールスは見栄えがいいなー
ライスを中心に赤・緑・黄の3色カレー。
更にはサンバルとラッサムが助っ人で参戦。



マトンカレー(辛口)
dhabaindia1202_04.jpg

本日の辛口カレーは、マトンと大根のカレー。
トマト風味がしっかりしていて、
コクのある味わいはピーナッツマサラ(らしい)
柔らかいマトンがさすがの出来栄え。



チキンカレー(中辛)
dhabaindia1202_05.jpg

本日の中辛カレーは、ニルギリチキン。
ニルギリ(地名)風チキンカレーってことかな?
さらっとしたソースは、
ミントとコリアンダーのクールな香りに、
ココナツミルクの植物の甘さ。
こういうカレーをランチで出すのがこの店のスゴイところ。



豆カレー(甘口)
dhabaindia1202_06.jpg

本日の甘口カレーは、ダルカレー。
どろりとした豆の濃厚な味わい。
でも重くないのは豆のいいところ。
隠しスパイスはメティリーフ。


どれもダバらしい凝ったカレーでした。
アラカルトのカレーよりスパイスが控えめなのは、
ランチの食べやすさを優先しているためかも。
とはいえ、さすがの出来栄え。

この日見直したのは「バトゥーラ(揚げナン)」
ふわふわして香ばしくて、
君はこんなにおいしかったっけ?
チャトニを付けて食べるとプチ幸せ。
どうもごちそうさまでした。


「ダバインディア」
東京都中央区八重洲2-7-9 相模ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00~15:00、17:00~22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-3272-7160


ただ、ミールス(南インド定食)というよりも、
ターリー(インド定食)かなと思います。
出町ふたば 京都市上京区
2012年03月27日 (火) | 編集 |
久し振りに京都に行って来ました!
名古屋にいたときは年に数回訪問していたのですが、
思い返せばパン屋さん中心でした(笑)



金閣寺
kinnkakuji1203_01.jpg

視界が開けて金閣寺が目に入ると、
どの国の観光客も思わずテンションがあがります。
「成金も ここまでくれば 本物だ」



龍安寺石庭
ryoanji1203_01.jpg

みんな縁側でひなたぼっこ。
ちなみに傘を持っての入場はできません。
以前バゲットを持って入ろうとしたら、
尖っているので注意してくださいと言われました(笑)


で、下鴨神社にお参りするついでに、
出町柳の「ふたば」さんに寄り道。
人気のお饅頭屋さんですね。

なんじゃ~
demachifutaba1203_02.jpg

パチンコの新装開店の人混みかと思いきや、
なんと饅頭を買い求める人たちでした!
お店の前につづら折りに5列なり。



忙しそうな店内
demachifutaba1203_03.jpg

白衣を着た店員さんたちが飛び回っています。
これだけの客を捌くのも大変だよな。
結局30分ほどかかりましたが、
思いのほか順調に任務完了。



豆餅 170円
demachifutaba1203_04.jpg

皮のポチポチは赤えんどう豆。
ほっくりと炊かれていて、
豆の風味が口の中に広がります。
餡は上品な甘さのこしあん。
これらが合わさると甘塩っぱいわけですね。
餅は柔らかくて、伸びるよ~



田舎大福 180円
demachifutaba1203_05.jpg

京で田舎とはこれ如何?
濃厚な草臭いよもぎの香り。
餡は粒あんで力強く、
よもぎの風味に負けていません
餅は豆餅に比べて弾力があり、
一噛みごとによもぎと餡のせめぎ合い。


京都で和菓子というと雅な感じがしますが、
いい意味で庶民的な大福でした。
甘さは意外と控えめなので、
素材の良さが感じられます。
常に出来立てが買えるのも、
おいしさの秘密かもしれませんね。
どうもごちそうさまでした。


「出町ふたば」
京都市上京区出町通今出川上る青龍町236
8:30~17:30
火曜・第4水曜休み(祝日の場合は営業、翌日休み)
TEL 075-231-1658
ファリダバッド 大田区蒲田
2012年03月24日 (土) | 編集 |
蒲田のインド料理屋「ファリダバッド」さん。
以前たまたま前を通りかかったころ、
店先のメニューが良さ気だったので、
改めてランチでお邪魔しました。



アロマプラザ前の通りにあります
faridabad1203_01a.jpg

木目調の外観がおしゃれです。
でも店先のメニューは本格インド料理。
最近のインド料理屋は小ぎれいだよなと一人合点。



カフェ風の店内
faridabad1203_02a.jpg

お店の中はもっとおしゃれだった(笑)
入り口をガラスにして明かりが差しこむようにしたり、
調理場を木目で囲ったりと工夫されてますね。

店員さんはインド人(?)シェフが2名、
接客の日本人女性が1名。
思ったよりも席数はなく、
壁に沿ってテーブルが並んでいます。



ホリデーランチ(クリックすると拡大します)
faridabad1203_03.jpg

休日ランチは3種類。
選べるカレーは5種類(マトン・チキン・野菜・海老・豆)
せっかくなので3種類カレーセットを注文しました。
人間欲張りだもの(笑)



3種類カレーセット 1,300円
faridabad1203_04.jpg

ターリーで登場。
上品にまとめられていますね。
カレーがどれも本格的なので、
心の中で小さくガッツポーズ。



マトンカレー
faridabad1203_05.jpg

パンチのあるペッパーの辛さ。
ソースにはマトンの旨みが溶け出しており、
きちんとスパイスも香ります。
具のマトンがジューシーなのも好印象。



野菜カレー
faridabad1203_07.jpg

意表をついたドライタイプ。
野菜はナス・ジャガイモ・ミニトマト。
じゃがいもはホクホクで、
ナスは油通ししてあります。



海老カレー
faridabad1203_08.jpg

バターマサラがなめらかでクリーミー。
トマトの酸味が軽やかで、
重すぎないので食べやすい。
海老は1匹プリっとしたのが入ってましたよ。

フワモチっとした熱々ナンとイエローライスもパクパク。
いい感じ。



チャイ
faridabad1203_09.jpg

食後のドリンクはチャイ。
砂糖はスプーン3が私の基本(だから・・・)
きちんとスパイスが利いてました。


丁寧に作られたカレーでした。
カレーのベースもカレーごとに変えているし、
スパイスもケチってないし。
これならディナーも間違いなさそう。
ただ、料理の提供はゆっくり目みたいなので、
出来立てが食べられると思って少し我慢しよう。
今度はアラカルトに挑戦しますよ。
どうもごちそうさまでした。


「ファリダバッド」
東京都大田区蒲田5-43-6
11:30-14:00
17:00-22:00(土祝は21:00まで)
日曜休み
TEL 03-3736-2811
関連記事
ottoパン 品川区中延
2012年03月22日 (木) | 編集 |
中延にある可愛いパン屋「ottoパン」さん。
昨年祐天寺から移転されたばかりです。
商店街を抜けた緑道沿いにその店はありました。



最寄り駅は東急荏原町
otto1203_01.jpg

こぢんまりとした可愛らしい外観。
シェフは五反田の「アリエッタ」で修行された方。
ちなみに男性ですよ~



白が基調の店内
otto1203_02.jpg

二人も入ればいっぱいの店内。
パンはお店の雰囲気どおりソフト系が中心ですね。
クロワッサンやデニッシュがないのは、
修行先の影響でしょうか。
ライ麦の入ったパンもやさしい外観。



バゲット 270円
otto1203_03.jpg

otto1203_04.jpg

スリムで細長い男前の外観。
しっかり焼きこんであり、
クラストはガリガリ。
クープは浅めで歯切れがよく、
自然な粉の甘みがパッと舌に広がります。
対称的にクラムはもっちり。



松の実パン 200円
otto1203_05.jpg

otto1203_06b_20120304085108.jpg

この店のスペシャリテ(?)
クラストが薄めでソフトなパン。
軽めの生地からは蜂蜜の香り高い甘み。
「アリエッタ」で修行されたことが伺える逸品。
松の実が素朴な香ばしさ。



トマトオリーブ 290円
otto1203_07a.jpg


otto1203_08.jpg

いかにもイタリアっぽいパン。
濃厚なトマトとオレガノの風味が、
まるでピザのよう。
丸ごと入った黒と緑のオリーブはジューシーで、
気分はますますイタリアン。


お店の雰囲気そのままに、
優しさが伝わってくるパンでした。
どのパンも丁寧に作られていて、
キラリとセンスを感じさせます。

天気のいい日は、
緑道においてあるベンチで食べるのもいいかも。
どうもごちそうさまでした。


「otto(オット)パン」
東京都品川区中延5-9-10
10:00~18:00
月曜、第2,4火曜休み
TEL 03-5498-0255
http://ottopan.com/