たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
中華香彩JASMINE(ジャスミン) 渋谷区広尾
2012年04月28日 (土) | 編集 |
高級住宅街のイメージがある広尾(私だけ?)
そんな広尾に昨年オープンしたオシャレ中華に行って来ました。
その店の名前は「JASMINE(ジャスミン)」さん。



明治通り沿いにあります
jasmine1204_01.jpg

うん、中華料理屋には見えないね。
普通に店前のテーブルでお茶してそうだわ(笑)
男一人で入り易いっていうか、入り難いっていうか。



ムードあります
jasmine1204_02.jpg

(いい意味で)中華料理屋らしくない店内。
照明は抑えめですが
外窓からの光のおかげで明るいね。
店員さんはみな日本人でした。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
jasmine1204_03.jpg

ホリデーランチは1,500円から。
よだれ鶏や麻婆豆腐に惹かれながらも、
海老と春野菜のあんかけご飯を注文しました。
いやー、海老星人なもので(笑)



中国漬物
jasmine1204_04.jpg

卓上には中華風の大根の漬物。
八角の利いた中華風醤油味。



前菜2種
jasmine1204_05.jpg

山椒オイルのピリッとした風味のもやしナムル。
湯引き烏賊は下味がついて適度な歯応え。
間を取り持つのはパクチー(ゲッ)



海老と春野菜のあんかけご飯
jasmine1204_06.jpg

jasmine1204_07.jpg

どんなあんかけかなとドキドキしてましたが、
やさしい味わいの白湯あんかけ。
具は人参・白菜・筍・キクラゲ・くわいといった野菜の他に、
春を感じさせる菜の花。
もちろんプリッとした海老も入っていて、
海老星人の私も満足。
濃厚なコーンスープや杏仁豆腐もおいしかった。

意外なボリュームに驚きながらも完食。
スタイリッシュだけどゆったりしているので、
色々なシチュエーションで使えそうです。
次はよだれ鶏か麻婆豆腐だなと早くも決意。
どうもごちそうさまでした。


「中華食彩 JASMINE(ジャスミン)」
東京都渋谷区広尾5-22-3
11:30~15:00(LO 14:30)
18:00~23:00(LO 22:00) 
TEL 03-5421-8523
http://jasmine310.com
SAWAMURA広尾店 港区南麻布
2012年04月26日 (木) | 編集 |
昨年広尾にオープンした「SAWAMURA」さん。
軽井沢に本店のある実力派パン屋さんです。
東京に殴りこみというわけですな(ちゃうちゃう)



外苑西通り沿いにあります
sawamura1204_01.jpg

朝から店内は活気がありました。
特にカフェコーナーは盛況ですね。
置いてあるパンは本格的で、
カンパーニュやクロックムッシュもありました。



BIOバゲット 340円
sawamura1204_02.jpg

sawamura1204_03.jpg

ビオ(biologique:オーガニック)の粉で作られたバゲット。
クラストはガリっと堅いが、
スラリとした形のおかげで歯切れ良し。
最初に粉の香ばしさが鼻に抜け、
後から滋味深い甘みが口の中に広がります。
見かけのよらず濃厚な味わいのバゲット。
旨い!(ちょっと高いけどね)



クルミとカレンズのカンパーニュ 280円
sawamura1204_04.jpg

sawamura1204_05.jpg

こちらは天然酵母のパン。
もっちりとしたクラムには、
カレンズ(干し葡萄)と細かく砕かれたクルミがたっぷり。
嫌な酸味がほとんどなく、
野趣あふれるドライケーキって感じ。



沢村カレーパン 250円
sawamura1204_06.jpg

sawamura1204_07.jpg

まるでマフィンのようなカレーパン。
揚げるのではなく焼いてるんだって。
意外とひきの強いパン生地の中には、
スパイシーで濃厚なドライカレー。あり、
後を引くおいしさ。


場所がら値段は少々高めでしたが、
期待通りの本格的なパンでした。
特にバゲットはかなりのレベルの高さ。
私も優雅に朝カフェしてみたいです。
どうもごちそうさまでした。


「SAWAMURA広尾店」
東京都港区南麻布5-1-6
7:00~22:00
無休
TEL 03-5421-8686
http://www.b-sawamura.com
コチンニヴァース 新宿区西新宿
2012年04月24日 (火) | 編集 |
西新宿にある「コチンニヴァース」さん。
少しマニアック(?)な南インド料理店です。
新宿からだと少し遠いかな。



住宅街にあります
cochinnivas1204_01.jpg

最寄りの西新宿五丁目駅から歩いたけど、
正直道に迷ったよ。
ふとスパイスの香りが漂ってきて、
そこが「コチンニヴァース」さんでありました。
結果オーライ!



こぢんまりしてます
cochinnivas1204_02.jpg

カウンター3席、二人掛けテーブル2卓、四人掛けテーブル1卓。
店員さんはインド人シェフと奥さん(日本人)の2人だけ。
店内はインドインドしてなくて、
例えるなら中華料理屋のようでした。



カレーメニュー(クリックすると拡大します)
cochinnivas1204_03.jpg

cochinnivas1204_04.jpg

土日祝はランチメニューはないので(ちと残念)、
アラカルトメニューからの選択です。
なんとなく南インドらしいとの直感だけで、
まずマラバールチキンカレーを選択。
あと、面白そうなアルゴビライスをお願いしました。

ヒンディー語(?)の鼻歌を歌いながら、
中華鍋を振るうご主人。
なんだかユニークです(笑)



マラバールチキンカレー 1,000円
cochinnivas1204_05.jpg

cochinnivas1204_06.jpg

意外とまろやかなカレーソース。
少し変わったスパイスの香りがするな。
骨付きチキンとほくほくジャガイモ。
具は後からソースに絡めているのですが、
程よい一体感。



アルゴビライス 1,050円
cochinnivas1204_07.jpg

アルゴビとはじゃがいもとカリフラワーのこと。
ほっくりしていて素朴な野菜って感じ。
鉄鍋で炒められたバスマティライスは薄味で、
スパイスがうっすらと香ります。
ほんの少しアルデンテてピラフのような味わい。


なんだか不思議体験のインド料理でした。
住宅街に唐突にあるお店、
家庭的であり、中華的(?)であり、
そしてシェフの鼻歌(笑)
奥の深そうなお店です。
どうもごちそうさまでした。


「コチンニヴァース」
東京都新宿区西新宿5-9-17
11:30~14:30
17:30~21:30
火曜休み
TEL 03-5388-4150
燕楽 大田区池上
2012年04月21日 (土) | 編集 |
池上にあるとんかつ屋「燕楽」さんに行って来ました。
新橋の「燕楽」の暖簾分け店になります。
さて、“青は藍より出でて藍より青し”となるのか?



庶民的な外観
enraku1204_01.jpg

池上駅から徒歩3分ほど。
けっして気取りはありませんが、
年季を感じる外観です。



カウンター
enraku1204_02.jpg

ご家族(たぶん)が出迎えてくれました。
カウンター8席、奥にテーブル。
あと団体さん用に2階席。
開店まもなく満席になったのにはビックリ。



メニュー
enraku1204_03.jpg

千円前後のお値打ちメニューと、
二千円メニューの2本立て。
せっかくここまで来たのて、
ロース定食をがっつり頼むか!



ポテトサラダと漬物
enraku1204_04.jpg

enraku1204_05.jpg

香り高いほうじ茶をすすっていると、
まずポテトサラダと漬物が出て来ました。
どちらも自家製だそうで。
ビールを頼んどきゃ良かったと思ったのは内緒(笑)



ロース定食 2,000円
enraku1204_06.jpg

カウンターの向こうから御免なさいで登場!
具沢山の豚汁がうれしいね。
しだれ柳のようなキャベツもいいね。



ロースかつアップ!
enraku1204_07.jpg

丁寧な仕事だな。
肉の厚みは2センチほど。
まずは真中部分を一切パクリ。
ぷりっとした弾力があり、
意外とあっさりした味わい。
次に端の部分を一切食べると、
脂身の甘みがジュワ。


予想以上のボリュームにタジタジながら完食。
きちんと肉汁を味わえるとんかつでした。
お店の雰囲気もキリッとしながらアットホーム。
唯一の欠点は少し待つことくらいかな(私は待つけど)
どうもごちそうさまでした。


「燕楽」
東京都大田区池上6-1-4
11:00~14:30
17:00~21:30
月曜休み(祝日の場合は翌火曜休み)
TEL 03-3754-8243
ダバインディア 中央区八重洲
2012年04月19日 (木) | 編集 |
東京で一番通っている「ダバインディア」さん。
知り合いからお薦めのインドカレー屋を尋ねられたら、
まず行ってみたらと答える店です。(安牌ってことよ)



交通便利!
dhabaindia1204_01.jpg

この店の売りはもちろん“南インド料理”
特にミールス(南インドの定食)は大人気メニュー。
でも平日と休日、ランチとディナーでは、
ちょっとずつ内容が違うんです。
今回はそれをご紹介。



平日ランチミールス 1,200円
dhabaindia1204_02.jpg

お値打ちな平日ランチミールス。
カレーは日替わり3種類+サンバル+ラッサム。
ライスはインド米ではなく日本米。
お代わりはすべて有料になります(残念)
前にも書きましたが、
ミールスというよりターリーかな。



ホリデーランチミールス 1,600円
dhabaindia1204_03.jpg

バナナの葉っぱが雰囲気出てます。
カレーはチキン・海老・ポリヤル・サンバル・ラッサム。
それにインドデザートがついてきます。
ライスはパラリとしたバスマティライス。
そしてサンバル・ラッサム・ライスはお代わり自由(これ重要!)



ホリデーランチミールス(ベジ) 1,600円
dhabaindia1204_05.jpg

ミールスはベジでオーダーすることも出来ます。
(インドではベジタリアンが多いのよ)
海老が野菜、チキンがヨーグルトにチェンジ。
酸っぱいチャツネとピーナッツマサラもついて来ました。



ディナーミールス 2,100円
dhabaindia1204_04_20120415074248.jpg

これぞ、完成形の布陣(?)
ほうれん草プーリー(揚げナン)が追加。
さらにデザートがフィッシュカレーに変更。
ディナーでこの価格だと、
なんだか安く感じるのが不思議(笑)


少しずつ内容が異なるのが分かりましたか?
私のお勧めはホリデーランチミールス(ディナーも可)
ライスがバスマティライスで、
サンバル・ラッサム・ライスがお代わり自由なのはデカイわ。

贅沢を言うとプーリーは要らないやとか、
バスマティライスの香りが弱いかなとかありますが、
立地・雰囲気・接客・味・値段を考えると最強だと思います。
どうもごちそうさまでした。


「ダバインディア」
東京都中央区八重洲2-7-9 相模ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00~15:00、17:00~22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-3272-7160