たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
孫 港区六本木
2013年06月29日 (土) | 編集 |
六本木にある中華料理屋「孫」さん。
NHKにも出演している、孫 成順氏のお店です。
ちょっとミーハーにお邪魔して来ました。



立て看板!
son1306_01.jpg

目指すお店は、外苑東通りを挟んでミッドタウンの反対側。
知らないと通り過ぎちゃいそうな入口ですが、
孫さんの立て看板が目印です。



雰囲気あるわ
son1306_02.jpg

階段を降りると薄暗い通路。
ちょっと緊張するわ。
突き当りを左に曲がると・・・



大人の雰囲気じゃ!
son1306_03.jpg

照明を落とした店内は、
落ち着いたゴージャスな雰囲気。
テキパキとした店員さんに混じって、
コック帽のあのひと孫さんちゃうか?
ちょっと興奮(笑)



お昼のおすすめ(クリックすると拡大します)
son1306_04.jpg

セットメニューはこんな感じ。
一部2名や3名からの縛りがあるね。
“チューボーですよ!”で紹介されたって、
微妙なセールス文句だな(笑)



単品メニュー(クリックすると拡大します)
son1306_05.jpg

麺やご飯類の単品もいいな。
でもちょっと寂しい気もするか・・・
という訳で、日替わりランチをお願いしました。



日替わりランチ(油淋仔鶏) 1,260円
son1306_07.jpg

スープ、前菜、メインとテンポよく来ました。
中華料理屋さんにしては(失礼)、
料理の器に凝っているね。
盛り付けも含めて上品な感じ。
そうそう、ご飯はお代わり出来ますよ



白きくらげの清湯スープ
son1306_08.jpg

じんわりとした味わいの清湯スープ。
白きくらげがコリッとアクセント。



青野菜の豆腐ソースがけ
son1306_10.jpg

刻んだ青野菜(インゲンじゃなかった)に、
豆腐ソースが和えてあります。
甘さ控えめでさっぱり。



豚挽き肉の湯葉巻き蒸し
son1306_09.jpg

これまたあっさりとしていて、
八角の香りがふんわり。



油淋仔鶏
son1306_11.jpg

サクッと香ばしく揚がった鶏肉。
あっさりとした醤油あんがかけてあり、
細かく刻んだネギとシャンツアイの香り。
油淋鶏って濃厚な甘酢タレが頭に浮かびますが、
油っぽさを感じさせない出来栄えでした。



デザート
son1306_12.jpg

本日のデザートはマンゴープリン。
濃厚で果肉感もあり、
本日の料理で一番濃かったんじゃない?(笑)


とてもあっさりと上品な中華料理でした。
上品な年配のお客さんが多いのも納得だわ。
店員さんも忙しそうながら親切で、
こういうところも流石かなと。
ミッドタウンや国立新美術館に近くて、
土日も営業しているので、
六本木デートにも使えますよ(キラリ!)
どうもごちそうさまでした。


「孫 本店」
東京都港区六本木7-6-3
11:30~15:00(LO 14:30)
17:30~23:00(LO 22:00)
年中無休
TEL 03-5785-3089
http://www.son-seijun.com/
スポンサーサイト
ラトリエ・デュ・パン(L'Atelier du Pain) 港区六本木
2013年06月26日 (水) | 編集 |
六本木の「ラトリエ・デュ・パン」さん。
昨年10月にオープンしたパン屋さんです。
この店のシェフ達はカリスマ(!)志賀シェフの下で、
働いたことがあるようですね。



2階にあります
latelier-du-pain1306_01.jpg

六本木交差点近くの三井住友銀行、
その裏に目指すお店はありました。
「ワインショップソムリエ」に併設されています。
パンとワイン、いい組み合わせ。



店内の様子
latelier-du-pain1306_02a.jpg


階段をトントンと上ると、
そこにはパンの楽園が!(ちょっと大げさ)
奥は「ル・プティ・マルシェ」とつながっているようですね。
パンはハード系やヴィエノワズリー中心。
最近珍しい(?)セルフ式でした。



バゲット 360円
latelier-du-pain1306_03.jpg

latelier-du-pain1306_04.jpg

低温長時間発酵のバゲット。
歯切れが良くて、軽快に砕けるクラスト。
一気に口の中を自然な甘みが広がります。
モチっとしたクラムとのバランスもよく、
いつまでも粉の甘みの余韻が残ります。
小麦粉と塩と水だけで、
どうしてこんな甘みが出せるのだろう?



ロデブ・フリュイ(1/4) 420円
latelier-du-pain1306_05.jpg

latelier-du-pain1306_06.jpg

この店のスペシャリテらしいロデブ・フリュイ。
スライスするとき、プルプルルン。
赤ワインのような甘酸っぱい香り。
クラムはモチモチを超えて、
ネチネチ、いや、もはやゲルみたい!
そこにストロベリーの酸っぱさ、グリーンレーズンの甘さ、
ピーカンナッツの香ばしさ。
ありえないほど高加水のパンでした。



大納言(大) 265円
latelier-du-pain1306_07.jpg

latelier-du-pain1306_08.jpg

ガリっとしたクラスト。
クラムには大納言がたっぷり!
大納言の甘みと生地の香ばしさのバランスが絶妙。
一口ごとにクラストの食感を楽しめ、
ついリズムよく軽快に食べちゃいました。



シャンティーニュ 265円
latelier-du-pain1306_09.jpg

latelier-du-pain1306_10.jpg

こちらもベースはバゲット生地。
クラムにはマロングラッセがゴロっとな。
パン生地がおいしいから、
マロンの濃厚な甘みが引き立ちます。
なんとも贅沢なパンだね~


正直驚きました。
ここまでレベルが高いのか・・・
バゲットは甘く香ばしく、
ロデブは搗きたての餅のように瑞々しい。
価格も100円前後のパンもあって、
六本木にしてはリーズナブルだと思います。
こりゃぜひまた来なくちゃいかんだろ!
どうもごちそうさまでした。


「ラトリエ・デュ・パン(L'Atelier du Pain)」
東京都港区六本木6-1-12 21六本木ビル2F
11:00~22:00
年中無休
TEL 03-3405-0018
http://latelier-du-pain.com/
サヒファ ケバブ& ビリヤニ
2013年06月22日 (土) | 編集 |
六本木にある「サヒファ ケバブ& ビリヤニ」さん。
昨年9月にオープンしたインド料理屋です。
品川の「サルマ ティッカ&ビリヤニ」の姉妹店になります。



六本木交差点すぐ
sahifa-kebab-biryani1306_01.jpg

雑居ビルの1階にあるので、
微妙に目立っていない入口(失礼!)
入口からだと中の様子が暗くて覗えないので、
恐る恐る入店しました。



落ち着いた雰囲気
sahifa-kebab-biryani1306_02.jpg

六本木らしく(?)、
シックで落ち着いた雰囲気の店内。
店員さん(インドの方)も礼儀正しく、
ちょっと高級店って感じですね。



土日祝ランチメニュー(クリックすると拡大します)
sahifa-kebab-biryani1306_03.jpg

sahifa-kebab-biryani1306_04.jpg

土日祝のランチは1,050円から。
3種類のカレーが選べる「アプサナランチ」を
ナンではなくライスでお願いしました。
また、この日はたまたまなのか、
ドーサセットはやっていないようでした。


サラダ
sahifa-kebab-biryani1306_05.jpg

黄色のスティックはパイナップル。
「味がついてないな~」と思ってたら、
中にはフレンチドレッシングがかかってました。
ボリュームもあって、
インド料理屋にしては凝ったサラダ(失礼!)



アプサナランチ 1,050円
sahifa-kebab-biryani1306_06.jpg

なんか良い感じだわ。
意外にもライスはバスマティライス。
この店、侮れん!



マトンカレー
sahifa-kebab-biryani1306_07.jpg

しっかりとした味わいのマトンカレー。
マトンのブロックが2個入っていて、
食べ応え十分。



野菜カレー
sahifa-kebab-biryani1306_08.jpg

こちらはクリーミーな野菜カレー。
コクがあって食べやすいね。
具は、インゲン・ニンジン・グリーンピースと
ちょっと寂しいかな(ニンジン嫌い~)



海老とトマトのカレー
sahifa-kebab-biryani1306_09.jpg

トマトの酸味が効いてる!
トマト味のすっきりとするカレーですね。
尾付きの海老が2匹入り。

カレーごとにベースが変えてあって、
そういうところがちゃんとしてるなと。
刻んだトマト・ピーマン・生姜を載せるのも芸が細かい。



サービスのビリヤニ(小)
sahifa-kebab-biryani1306_10.jpg

sahifa-kebab-biryani1306_11.jpg

「よろしかったら」と出て来たのは、
店名にも付いているビリヤニ。
パラリとしたライスに芳醇なスパイス。
揚げ玉ねぎを添えるのも憎いね。
さすがの味わいでした。


チャイ
sahifa-kebab-biryani1306_12.jpg

締めはホットチャイで。
タップリと入ってます。
右上のオレンジ色はオレンジゼリー。(左は砂糖)


レベルの高い店でした。
カレーはそれぞれ特色があり、
ライスは何気にバスマティライス。
これがドリンク付きで1,050円(平日は950円)とは、
六本木ではなかなかのコストパフォーマンス。
サービスでいただいたビリヤニも香り高く、
自信の程が覗えます。
どうもごちそうさまでした。


「サヒファ ケバブ& ビリヤニ」
東京都港区六本木4-11-8
11:00~23:00(LO 22:30)
年中無休
TEL 050-5796-1392
シャングリーラ 大田区西蒲田
2013年06月19日 (水) | 編集 |
西蒲田にある「シャングリーラ」さん。
インド・ネパール料理のお店です。
駅から歩いて3,4分程。



ビルの3階にあります
shangri_la1305_01.jpg

shangri_la1305_02.jpg

大通り沿いにあるのですが、
ビルの入口はちょっと奥に入ったところ。
他のお客さんが入口が分からず迷ってました(笑)



インド風(?)の店内
shangri_la1305_03.jpg

エレベータを降りると、
もうそこが店の入口。
店内は思っていたよりも広く、
窓が無いせいか隠れ家的な雰囲気もあり。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
shangri_la1305_04.jpg

ほほう、ランチメニューは、
選んだカレー+日替わりカレーか。
あとデザートのある“レディースランチ”がありますが、
当然私にはメニューを出してくれなかった(笑)



サラダ
shangri_la1305_05.jpg

まず出て来たサラダをもぐもぐ。
結構人気がある店のようで、
お客さん(カップル)がパラパラ入って来ました。
この、ちくしょうめ(笑)


マトンカレーセット 850円
shangri_la1305_06.jpg

ワンプレートで出て来たよ。
カレーもナンも熱々なり。
ちっちゃなサフランライスも付いてたよ。



マトンカレーアップ!
shangri_la1305_08.jpg

マトン角煮がゴロゴロ。
ソースは甘さ控えめとても濃厚。
生クリームとは違うグレービーな濃厚さ。
スパイスもバランスよく効いていて、
食べ応えのあるカレーでした。
そうそう、辛口で頼んだら辛かった(笑)



キーマとマッシュルームのカレーアップ!
shangri_la1305_07.jpg

鶏挽き肉、玉ねぎみじん切り、マッシュルームスライス。
クミンなんかが効いていますが、
中華風の味わいのカレー。
そう、インド・ネパール風麻婆豆腐(ただし豆腐抜き)



お代わりナン
shangri_la1305_09a.jpg

モチっとした色白のナン。
甘みがついていてとても食べやすい。
店員さんが気さくにお代わりを訊ねてくれます。
ついお代わりしてもうた(笑)



チャイ
shangri_la1305_10.jpg

ミルクたっぷりのチャイ。
スパイスもふんわり香ります。


ア~、お腹いっぱい!
久し振りにナンを食べたな。
カレーも種類によってベースを変えているし、
ナンもモチっとしておいしかったよ。
そしてなにより、
店員さんがキビキビとした気持ちいい接客。
人気があるのも頷けます。
どうもごちそうさまでした。


「シャングリーラ」
東京都大田区西蒲田7-44-5 カマタITビル3F
11:00~15:00
17:00~22:00
正月休み
TEL 050-5798-3513
コートロッジ 中野店 中野区中央
2013年06月15日 (土) | 編集 |
中野坂上にある「コートロッジ」さん。
スリランカ料理のお店です。
以前は新宿や名古屋(!?)にも支店があったけど、
今はここ中野と羽田空港を残すのみ。



ホントーに住宅街にあります
courtlodge2016_01.jpg

最寄り駅は中野坂上。
歩いて10分ほどですが、
本当にここでいいのってところにあります。
看板が出ていても通り過ぎちゃいそう。
地図がなきゃ間違いなく辿り着けないYO!



落ち着いた雰囲気
courtlodge2016_02.jpg

入口の1階が調理場(と一部客席?)で、
地階に案内されました。
店内はまるで隠れ家的レストランのような、
シックで落ち着いた雰囲気。
店員さんはカチッとしたスリランカの方。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
courtlodge2016_03.jpg

カレーハンバーグは次回のお楽しみにして(笑)、
ランカプレートをお願いしようと。
カレーは、ビーフ・チキン・マトン・豆から選べますが、
この日はなんとスペシャルカレーが!



スペシャルメニューだよ
courtlodge2016_04.jpg

はい、ナスカレーでお願いします!
“オランダ人によってスリランカに普及した”とありますが、
スリランカってオランダ統治下だっとことがあるんですね。
歴史の勉強になりますわ。



ランカプレート 1,000円
courtlodge2016_06.jpg

なかなか豪華じゃありませんか。
イエローライスはほんのりバターの香り。
ナンのようなゴダンバは2枚も出て来ましたよ。



ナスカレーアップ!
courtlodge2016_07.jpg

よく煮込まれたナスに玉ねぎとピーマン。
チャツネが入っているようで、
ねっとりと濃厚な甘酸っぱさ。
後からじんわりと辛さが襲ってきます。
ゴダンバやライスがすすむカレー。



デビルポテトアップ!
courtlodge2016_08.jpg

デビルといっても悪魔じゃなくて、
辛く料理するという意味です。
ホクホクのポテトのスパイス炒めで、
クローブが効いてるね。
後口のサッパリとした辛さ。



ゴダンバアップ!
courtlodge2016_09.jpg

ゴダンバはインドで言うところのロティー(厚めのチャパティー)で、
パラタのように層になっていました。
粉の風味が素朴な味わいで、
卓上のチャツネを付けてもおいしいね。
2枚食べるとお腹もいっぱい。



ミルクティー
courtlodge2016_10.jpg

食べ終わるとスマートにミルクティー。
予め砂糖が入っており、
ミルクたっぷりで癒されます。


丁寧に調理された食べやすい料理でした。
スリランカのカレーって、
辛い&スープってイメージがあったので、
初めてのナスカレーは予想外の味わい。
やるな、オランダ人!(笑)

お店の雰囲気も上品で、
満足感の高いランチとなりました。
どうもごちそうさまでした。


「コートロッジ 中野店」
東京都中野区中央3-4-1
11:00~15:00
17:00~22:00
月曜休み
TEL 03-3366-7666

もっと流行ってもいいと思うんだけど、
やはり立地が良くないのかな。
応援したいお店です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。