たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
camp 渋谷区千駄ヶ谷
2012年06月30日 (土) | 編集 |
代々木駅近くの「camp」さん。
たっぷり野菜のカレーで評判のお店です。
最近では池袋駅や品川駅にも出店されてます。
いけいけやね~



地下にあります
camp1206_01.jpg

駅から歩いて5分ほど。
看板が出ていなかったら見逃す確率70%(かな)
入り口には野菜が並べてあって、
新鮮な野菜を食べられる雰囲気ムンムン。



店内です
camp1206_02.jpg

思ってたよりも席は少なくて、
入口近くにグループ席、奥には二人テーブル席。
カウンター席はありませんでした。
昼時は混むよね、きっと。



水やおしぼり
camp1206_03.jpg

campと名乗るだけはあって、
飯盒と水筒が登場です。
店員さんもボーイスカウトみたいな格好で、
気分はコスプレ喫茶かな(ちゃうちゃう)



カレーメニュー(クリックすると拡大します)
camp1206_04.jpg

カレーは何種類かありますが、
まず食べるべきは一番人気の「一日分の野菜カレー」。
もちろんライスは大盛りで頼みましたよ。



一日分の野菜カレー 990円
camp1206_05.jpg

鉄鍋に入った野菜カレーの登場!
出来立ての熱々なのがうれしいね。
ライスは大盛りにして正解。



カレーアップ!
camp1206_06a.jpg

これでもかって盛りの野菜たち。
予め下処理をした野菜をカレーソースでさっと炒めているので、
シャキシャキ,ホクホクと食感を活かしています。
そしてしっかりとした野菜の旨みと、
濃厚でスパイシーなカレーソース。
こりゃご飯がすすみます。


掘っても掘っても出てくる野菜を平らげ完食。
イモの甘みとトマトのジューシーさが印象的でした。
キャンプをコンセプトとしたお店のイメージ、
そしてなによりワイルドな野菜の量。
人気があるのも当然だと思います。
どうもごちそうさまでした。


「野菜を食べるカレー camp」
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-29-11
11:30~22:30
日曜休み
TEL 03-5411-0070
スポンサーサイト
寿々屋 豊島区西池袋
2012年06月27日 (水) | 編集 |
池袋西口にある「寿々屋」さん。
夜のみ営業のとんかつ屋です。
がっつり勝負なり!



落ち着いた感じ
suzuya1205_01.jpg

お店はロサ会館の近くにありました。
サンシャインのある東口に比べて、
西口は大人の雰囲気ですね(笑)



きちんとした店内
suzuya1205_02.jpg

カウンター10席、テーブル4卓。
白木のカウンターはなんだか寿司屋みたい。
店主、お弟子さん(?)3名、接客担当の方2名。
思ってたより店員さんが多いのね。



メニュー(クリックすると拡大します)
suzuya1205_03.jpg

suzuya1205_04.jpg

正当なとんかつ屋のメニューだね。
挑戦は受けて立とうと、
ロースカツ定食の上をお願いしました。



お茶と漬物
suzuya1205_05.jpg

まず出てきたのはお茶と漬物。
いやその前に「よろしかったらどうぞ」と、
週刊誌が出てきたな(笑)



ロースカツ定食(上) 1,785円
suzuya1205_07.jpg

とんかつ・とん汁・ご飯の三銃士見参!
キャベツとご飯はお代わり自由なり。
とん汁は塩気の利いたあっさりタイプ。
ご飯は粒が立ってたな。



とんかつアップ!
suzuya1205_08.jpg

真っ黒黒助のとんかつ。
でも衣は焦げている訳ではないです。
かつの断面は薄ピンク色だね。

衣のしっかりとした香ばしさ。
そして口の中に広がる脂の旨味。
かつのどの一切れにも脂身があるので、
逃げ場なしって感じ(笑)
赤身にはプリッとした弾力あり。
店主お薦めの食べ方、醤油にレモンより、
スパイシーなソースの方が好みでした(すまん)


力強いとんかつでした。
かなり食べ応えがあったな。
途中でキャベツのお代わりを勧められましたが、
胃袋的に無理(笑)
ボリュームあるとんかつはもちろん、
ホスピタリティの高さも人気の秘訣かも。
どうもごちそうさまでした。


「とんかつ 寿々屋」
東京都豊島区西池袋1-38-3
17:00~23:00(LO)
TEL 03-3982-1681
【閉店】ル・クール(Le Coeur) 千葉市緑区
2012年06月23日 (土) | 編集 |
【閉店されました】
神奈川にカフェをオープンされたようなので、
いつか訪問しなくては!



千葉のおゆみ野にある「ル・クール」さん。
以前から行きたいなと思っていたパン屋です。
でも遠いし、行列は嫌だしと二の足を踏んでいましたが、
思い切って行っちゃいました!



青色が印象的です
lecoeur1206_01.jpg

東京から鎌取まで電車で1時間、駅から歩いて20分。
開店時間のちょっと前に着いて行列の5番目でした。
これなら手ぶらで帰らずに済みそうなので、
正直ホッとしました。



店内の様子
lecoeur1206_02.jpg

白を基調としたスッキリした店内。
調理場でパンを焼くシェフと接客の店員さんで切り盛り。
客は店の中でも順番に並んで、
店員さんにパンを取ってもらいます。

キレイにディスプレイされたパンは、
開店直後のせいかハード系と食パンのみ。
でもラインナップがもろ私好みでテンションアップ!
しかも値段は都心よりも2割程度安いのよ。



バゲット 240円
lecoeur1206_03.jpg

lecoeur1206_04.jpg

ずんぐりとした形のバゲット。
褐色色のいい焼き色。
薄いけどガリっとしたクラスト。
薄茶色のクラムはもっちりしており、
後味に微かに爽やかな酸味。
しっかり塩が利いていて、
濃厚な粉の風味が味わえました。



リュスティック(小) 120円
lecoeur1206_05.jpg

lecoeur1206_06.jpg

断面の気泡が美しい!
薄いクラストに包まれたのは、
もっちもっちの餅のようなクラム。
イメージ的には薄皮のシューの中身。
粉の自然な甘みを噛みしめていると、
いつの間にか溶けていきます。



オリーブとアンチョビ 220円
lecoeur1206_07.jpg

lecoeur1206_08.jpg

馬蹄型のバゲット生地の中には、
黒と緑のオリーブとアンチョビペーストが入ってます。
このオリーブがめっちゃジューシー!
アンチョビのコクもあり、
ワインやビールに合いそう。



ルージュ 260円
lecoeur1206_09.jpg

lecoeur1206_10.jpg

リュスティック生地の中には、
クランベリー・チェリー・ヘーゼルナッツ・クルミ。
思わずガリガリっと齧ると、
ドライフルーツのジューシーさ、
ナッツの香ばしさが炸裂します。



塩あんパン 140円
lecoeur1206_11.jpg

lecoeur1206_12.jpg

小振りの可愛らしい形ですが、
中には手造りあんがたっぷり。
弾力のあるパン生地にガブリといくと、
ごまの香ばしさと粒あんの甘さがドッキング。
その余韻がしばらく続きます。



トマトとバジルのフォカッチャ 200円
lecoeur1206_13.jpg

もっちりとしたフォカッチャ生地は、
微かにオリーブオイルの風味。
ジューシーで濃厚なミニトマト。
イタリアンなバジルの香り。
下手なピザより美味しいわ。



スコーン 120円
lecoeur1206_14.jpg

ちょうど焼き上がったのでつい購入。
外側はザクッと心地良く、
中はしっとりホロホロ。
バターの風味がふんわり広がります。
自然な粉の甘みを楽しめます。


千葉まで行って良かった!
どの生地にも塩をしっかり利かせいて、
粉の風味の濃い味わいに仕上げています。
具材の選び方にもシェフのセンスが感じられます。

ただ、販売の店員さんが1名のみなので、
あまりの客の多さに時間がかかる印象。
接客が丁寧なだけに大変そうです。
でも待ってでも買う価値があるのは間違いなし。
都心でも勝負出来るパン屋です。
どうもごちそうさまでした。


「ル・クール(Le Coeur)」
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央7-1-7
11:00~売切れ終い(土日祝は12:00~)
火水休み
TEL 043-300-4331
http://www7b.biglobe.ne.jp/le-coeur/


会計を終えて振り向いたら、
後ろにお客さんが十数名も!
めっちゃ人気なので売り切れ注意です。
ラッフルズカリー(raffles curry) 台東区台東
2012年06月21日 (木) | 編集 |
御徒町にある「ラッフルズカリー」さん。
気軽に本格カレーがいただけるお店です。
今回はディナーでふらりとお邪魔しました。



仲御徒町駅から徒歩5分ほど
rafflescurry1206_01.jpg

カウンター8席のみの小さなお店。
ご主人とお手伝いの女性で切り盛りされています。
流行っているんですね、ほぼ満席でした。



メニュー(クリックすると拡大します)
rafflescurry1206_02.jpg

今日は2種盛りカレーに挑戦してみようかな。
野菜キーマとクリーム野菜チキンのコンボなり。
もちろんライスは大盛りでね。



サラダ
rafflescurry1206_03.jpg

まずはサラダで腹ごしらえ。
ポテサラがついていてます。



2種類カリー 900円(ライス大盛り+50円)
rafflescurry1206_04.jpg

ご主人が手際よくカレーを温めて登場。
カレーの鬱は小振りの半球型ですが、
なみなみまで入っていてうれしいね。
溢れないかちょっと不安(笑)



クリーム野菜チキン
rafflescurry1206_06.jpg

想像していたよりも、
さらっとまろやかなクリームカレー。
例えるとカレー風味のクラムチャウダーかな。
具には野菜やチキンがたっぷり。
特にポテトが印象に残りました。



野菜キーマ
rafflescurry1206_07.jpg

程よい粘度のキーマカレー。
スパイスの香りがふわっとしています。
キーマには鶏挽き肉を使っているので、
後味がしつこくありません。
ブロッコリーがゴロンと入っていました。



アイスティー
rafflescurry1206_08.jpg

気持よくカレーを平らげた後には、
アイスティーでヒートダウン。
前回のマトンカリーはガツンとパンチがありましたが、
今回はどちらも優しい味わいのカレーでした。
そう、身体に優しい感じです(お財布にもね)
女性のお客さんが多いのもわかるな。
どうもごちそうさまでした。


「ラッフルズカリー(raffles curry)」
東京都台東区台東4-29-10
11:00~16:00(土曜は昼のみ)
18:00~21:30
日祝、第1,3土曜休み
TEL 03-3835-2712
http://blog.goo.ne.jp/raffles_curry(日替わり告知されてます)
関連記事
來來來 世田谷区太子堂
2012年06月19日 (火) | 編集 |
三軒茶屋にある「來來來」さん。
長崎ちゃんぽんのお店です。
ちゃんぽん評論家の私としては見逃せません!



駅から5分ほど
rairairai1206_01.jpg

お店は家族で経営されていて、
席はカウンター4席、テーブル2卓のみ。
冷房を入れているのに扉オープン(笑)



メニュー
rairairai1206_02.jpg

メニューはちゃんぽんと皿うどん。
本日はオーソドックスにちゃんぽんを注文しました。
汗をふきふき鍋を振るうご主人。
こまめに味見もされています。



ちゃんぽん 850円
rairairai1206_03.jpg

熱々のちゃんぽんの登場。
出てきた瞬間、ボリュームあるなと独り言。
でもみんなこれを食べているんだよね。



横からドン
rairairai1206_04.jpg

山盛りの野菜はキャベツ・もやし・玉ねぎ。
あと、豚肉・小エビ・いかゲソ・赤はんぺん。
たっぷりのちゃんぽん麺と一緒にいただきます。
コクがありながら口当たりのいいスープ。
野菜の旨味が溶け出してこりゃたまらんたい!


うっすらと汗をかきながら完食。
野菜を食べたという満足感にひたれます。
スープもくどくないので、
後で喉が渇かないのもいいよね。
真面目なお店だと思います。
どうもごちそうさまでした。


「來來來」
東京都世田谷区太子堂4-27-10
11:30~15:00(日祝は11:30~21:00)
17:00~22:00
水曜休み
TEL 03-3412-2918
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。