たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイバル 中央区銀座
2012年12月29日 (土) | 編集 |
東銀座にある「カイバル」さん。
2012年最後の記事もカレー屋でござーい!
なんやかんやでお世話になりました。



入口です
khyber1212_01.jpg

カップルや女性のお客さんが多いのが印象的。
あと、カウンター席はないけれど、
お一人様にも優しいところが気に入っています。



ランチコースとアラカルトメニュー(クリックすると拡大します)
khyber1212_02_20121216161841.jpg

khyber1212_03_20121216161842.jpg

アラカルトメニューからカレーが選べる、
ランチセットがお薦めです。
というか、いつもこればかり(お値打ちなんだもん)



グリーンサラダ
khyber1212_04.jpg

サッパリとしたグリーンサラダ。
パニール(インドチーズ)も入ってます。
ボリュームも前より増えてるよね。
インド料理にサラダ不要派の私がですが、
このサラダは許す(笑)



野菜とパニールのグリル
khyber1212_05.jpg

この料理があるからここに通っていると言っても、
けっして言い過ぎではありません(いや言い過ぎか)
タンドールで焼かれた野菜は旨みがギュッと凝縮し、
甘酸っぱいソースがよく合います。
ミントとコリアンダーのグリーンチャツネをつけると、
さっぱり爽やかにいただけます。


マトンカレー パンチホロンの香り
khyber1212_06.jpg

khyber1212_07.jpg

パンチホロンってベンガルのスパイスミックスで、
クミン・マスタード・フェンネル・フェヌグリーク・ニジェラのこと。
正直それらの香りよりも、
ガツンと利いたマトンの風味が印象的でした。
ゴロゴロと入った角切りマトンは、
ジューシーで噛みごたえあり。
唐辛子2本マークでしたが思わず汗をかく辛さ。



バスマティライス
khyber1212_09.jpg

カレーにはお馴染みのバスマティライス。
ほんのり温かくて、
ふんわりとしたバスマティの香り。



コーヒー
khyber1212_08.jpg

珍しくコーヒーをお願いしたら、
客席でエアブレンドしてくれました。
コーヒーの香りがしっかりした、
ミルクコーヒーのような味わい。

野菜のタンドールにスパイシーなカレー。
やっぱりカイバルはいいですね。
これからも通わせてもらいます。
どうもごちそうさまでした。


【おまけ】
別の日に食べた料理をご紹介。
ごちそうさま!

海老とあさりのブランカレー
khyber1212_10_20121222142209.jpg

さらっとしたカレーソース。
スパイシーながら、
魚介の旨味が味わえました。


チキンムグライ
khyber1212_11_20121222142209.jpg

こってりとしたクリーミーなソース。
チキンと卵が入っているので、
インド版親子カレーといったところ?


カブリナン
khyber1212_12_20121222142210.jpg

レーズンとナッツの入った甘いナン。
香ばしく焼かれていて、
デザートちっくにいただけます。


「カイバル」
東京都中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00-22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-5159-7610
関連記事
スポンサーサイト
カムイ 千代田区神田須田町
2012年12月26日 (水) | 編集 |
神田と秋葉原の中間地。
線路の高架下に「カムイ」さんはありました。
あることで有名なスープカレーのお店です。


アキバ風カレー屋さん
kamui1212_01.jpg

早速お店に入ると・・・
いた、本当にいたよ、メイドさんが!
それだけなんだけどね(笑)

基本のカレーはチキン野菜とポーク野菜。
あと限定でカマンベールがありました。
早速メイドさんに3辛のライス大盛りで注文。
イートインは2階席でとのことでした。



店内・・・
kamui1212_07.jpg

kamui1212_02.jpg

6席のみの店内をイラストがずらり。
階段を上がっている時から感じてましたが、
こりゃ圧倒されるね~(笑)
お尻が少々もぞもぞします。



ポーク野菜カレー 890円
kamui1212_04.jpg

運んできてくれたのは店長さん。
メイドさんじゃなくてがっかり(笑)
そんなことはさて置いて、
料理のビジュアルはいたってまとも(失礼!)



スープカレーアップ!
kamui1212_05.jpg

彩りよく添えられた野菜たち。
きちんと下処理されています。
スープの表面はややオイリーで、
これがライスによくあうね。
スープ自体もなかなかスパイシーです。



ポークアップ!
kamui1212_06.jpg

スープの下にはでっかいポーク!
こりゃ驚いた、食べ応えあるわ。
ご飯がご飯がススムくん。


メイドさんやお店の雰囲気はさておいて、
とても本格的なスープカレーでした。
テイクアウトも人気なのが頷けます。
昔、秋葉原ってメシを食べるところがなくて、
いつも牛丼ばかり食べてましたが、
時代は変わりましたね。
どうもごちそうさまでした。


「カムイ」
東京都千代田区神田須田町2-12-5
11:00~15:00(土日祝は11:00~20:00)
17:00~20:00
月曜休み
TEL 03-3258-5858
あげづき 新宿区神楽坂
2012年12月22日 (土) | 編集 |
神楽坂にある「あげづき」さん。
人気急上昇中のとんかつ屋さんです。
観光客の多い早稲田通り沿いにひっそり。



お店は階段の下
agetsuki1212_01.jpg

agetsuki1212_02.jpg

看板が出てないと気づかない入口ですが、
この日は開店前に行列が出来てました。
いつの間にこんな人気が!



落ち着いた店内
agetsuki1212_03.jpg

薄暗い大人の雰囲気。
とんかつ屋って言われても、
にわかに信じられないな。
テーブル席とカウンター席あり。



メニュー(クリックすると拡大します)
agetsuki1212_04.jpg

週末はお値打ちランチは無いようですね。
ロースかつに定食をセットでお願いしました。
とんかつに2千円超って抵抗のある私。

次から次にお客さんが入ってきて、
いつの間にやら満席の店内。
この店は時間をかけてかつを揚げるようで、
最後の方のお客さんたちには、
一時間ぐらいかかりますって言ってました(ええ~)



お新香セット
agetsuki1212_05.jpg

燻りがっこ、ポテサラ、きゅうり。
とんかつ屋でこんなふうに出てくるとは・・・
こりゃ、ビックリだわ。
お酒のツマミにしても良かったかな。



ロースかつ1,610円+定食370円
agetsuki1212_06.jpg

でっかい黒皿に載って登場。
とんかつが小さく見えるわ~
シジミの赤だしは出汁が利いていて、
ご飯はつやつや輝いてます。
思わずお代わりしてしまったよ(ダイエットは?)



ロースかつアップ!
agetsuki1212_07.jpg

agetsuki1212_08.jpg

低温揚げの色白美人。
薄く、フワッ、サクッと揚がった衣。
そして薄ピンク色のロースから、
じわっと滲み出る肉汁と脂の旨み!
しつこくなく、甘いのな。
一切れ目は岩塩で、ふた切れ目は醤油で、
三切れ目はソースでと至福な味わい。


上品系のとんかつでした。
店の雰囲気も負けずに上品で、
店員さんもキビキビ接客してくれます。
ただ、料理が出るのは遅めなので、
心に余裕を持った人向けです。
そういう意味では神楽坂っぽいですね。
どうもごちそうさまでした。


「あげづき」
東京都新宿区神楽坂3-2 B1F
11:30~15:00
17:30~22:30(日祝は21:00まで)
火曜、第3水曜休み
TEL 03-6265-0029
ビストロ周 中央区日本橋堀留町
2012年12月19日 (水) | 編集 |
堀留町にある「ビストロ周」さん。
気取りのない洋食屋チックなお店です。
人形町駅から徒歩5分ほど。
大盛り蕎麦の「堀留屋」もすぐ近く。



入口です
shu1212_01.jpg

shu1212_02.jpg

少々不安になる入口から(失礼)、
地下にあるお店へ階段で下ります。



店内
shu1212_03.jpg

テーブル5卓、カウンター5席と、
思ってたよりこぢんまり。
シェフを合わせて店員さんは2名。
隠れ家的な、アットホームな雰囲気です。



ランチメニュー
shu1212_04.jpg

ランチは黒板からということなので、
じっと見させてもらいます。
ハンバーグ・オムライス・パスタやね。
名物の塩バーグをいかせてもらいました。



スープとサラダ
shu1212_05.jpg

まずオニオンスープとグリーンサラダ。
スープは家庭的な味わいで、
サラダには塩とビネガーの利いたドレッシング。
メインが来る前にぺろり。



塩バーグ
shu1212_07.jpg

わざわざシェフが運んできてくれました。
なんだ、このオシャレな盛り付けは!
焼ズッキーニとトマトのバジルがビストロっぽいね。
熱々のポテトグラタンもグッド。
あと、パンじゃなくてライスがついて来ました。



塩バーグアップ!
shu1212_08.jpg

本当にまん丸ですね!
体積の計算式は4/3・π・r3(だから?)
塩バーグとあったけど、
玉ねぎ・ジンジャーの利いたソースがけ。
ピンクペッパーがアクセント。



割ってみた
shu1212_09.jpg

みっちり柔らかく詰まった中身。
色白なので淡白かと思いきや、
ちゃんと肉の旨味と肉汁もあるね。
しっかり味でおいしいです。


思いの外、お腹いっぱいで完食。
どの料理もきちんと作ってあり、
店員さんの接客も温かみがありました。
ビストロというよりも洋食寄りですが、
いい店だと思います。
どうもごちそうさまでした。


「ビストロ周」
東京都中央区日本橋堀留町1-6-9 B1F
11:00~14:30(LO 14:00)
17:30~23:00(LO 22:30)
日祝休み
TEL 03-3664-4439
【閉店】The Good Curry Shop 渋谷区神宮前
2012年12月15日 (土) | 編集 |
神宮前の「The Good Curry Shop」さん。
今年9月にオープンしたカレー屋さんです。
表参道を男二人でテクテクと、
嫌がる後輩を連れてお邪魔しました(笑)



オシャレざんす!
goodcurry1212_01.jpg

以前はハンバーガー屋だったこのお店。
オーナーが2店目として本格カレー屋をオープンしたんだって。
それを知ったときは驚いたわ。
(何度か来たことがあるのに道に迷った自分にも)


こぢんまりとした店内
goodcurry1212_02.jpg

カウンター3席と二人掛けテーブル4卓。
店内はおしゃれ可愛い雰囲気。
お客さんもおしゃれな感じ(私達を除く)
女性シェフ一人で切り盛りされていました。



メニュー(クリックすると拡大します)
goodcurry1212_03.jpg

メニューは少なめですが、
インド料理マニアのツボをしっかり押されています。
いろいろな種類のカレーを食べたかったので、
2種盛り×2でお願いしました。



アチャール 300円
goodcurry1212_04.jpg

スパイスの溶け込んだオイルに漬かったナス。
独特な酸味がマニアのハートをキャッチ。
若干好き嫌いは別れるかも。



タンドリーチキンティッカ 600円
goodcurry1212_05.jpg

食紅で赤くしたチキンティッカとは違い、
スパイスの衣をどろっとまとっている感じ。
柔らかいチキンとスパイスの香り。
ビールにあうよ、これ。



2種類のカレー(850円)+バスマティライス(250円)
goodcurry1212_06.jpg

大皿に載ってきたー!
店の雰囲気から想像したよりも、
しっかりボリュームがあって嬉しい誤算。
パラパラのバスマティライスには一筋のパプリカ。



バターチキン
goodcurry1212_07.jpg

はちみつのような甘みと、
すっきりとしたトマトの酸味。
軽すぎず、重すぎず、
クリーミーさがたまらないね。
具には熱々のチキンティカ。



ポークビンダル
goodcurry1212_08.jpg

ゴアの名物、ビンダルカレー。
表面に浮かぶ油にギョッとしながらも、
スパイスと旨みが溶け込んでいておいしーい。
酢のほんのりした酸味がアクセント。
具は薄切りポークでした。ぶひぶひ。



後輩が頼んだカレー
goodcurry1212_09.jpg

シーフードマサラとスパイシーラムキーマ。
シーフードのベースはバターチキンと近い感じ。
ラムキーマはラムって感じがして、
スパイスもキリッと利いています。
もっと俺に食べさせろっちゅうの(笑)


互いにパクパク食べて完食。
こんな原宿に近いところで、
本格カレーが食べれるとは時代も変わったね。
しかもオシャレな土地柄に合わせて、
上手に食べやすくアレンジされています。
値段もリーズナブルでお勧めです。
どうもごちそうさまでした。


「The Good Curry Shop」
東京都渋谷区神宮前6-14-12
11:30~22:00
今のところ年中無休
TEL 03-3409-2018
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。