たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリセヴェイユ 目黒区自由が丘
2014年02月26日 (水) | 編集 |
自由が丘にある「パリセヴェイユ」さん。
フランスの伝統を感じさせてくれるパティスリーです。
オーナーパティシエは金子氏。



重厚な店構え
paris_seveille1312_01.jpg

フランスを思わせるクラシカルな店構え。
ケーキのラインナップも重厚な感じで、
濃そう(!?)なのが多かったです。
イートインスペースが充実しているのも特徴かな。



サントノーレ・キャラメル 580円
paris_seveille1312_02.jpg

ビシッと苦味の利いた、
キャラメルのホイップクリームがたっぷり。
カリッとキャラメル掛けされたプチシューには、
カスタードが詰まってます。
土台のサクサクパイの中にもクリーム。
まさにクリームだらけで逃げ場なし(笑)



ル・シュプレーム 570円
paris_seveille1312_03.jpg

paris_seveille1312_04.jpg

うっ、美しい!
ピアノを思わせる艶やかな黒さに衝動買い。
チョコとムースとスポンジが層になっており、
濃厚ながら口溶け良好です。
分解しながら食べたところ(するなよ!)、
黄緑色のクリームが紅茶とブラックベリー風味の正体だな。
チョコとベリーの組み合わせ。
まさに鬼に金棒です。


こちらに真っ向勝負してくるような、
ガツンと重厚なケーキでした。
気品があり媚を売らないところが素敵。
こういう店って東京でもそうそうないのでは?
濃厚系ケーキが好みの方に特にお薦めです。
どうもごちそうさまでした。


「パリセヴェイユ」
東京都目黒区自由が丘2-14−5
10:00~20:00
年中無休
TEL 03-5731-3230
スポンサーサイト
カイバル 中央区銀座
2014年02月22日 (土) | 編集 |
銀座にある「カイバル」さん。
人気のダバインディア系のインド料理屋です。
ついに(?)ディナーで訪問しました。


夜のカイバル
khyver1312_01.jpg

最寄り駅は銀座一丁目。
東京駅からだと少し歩きます(15分ほど)
店前の歩道橋が目印かな?



広々とした店内
khyver1312_11.jpg

白を基調とした高級感のある店内。
調理はインドの方々ですが、
接客は日本人スタッフが対応してくれます。
コートを預かってくれるなど、
ちょっとしたレストラン気分。



メニュー(クリックすると拡大します)
khyver1312_03.jpg

他の系列店との差別化から、
開店当初はタンドール料理とワインが売りでした。
(反面、カレーメニューは少なかった)
最近はそこまでの差はないのですが、
やはりタンドール料理が充実しています。



カイバルハイボール 680円
khyver1312_04.jpg

贅沢にシーバスリーガルを使ったハイボール。
しかも飲兵衛にうれしい濃さ。
よその水みたいな角ハイは猛省して欲しい(笑)



ひよこ豆と玉ねぎのサラダ 530円
khyver1312_13.jpg

刻み玉ねぎとコリアンダーがさっぱり。
ひよこ豆はほくほく。
インドって生野菜を食べないって聞いていたから、
サラダって邪道だと思ってました。
でも美味しいサラダを出す店って好きです(笑)



新じゃがのチリマサラ 530円
khyver1312_12.jpg

ほくほくの新じゃが。
コロコロと可愛らしいね。
でもマサラソースがめちゃ辛でヒーヒー!
見かけに騙されちゃいかんね。
めっちゃお酒がすすみます。



ラムティッカ 680円
khyver1312_07.jpg

タンドールで焼かれたラム肉は、
香ばしく噛みごたえがあり、しかもジューシー。
いわゆるマトン臭さは全くなし。
ミントコリアンダーソースの爽やかな香味。



マトンチリシークカバブ 880円
khyver1312_08.jpg

ごつごつとした粗挽きマトン。
肉々しくてとてもジューシー。
青唐辛子の輪切りが入っていて、
適度にスパイシーで酒が進むわい。
やはりミントコリアンダーソースが旨いな。



ラム肉のビリヤニ 1,380円
khyver1312_05.jpg

カイバルのもう一つの名物ビリヤニ。
ラムちゃんでお願いしました。
塩味ヨーグルトのライタ付き。



ビリヤニアップ!
khyver1312_06.jpg

作り方が変わった?
以前はパラパラとした炊きあがりだったのですが、
トマト味のべっちょりタイプ。
ちゃんとバスマティライスを使っており、
これはこれで美味しいのだけど。

ただ、ゴロゴロと入ったラム肉には驚愕。
先のタンドールのティッカに比べて、
脂分が残っていて更にジューシー。



アルゴビ 1,260円
khyver1312_10.jpg

ジャガイモとカリフラワーのシンプルなカレー。
カリフラワーはタンドールで焼いてあって、
香ばしくホクホク。
ジャガイモもほっこりとしてるね。
トマトの酸味がアクセント。



ナン 360円
khyver1312_09.jpg

サクッとモチっのバランスがいい。
普段はカレーにライスを合わせることが多いけど、
この店はナンもレベル高し。


やっぱりレベルが高いね、このお店。
タンドリー料理をつまみながらお酒を飲むのも、
がっつりとカレーを食べるのもよし。
接客も良かったですよ。
どうもごちそうさまでした。


「カイバル」
東京都中央区銀座1-14-6 銀座一丁目ビル1F
11:15~15:00、17:00~23:00(平日)
12:00-22:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-5159-7610
ニルワナム 港区虎ノ門
2014年02月19日 (水) | 編集 |
神谷町にある「ニルワナム」さん。
南インド料理の有名店です。
久し振りに平日ランチで訪問しました。



ビルの2階にあります
nirvanam1312_01.jpg

ここのブッフェは非常に魅力的なのですが、
平日のみなんですよね。
ただ最近は虎ノ門店が土曜にブッフェを開始したので、
そちらでも楽しむことが出来ますよ。



店内の様子
nirvanam1312_02.jpg

やはりこちらの店の方が、
虎ノ門店よりも開放的ですね。
夜は東京タワーも眺められるので、
よりムーディーになりますよ。



ブッフェ台
nirvanam1312_03.jpg

ブッフェはこんな感じです。
さっそくモリモリと盛りましょうか。
この日はカレーが6種類もあって、
どれから食べるか悩んでしまう。



第一陣
nirvanam1312_04.jpg

マトンカレーとチキンペッパーロースト。
どちらもブッフェとは思えない具沢山さ。
チキンペッパーはインド風チキン炒めで、
クローブ・シナモンがプンプン香ってます。
マトンカレーのマトン臭さも素敵。



第二陣
nirvanam1312_05.jpg

アルチャナマサラとムグライチキン。
アルチャナとはジャガイモと豆のカレー。
ムグライチキンはココナツミルクがたっぷりで、
いかにも南インドって感じでうれしい。
ドーナッツみたいのはワダですよ。
揚げたてでホクホク。



セミヤパヤサム
nirvanam1312_06.jpg

他のカレーもお代わりしつつ、
最後にいただいたのはデザート。
極細パスタの入ったカルダモン風味ミルクですが、
ホットで出てくるのがインド風。ビビった(笑)


食べに食べて満腹。
1,200円でこのクオリティはスゴイの一言。
ただ最近は他店のレベルも上がって、
ここも昔ほどじゃないと思ってましたが(失礼)、
今日のカレーは素直に美味しかった。
こりゃなんとかディナーにもチャレンジしなきゃ。
どうもごちそうさまでした。


「ニルワナム(nirvanam)」
東京都港区虎ノ門3-19-7
11:15~14:30(平日のみ)
18:00~22:00
日曜休み
TEL 03-3433-1217
http://nirvanam.jp/
カー・ヴァンソン 新宿区筑土八幡町
2014年02月15日 (土) | 編集 |
神楽坂にある「カー・ヴァンソン」さん。
金土日しか開いていないパティスリーです。
店名はパティシエールの名前(石井・ヴァンソン・敬子)から。
T・小室みたいなもんか(笑)



人気あります
kvincent1312_01.jpg

kvincent1312_09.jpg

シェフは激務で腕の手術をしたとかで、
しばらく休業が続いてましたが、
この度週末のみ営業を再開しました。

客が5人も入れば一杯の店。
外に行列は出来ないものの、
常にお客さんで賑わってました。



ショソン・オ・ポム 300円
kvincent1312_06.jpg

kvincent1312_07.jpg

折込少なめのパイ生地は、
堅めでサックリしてます。
中のリンゴの存在感がスゴイね。
派手さはないけど甘酸っぱくて、
パイ生地のバターが引き立ちます。



アメール 650円
kvincent1312_02.jpg

この店のスペシャリテ。
チョコレートの生地とムースが層をなしており、
トップにガナッシュ。
さらにトドメにはチョコレートがけ。

濃厚としか言いようのないチョコの風味。
口の中で鮮烈に重厚に広がり、
いつまでも余韻が残ります。
洋酒やベリー類は一切使わず、
チョコのみで勝負と執念すら感じさせる一品。



クレーム・ド・ピスターシュ 530円
kvincent1312_04.jpg

kvincent1312_03.jpg

直方体の白い陶器に入ってます。
クレーム・ブリュレのピスターシュ版と言ったところ。
ねっとりとして豆々しく、
油分すら感じさせるクリーム。
底にバニラビーンズが敷いてあり、
バニラの甘さと爽やかさを香りづけ。
赤い果実は木苺じゃなくてチェリー。
酸味がピスターシュを引き立てさせます。



デュミモンブラン 550円
kvincent1312_05.jpg

kvincent1312_08.jpg

メドゥーサの髪の毛かと思ったわ(笑)
うねうねとうねる栗クリームは、
少し固めで栗きんとんみたいな味。
中には無糖の生クリーム。
土台にはメレンゲに濃厚栗ペースト。
半分でこの大きさなので、
まるまる一個(800円)は俺じゃ食いきれん。


職人魂を感じさせる店でした。
特にアメールはチョコ好きなら必食。
私がもう少し若ければ鼻血が出たかも(!?)
意外にもどのケーキにも洋酒は使っておらず、
パティシエールのポリシーを感じます。
どうもごちそうさまでした。


「カー・ヴァンソン(K・Vincent)」
東京都新宿区筑土八幡町1-2
11:00~17:00
金土日以外休み
TEL 03-5228-3931
http://www.k-vincent.com/

休日はHPで確認したほうが安心です。
接客云々の話も聞きましたが、
全く問題ありませんでしたよ。
ダルマサーガラ 中央区銀座
2014年02月12日 (水) | 編集 |
東銀座にある「ダルマサーガラ」さん。
またまた平日ランチで訪問しました。
土日以外にランチの機会があると、
真っ先にこの店が脳裏に浮かびます。
(どんだけ好きやねん!)



出迎える仏像達
dharmasagara1401_01.jpg

dharmasagara1401_02.jpg

この店の雰囲気が他のインド料理屋と違うのは、
オーナーが密教美術の店も経営しているせいかしら?
(インドはヒンズーかイスラムだもんね)



店内の様子
dharmasagara1401_03.jpg

どちらかというと少人数向けかなと思います。
カウンター席もあって、
お一人様に優しいのは個人的に高ポイント。



ランチメニュー(クリックすると拡大します)
dharmasagara1401_04.jpg

使い回しだけどランチメニュー。
日替わりカレーが2種類あるので、
毎日通っても飽きないよな(オイオイ)
手堅くレギュラーミールスをば。



レギュラーミールス 1,200円
dharmasagara1401_05.jpg

選んだカレー2種類の他に、
サラダ・ラッサム・ポリヤル・ライス付き。
ライスは日本米であります。



チェティナード・チキン
dharmasagara1401_06.jpg

日替わり1種類はチェティナード・チキン。
カレーからはココナツミルクの香り。
こりゃ甘口かと思いきや、
テンパリングされた唐辛子も入っていて、
はっきりした辛さもあります。



ダル・パラク
dharmasagara1401_07.jpg

こちらは豆とほうれん草のカレー。
まるでおかゆのように柔らかく煮込まれた豆。
お豆さんの優しい味わいですが、
ニンニクやスパイスでのメリハリも見事。



クートゥー
dharmasagara1401_08.jpg

ポリヤルとあったけど、
どちらかと言うとクートゥーかな。
カレーと豆が被っちゃったと思ったけど、
こちらの方が豆をダイレクトに感じます。
スパイスもよりはっきり利いていて、
パンチのある味わいでした。


やっぱり、この店にカレーは旨いな。
スパイスをビシッと利かせた、
メリハリの付いた味付けが素晴らしい。
カレーも結構辛口ですしね。
間違いなくお薦めできるお店です。
どうもごちそうさまでした。


「ダルマサーガラ」
東京都中央区銀座4-14-6 ギンザエイトビル2F
11:30~LO.14:00、18:00~LO.22:00(月~金) 
12:00~LO.14:30、17:30~LO.21:00(土日祝)
年中無休
TEL 03-3545-5588
http://www.didisworks.com/Dharmasagara/top.htm

土日祝もランチセットがあればいいのにな。
それぐらいお薦めです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。