たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
佐藤養助 中央区銀座
2012年05月30日 (水) | 編集 |
銀座にある「佐藤養助」さん。
秋田に本店のある稲庭うどんの老舗です。
その直営店(しかも銀座!)にお邪魔しました。



有楽町と新橋の間ぐらい
satoyosuke1205_01.jpg

店構えはごく普通かな。
でも店内に入って少々ビックリ。
ソファー席もあったりして、
少し照明を落とした雰囲気はザ・銀座(かな?)
男性店員さんも白衣を着てたりね。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
satoyosuke1205_02.jpg

ランチメニューはうどんばかり(当たり前)
普通の人ならせいろやぶっかけを頼むでしょうが、
面白そうなタイ風グリーンカレーで決定。
もちろん大盛りでお願いしました。



タイ風グリーンカレー 1,100円
satoyosuke1205_03.jpg

せいろの上にきれいに盛られた稲庭うどん。
グリーンカレーはつけ麺風なのね。
お新香にいぶりがっこが出るのも素敵。



うどんアップ!
satoyosuke1205_04.jpg

見よ、この艶かしい盛り付け!
冷水で締められた滑らかなうどんは、
するすると喉を通り胃袋へ一直線。
まるで素麺や冷麦のようにチュルチュル。
コシで勝負の讃岐うどんとは違うんだね。



グリーンカレーアップ!
satoyosuke1205_05.jpg

熱々のグリーンカレー。
サラっとしていて、
ハーブの香りが楽しめます。
しょっつるを使っているとのことで、
塩気が利いてました。
具の比内地鶏は弾力あり。


締めはご飯にカレーを投入して完食。
上品な稲庭うどんにスパイシーなグリーンカレー。
老舗うどん屋の柔軟な発想に感服しました。
第二弾はトムヤンクンなんてのもいいかもね(おいおい)
どうもごちそうさまでした。


「銀座 佐藤養助」
東京都中央区銀座6-4-17
11:30~15:00
17:00~02:00(土日祝は22:00まで)
年中無休
TEL 03-6215-6211
http://www.sato-yoske.co.jp/ginzaten.htm
スポンサーサイト
ニルワナム虎ノ門店 港区虎ノ門
2012年05月26日 (土) | 編集 |
南インド料理の人気店「ニルワナム」
その2号店がオープンしたのが今年2月。
ようやく今月お邪魔しました(仕事遅いね~)



ビルのB1Fにあります
nirvanam1205_01.jpg

入り口はビルの裏側にあります。
表の外堀通りとは反対側になるので、
ちょっと分かり難いよ。
ファミリーマートが目印かな。



店の入口
nirvanam1205_02.jpg

正直新しいビルではないので、
入口の雰囲気は寂れた居酒屋風(失礼)
この店の評判を知らないと入るのに躊躇するな。



小ぎれいな店内
nirvanam1205_03.jpg

nirvanam1205_04.jpg

店に入ると今までの不安は一掃。
意外と広い店内は落ち着いた雰囲気です。
最近のインド料理屋さんは怪しい雰囲気がないね~

ざっとメニューを見たところ、
本店との違いは無いみたい。



マラバー・シュリンプ・カレー 1,400円
nirvanam1205_05.jpg

nirvanam1205_06.jpg

マラバール地方のカレー。
ソースを口に含んだ途端、
ココナツの甘い香りが広がりました。
サラッとしていてふわっとした食感。
そう、まろやかになったグリーンカレーみたいな味わい。
プリプリのエビが6匹も入っていて大満足。



レモンライス 1,000円
nirvanam1205_07.jpg

nirvanam1205_08.jpg

8割の確率で注文してしまうレモンライス。
パラリと炒められたバスマティライスからは、
ほんのりとしたレモンの香り。
プチプチのマスタードシード、カリカリのお豆。
カレーリーフやコリアンダーの香り。
付け合わせのココナツチャトニはクリームみたい。



デザート
nirvanam1205_09.jpg

サービスで出していただいたデザート。
名前はわからない(笑)
ざらっとした寒天入りのプディングみたい。
レーズンとスライスアーモンドがアクセント。


さすがはニルワナム、
高級感あふれる料理がいただけました。
まだあまり知られていないようですが、
人気店になること間違いなし。
それまでコツコツ通いたいと思います。
どうもごちそうさまでした。


「ニルワナム 虎ノ門店」
東京都港区虎ノ門1-1-20
11:15~14:30
18:00~22:00
日曜休み
TEL 03-5510-7875
http://nirvanam.jp
味噌煮込罠 (みそにこみん) 文京区本郷
2012年05月23日 (水) | 編集 |
名古屋では普通に食べていたのに、
最近見かけない食べ物。
味噌カツ、手羽先、ひつまぶし、etc・・・
そんな中、味噌煮込みうどんが食べられると聞いて、
本郷までやって来ました。



路地裏にあります
misonikomin1204_01.jpg

その店の名前は「味噌煮込罠」さん。
“みそにこみん”と読ませるのが可愛いわな(笑)
店は大通りから入ったところにあるので、
偶然たどり着く確率は低いと思う。



こぢんまりした店内
misonikomin1204_02.jpg

まだ若いご主人と2名のパートさん。
席はカウンター3席、2人掛けテーブル6卓。
昼前には満席になったので、
この店の人気っぷりが垣間見えます。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
misonikomin1204_03.jpg

misonikomin1204_04.jpg

ランチは味噌煮込みうどんのみ。
ご主人の意気込みが伝わってきます。
珍しい創作系があったので、
思わずイタリアンを注文してしみました。



イタリアン味噌煮込みうどん 1,000円
misonikomin1204_05.jpg

こうきたか!
グツグツ煮えるうどんの上には、
とろけるチーズのトッピング。
タバスコが添えてあるのもスゴイよな(笑)



味噌煮込みアップ!
misonikomin1204_06.jpg

汁を飲んだ感想は「イタリア~ン!」
まずチーズの旨みとトマトの酸味。
後から八丁味噌のコクと微かな苦味。
この濃厚な味わいはまごうことなき味噌煮込み。
三つ葉はハーブ替わりかな。



麺アップ!
misonikomin1204_07.jpg

独特のねじれの固打ち麺。
少しアルデンテな食感で、
噛み締めて食べるこの感じが懐かしい。
名古屋標準では柔らかめで食べやすい麺でした。


最後はご飯を土鍋に入れて、
おじや(リゾット?)で締めて完食。
とても真面目なお店でした。
うどんも汁も本格的ながら、
東京の人(!?)にも食べやすいと思います。
次はノーマルバージョンをいただこうかな。
どうもごちそうさまでした。


「味噌煮込罠 (みそにこみん) 」
東京都文京区本郷3-31-15
11:30~14:30
17:30~22:00(月~金)
日祝休み
TEL 03-3812-2286
http://misonikomin.com
とん太 豊島区高田
2012年05月19日 (土) | 編集 |
高田馬場のとんかつ店「とん太」さん。
前から評判を聞いていたのですが、
日祝休みで土曜ランチなしとハードルが高かったんですよね。
今回意を決して土曜ディナーでお邪魔しました。



時は来たり!
tonta1204_01.jpg

店は駅から少し離れた新目白通り沿い。
ちょっと年季を感じる店構えです。
評判を知らなかったらスルーしそう(笑)



後ろ姿をパチリ
tonta1204_02.jpg

店内はカウンター11席、小上がりにテーブル2卓。
雰囲気は昔ながらのトンカツ屋さんって感じ。
ご主人は寡黙な職人タイプとみえて、
黙々とトンカツを揚げてました。
常にお客さんでいっぱいです。



メニュー
tonta1204_03.jpg

当然メニューは揚げ物のみ。
ここは特ロースかつで行くべきでしょう!
味噌汁はワカメ・しじみ・とん汁から選べるとのことだったので、
当然とん汁をお願いしました。
豚(かつ)と豚(汁)でノーフューチャー!



ごま
tonta1204_04.jpg

最初に出てきたゴマ。
お客さんたちが一斉にゴマをするのが、
なんだか面白かったな。
私は結局ご飯に振りかけて食べました。



特ロースかつ定食 2,100円
tonta1204_05.jpg

15分ほど待ったところで登場です。
いや、とん汁が若干遅れたので17分か(笑)
カウンター上が窮屈なので、
縮こまって食べるのがちょっと大変。



ロースかつアップ!
tonta1204_06.jpg

色白美人のロースかつ。
しっとりと揚げられていて、
かつの断面は薄ピンク色です。
火が通っているのに柔らかく、
口の中に広がるのは肉の旨み、脂身の甘み。
一口ごとに頭の中で旨いねとリフレイン。
衣も肉の邪魔をせず、
しっかり引き立て役に徹しています。

二種類の塩(ベトナム・中国),ソース,醤油と食べたけど、
繊細な揚げなので醤油が一番おいしかったな。
辛子は使う必要なし(ダメダメ)
とん汁は具だくさんでほっとする味わい。
香の物もたっぷりで口の中をリフレッシュ。


低温揚げの上品系ロースカツでした。
とはいってもとんかつなので、
肉食ったぞって満足感もちゃんとあり。
もうちょっとカウンターに余裕があればと思いましたが、
期待通りのとんかつでした。
どうもごちそうさまでした。


「とん太」
東京都豊島区高田3-17-8
11:30~13:30(月~金)
18:00~21:00(月~土)
日祝休み
TEL 03-3989-0296
関連記事
ルソイ 目黒区下目黒
2012年05月17日 (木) | 編集 |
目黒にある「ルソイ」さん。
本格北インド料理のお店です。
今回ランチでお邪魔しました。



2階にあります
rasoi1205_01.jpg

rasoi1205_02.jpg

権之助坂沿いのビル2階にあります。
ちなみに店の前には歩道橋。
看板の色使いがインド国旗と一緒(笑)




ムードある雰囲気
rasoi1205_03.jpg

少し照明を落とした店内。
ターバンを巻いたインド人店員さんと相まって、
なんともムーディーな雰囲気です。
(そういえば昔はインドの方は皆ターバンを巻いてると思ってたな)



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
rasoi1205_04.jpg

アラカルトも注文できますが、
まずはお手頃なランチメニューからでしょう。
ついエビカレーを注文してしまいました。



サラダ
rasoi1205_05.jpg

キャベツの千切りサラダ、以上!(笑)
最近でこそシャレたサラダを出す店も増えましたが、
昔はみんなこうだったよなと遠い目。



エビカレー 970円
rasoi1205_07.jpg

rasoi1205_08.jpg

なめらかなソースのエビカレー。
バターチキンのような甘口かなと思いきや、
甘みの後にジーンとした辛さが来ました。
まろやかだけどスパイス感もあり。
エビは中ぐらいの大きさのが5匹。
プリっとしていてなかなか。



ナン
rasoi1205_06.jpg

ナンを食べるのは久し振りだな。
厚みのあるところはフワッとモチっと。
薄めのところはにはギーが塗ってあって、
クロワッサンのような香ばしさ。
一粒で二度おいしいナンでした。



チャイ
rasoi1205_09.jpg

食事の締めはホットチャイ。
たっぷりあって甘さはスティックシュガーで調整。
濃い目ではないけれどスパイス感はあり。


正統派の北インド料理店でした。
なんていっても店員さんのターバン姿が素敵(笑)
マイルドかなと思って頼んだカレーさえスパイシーなので、
辛めで頼んだらスゴイのが出て来そう。
以前食べて感激したタンドール料理と一緒に勝負だぜ!
どうもごちそうさまでした。


「ルソイ(RASOI)」
東京都目黒区下目黒1-3-28 サンウッド目黒2F
11:00~15:00
17:00~22:00
年中無休
TEL 03-5487-5602
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。