たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
ル パン ドゥ ジョエル・ロブション 渋谷区渋谷
2013年07月31日 (水) | 編集 |
渋谷にある「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」さん。
フレンチのジョエル・ロブションのパン専門店です。
昨年のヒカリエオープン時には話題になりました。



ヒカリエ地下2階にあります
lepaindejoelrobchon1307_01.jpg

いやー、オープン時は行列がすごくて、
並ぶ気になれなかったわ。
さすがに一年過ぎて落ち着いてきました。

パンのラインナップは、
惣菜系4割、ヴィエノワズリー4割、ハード系2割。
個人的にロブションのパンが大好きなので、
いつもどれを買おうか悩みます。



バゲットクラシック 315円
lepaindejoelrobchon1307_02.jpg

lepaindejoelrobchon1307_03.jpg

レストランでも出しているバゲット。
しっかり厚めのクラスト。
口の中に広がる濃厚な粉の甘さ。
きっちりと利かせた塩が、
更に甘さを引きててます。
クラムはもっちり。



ロブションのクリームパン 273円
lepaindejoelrobchon1307_04.jpg

lepaindejoelrobchon1307_05.jpg

パン生地は卵いっぱいのブリオッシュ。
バニラ漂う濃厚なカスタードクリーム。
クリームの甘さは控えめな分、
振りかけられた砂糖の甘みが活きるね。
生地も楽しめる贅沢なクリームパン。



牛ほほ肉のロッシュ 378円
lepaindejoelrobchon1307_06.jpg

lepaindejoelrobchon1307_07.jpg

ヒカリエ限定のパン(限定に弱いのよ)
ダッチ・ブールのように、
クラストのひび割れたところが、
ガリっととても香ばしい。

具はなんと“牛ほほ肉のビール煮込み”。
上品な牛すじ煮込みみたいだけど、
ビーフシチューのうような香りが濃いわ。
後味にほんのりビールの苦味。



リュバーブとレモンのデニッシュ 315円
lepaindejoelrobchon1307_08.jpg

lepaindejoelrobchon1307_09.jpg

最近見かけるようになりましたが、
リュバーブは酸味のあるフキといったところ。
濃厚なカスタードクリームに
シャクシャクとした甘酸っぱいリュバーブ。
後口にレモンの香りがふんわり。
ここ数年分のリュバーブをこのパンだけで食べちゃった(笑)


やっぱレベルが高いや、このお店。
基本のパン生地がおいしくて、
フレンチならではの豪華なフィリング。
ここでしか食べられないパンばかり。
どうもごちそうさまでした。


「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F
10:00〜21:00
年中無休
TEL 03-6434-1837
http://www.robuchon.jp/lepain
シャングリラ 渋谷区広尾
2013年07月27日 (土) | 編集 |
広尾にある「シャングリラ」さん。
今年オープンしたばかりのタイ料理のお店です。
広尾駅から歩いて5分程。



結構派手な入口
shangrila1307_01.jpg

店前にSPY(タイのワインクーラー)の広告もあって、
なかなか賑やかそうな外観です。



ビストロ風(?)な店内
shangrila1307_02.jpg

コンクリート打ちっぱなしの壁に、
赤と黒のイスに白い床。
店員さんは日本人でスマートな感じ。
ビストロっぽい雰囲気だなと思いましたよ。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
shangrila1307_03.jpg

ランチはタイ料理の定番が一律千円。
大盛り無料とは太っ腹だね。
カオマンガイをお願いしました。



生春巻とスープ
shangrila1307_04.jpg

しっとりとした皮の生春巻。
具のバランスもよくおいしい。
もっと食べたい(笑)



カオマンガイ 1,000円
shangrila1307_05.jpg

ボリュームたっぷり!
大盛りにしなくてよかったよ。
手前にはパクチーこんもり(笑)

ほんのりと温かい鶏肉は、
しっとりとなめらか。
臭みもなく上品な味わいです。
パラっと炊かれたジャスミンライスは、
鳥スープの旨味がじんわり。
ライスだけでもパクパクいけるわ。



コーヒー
shangrila1307_06.jpg

タイ料理ランチで、
食後にコーヒーって初めてかも。
きちんと淹れられてました。


広尾らしいといっちゃなんですが、
上品で丁寧に作られた料理でした。
良い意味で日本人らしいタイ料理かな。
店の雰囲気とサービスもスマートなので、
デートでも使えそうです。(予定ないけど・・・)
ぜひまた来たいと思います。
どうもごちそうさまでした。

「シャングリラ」
東京都渋谷区広尾5-8-12
11:30~15:00
17:00~2:00
定休日なし
TEL 03-6277-2283
天府舫(テンフファン) 新宿区西新宿
2013年07月25日 (木) | 編集 |
西新宿にある「天府舫(テンフファン)」さん。
一昨年オープンした四川料理の店です。
お店の方は「栄児(ロンアール)」出身だとか。



西新宿にあります
tenfufan1307_01.jpg

場所は新宿と大久保の中間あたり。
通りから少し入ったところに、
いかにも大衆中華って感じのお店(笑)
近くにラーメン二郎がありますね。



やや薄暗い雰囲気
tenfufan1307_02.jpg

大衆中華って雰囲気ですね。
店内では中国語が飛び交っています。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
tenfufan1307_03.jpg

tenfufan1307_04.jpg

いかにも四川って料理から、
八宝菜やレバニラといった馴染みのある料理まで、
ランチメニューが豊富ですね。
今回は基本中の基本(!?)麻婆豆腐をお願いしました。



前菜と水餃子
tenfufan1307_05.jpg

水餃子と煮玉子がセルフで食べ放題。
こういうサービスが「栄児」に似ているね。
茹でたての水餃子は厚めの皮がモチモチで、
中から肉汁がジュワ。
煮玉子はきっちり固茹で玉子。



麻婆豆腐定食 800円
tenfufan1307_06.jpg

熱々の麻婆豆腐。
玉子とトマトのスープは薄味です。
ご飯はもちろんお代り自由で、
麻婆豆腐と餃子をおかずに喰うべし!



麻婆豆腐アップ!
tenfufan1307_07.jpg

花椒と唐辛子と豆鼓の効いた麻婆豆腐。
バランスがいいというか、馴染んでいるというか、
粉っぽさや極端な辛さはないね。
(でもしっかり辛いけどね)
ちゃんと豆腐が主張してきて、
ご飯がご飯がススムくん。


最後に梅酒ゼリーを食べて完食。
コスパのいいランチでした。
水餃子と煮玉子食べ放題というのは、
腹一杯派にとってポイント高いね。
ランチの麻婆豆腐は辛さを抑えているそうで(え~)、
ディナーでは更に実力が発揮されるかも?
どうもごちそうさまでした。


「天府舫(テンフファン)」
東京都新宿区西新宿7-4-9
11:30~15:00
17:00~23:00
日曜休み
TEL 03-3368-5568
http://www.tenfufan.com/
ガネー舎 港区新橋
2013年07月23日 (火) | 編集 |
新橋にある「ガネー舎」さん
東京のスープカリーの老舗です。
店名はインドの神様「ガネーシャ」から。



駅から徒歩7,8分
ganesha1307_08.jpg

ganesha1307_01.jpg

新橋駅から徒歩7,8分ほど。
看板は2階にあるけれど、
店は地下にあります。



飲み屋風の店内
ganesha1307_02.jpg

最近のカレー屋は小洒落た店が多いけど、
ここは新橋チックな飲み屋風。
実際に夜は一品料理もあって、
そういう使い方も可能みたい。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
ganesha1307_03.jpg

“スペシャルマサラ”とか、“ガネーの心臓”だとか、
辛さ増しスパイスが豊富なのが珍しいね。
基本のとりカリィをノーマルでお願いしました。



とりカリィ 980円
ganesha1307_04.jpg

オレンジのトレーが、
学食を思い起こさせるわ~(笑)
ラッキョの添えられたターメリックライス。
大盛りにしとけばよかったかも。



とりカリィアップ!
ganesha1307_05.jpg

ドーンと入った鶏もも肉。
野菜は、ピーマン、ニンジン、ジャガイモ。
サラサラとしたカレースープは、
多少オイリーさはあるけどあっさりした味わい。
じんわりとスパイスが効いていて、
薬膳のような独特な風味が残ります。
身体に良さそうなカレーだね。



鶏肉アップ!
ganesha1307_06.jpg

丸ごと一本入った鶏もも肉。
スプーンで骨からほろりと取れます。
トレーの上の小皿は骨入れだったんだね。
めっちゃ食べ応え十分。


途中でテーブル上のマサラスパイスを加え、
辛さを楽しみながら完食。
最初はライスが少なめかなと思ったけれど、
チキンが食べ応え十分で満腹。
お店の方もフレンドリーな感じで、
人気があるのも分かるな。
どうもごちそうさまでした。


「スープカリィ厨房 ガネー舎」
東京都港区新橋5-12-2 鴻盟社ビルB1F
11:30~14:30(土曜は昼のみ)
17:30~20:45(水木金は21:30まで)
日祝休み
TEL 03-3433-0309
ザ・スパイス(THE SPICE) 港区赤坂
2013年07月20日 (土) | 編集 |
赤坂にある「ザ・スパイス」さん。
今年オープンしたばかりのインド料理屋です。
名前からしてインドっぽいでしょ?



赤坂サカスからも近いです
thespice1307_01.jpg

赤坂駅から5分もかからないな。
大通り沿いなのですぐわかると思います。



キレイな店内
thespice1307_02.jpg

奥に細長い店内は、
ボサノバが流れるようなカフェ風。
接客の店員さんは日本人かと思ったけれど、
どうもネパールの方みたい。
丁寧で真面目な接客です。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
thespice1307_03.jpg

ランチのカレーは6種類。
“カダヒ”とか“マサラ”とか、
興味をそそるネーミング。
とかいって、バタープラウンカレーを注文。
根っからの海老好きなんで・・・



サラダとスープ
thespice1307_04.jpg

東京のインド料理屋で、
スープが出てくるのは珍しいよね。
濃厚なチキンスープでウマー。
サラダもシャキッとしててグッド。



レギュラーカレーセット 880円
thespice1307_05.jpg

ナンとバスマティライスのどちらにしようか悩んだら、
両方付けてくれましたよ!
しかもお代り自由なんです。
バスマティライスはパラパラで、
サフランで香りづけ。



バタープラウンカレー
thespice1307_06.jpg

気持ちサラリとしたバターカレー。
バターカレーって濃厚なのが多いのですが、
こちらは上品にまとめてます。
メティの香りがふわり。
海老はもう少しプリプリ感が欲しいか。



ナン
thespice1307_07.jpg

ふんわりサクッと焼かれたナン。
ほのかな甘みがあっておいしいね。
上手だなと思います。



チャイ
thespice1307_08.jpg

この暑いのにホットチャイ。
これが男のやせ我慢。
量もたっぷりでしたよ。


派手さは無いけど上品にまとめてあって、
真面目なインド料理屋でした。
ランチのライスにバスマティってスゴイじゃん。
サラダ・スープにドリンクが付いて、
ナンとライスがお代り自由でコスパもよし。
人気が出ると思いますよ。
どうもごちそうさまでした。


「ザ・スパイス(THE SPICE)」
東京都港区赤坂5-5-8
11:30~17:00
17:00~25:00(日祝は23:00まで)
年中無休
TEL 03-5545-5369