たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヨゴロウ(YOGORO) 渋谷区神宮前
2014年04月23日 (水) | 編集 |
神宮前にある「ヨゴロウ(YOGORO)」さん。
オシャレ系カフェに見えますが、
パンチの利いたカレーを食べさせてくれます。



半地下にあります
yogoro1301_01.jpg

外苑前・原宿・千駄ヶ谷の間にあって、
どの駅から歩いて10分位かかります。
しかもお店は半地下にあって、
注意しないと通り過ぎちゃいます(笑)



メニュー(クリックすると拡大します)
yogoro1301_02.jpg

テーブル3卓とカウンター4席の店内。
ボブ・マーレーがかかってそうな雰囲気(?)
前回はチキン(ホウレン草)を食べたので、
ポーク(トマト)でいってみました。



サラダ
yogoro1301_03.jpg

ミニサラダ。
健康のためには野菜が必要。



ポーク(トマト)ライス大盛り 1,200円
yogoro1301_04.jpg

熱々の鉄鍋で登場。
触ってみたら確かに熱かった(バカ)
ライスは無料で大盛りに出来ます。



カレーアップ!
yogoro1301_05.jpg

yogoro1301_06.jpg

大根と角煮の圧倒的な存在感!
大根は甘く煮込んであり、
ジュワーと汁が滲みでます。
豪快な角煮はスプーンでほぐれます。
脂身がプルプル震えます。

カレーはスパイスのほろ苦さ、
脂の旨味、クリーム甘みがマッチング。
欧風カレーとインドカレーの中間みたい。
大根と角煮のためのソースだね。


ガツガツと食べて完食。
胃袋にガツンと来ましたわ。
とはいえ、きちんと丁寧に作らています。
店の雰囲気も落ち着いていて素敵なので、
原宿観光の後にでもいかが。
どうもごちそうさまでした。


「ヨゴロウ(YOGORO)」
東京都渋谷区神宮前2-20-10
11:30~16:00
18:30~20:30(月~金)
日祝休み
TEL 03-3746-9914
関連記事
スポンサーサイト
シャナイア 目黒区三田
2014年04月19日 (土) | 編集 |
この日の私は気合が入っておりました。
ディナーで訪問すべく恵比寿駅に。



一応道順?
shanaia1403_01.jpg

shanaia1403_02.jpg

駅から恵比寿ガーデンブレイスを抜け、
さらに先の薄暗い小径に入って・・・



開いてて良かった!
shanaia1403_03.jpg

たどり着いたのは「シャナイア」さん。
スープカレーのお店です。
狙って行かないと絶対辿り着けません。
グーグルマップえらい!



店内の様子
shanaia1403_04.jpg

shanaia1403_05.jpg

元々「猫のアジト」というギャラリーだったこともあり、
店内のいたる所に猫だらけ。
ダヤンが好きな人はハマると思います。
(私はちょっと気恥ずかしい)



メニュー(クリックすると拡大します)
shanaia1403_06.jpg

shanaia1403_07.jpg

メニューに紅茶やケーキがなく、
カレーが載っていることにスゴイ違和感(笑)
チキンは前回食べたのでエビココかな・・・



週替りメニュー
shanaia1403_08.jpg

週替わりメニューがポーク角煮だったので、
ついついこれをセレクト。
男の子はがっつり行かなきゃ!



ポーク角煮(1,280円)+ライス大盛り(プラス100円)
shanaia1403_09.jpg

見た目が色鮮やか!
丁寧に作られていることが伝わってきます。
ライスの盛りが上品なのは知っていたので、
男らしく大盛りにしてみました。



スープカレーアップ!
shanaia1403_10.jpg

shanaia1403_11.jpg

豪快なポーク角煮に歓喜。
この店のスプーンは木製なんですが、
問題なくほぐれる柔らかさ。
赤身のコクと脂身のとろける旨さ。

とろっとしたスープもコクがあります。
スパイシーよりも旨味系。
滋味深く身体に染みこんでいく味わい。
野菜もちゃんと仕事がしてあって、
ほくほくのジャガイモが堪らん。


ゆっくりと味わって完食。
丁寧に作られたスープカレーでした。
店の雰囲気と相まって、
なんとも言えない余韻が残ります。
特にダヤン好きには一度言って欲しい。
どうもごちそうさまでした。


「シャナイア」
東京都目黒区三田1-5-5
11:30~15:30(LO.15:00)
18:00~22:00(LO.21:00)
月曜休み(月曜が休みの場合は火曜日)
TEL 03-3442-3962
http://www.nekoaji.net/shania/
関連記事
イデミ・スギノ(Hidemi Sugino) 中央区京橋
2014年04月16日 (水) | 編集 |
京橋にある「イデミ・スギノ」さん。
トップパティシエ・杉野氏のお店です。
路地にひっそりとあるので、
初めて行く人は間違いなく迷うと思います。



細い路地を抜けると・・・
hidemisugino1403_01.jpg


イデミ・スギノさん発見!
hidemisugino1403_02.jpg

実はイートインでは何度かお邪魔しています。
(銀座価格だけど落ち着いた雰囲気です)
でもブログで紹介していないのは、
店内写真撮影が禁止だから。



オンフルール 650円
hidemisugino1403_06.jpg

hidemisugino1403_03.jpg

ガツンとシードルの利いたムースの中に、
鮮やかな酸味のカシスムース。
ソテーされたリンゴ薄切りも挟まれています。
土台のスポンジはじっとり。
最初にカシスの酸味がさっと抜け、
シードルの風味が全体に広がります。
お酒がダメな人には厳しいかも。
(18禁のケーキだね)



ネオ 650円
hidemisugino1403_04.jpg

hidemisugino1403_05.jpg

フロマージュブランのムースの中に、
マンゴーの甘酸っぱいジュレとムース。
土台のグリーンのスポンジは、
なんとバジル!
まずマンゴーの甘酸っぱさが広がり、
フロマージュブランのコクが残り、
最後にバジルの香りが鼻にふと抜ける。


どちらのケーキも、
杉野シェフの創作性を感じさせてくれました。
そしてお酒ががっつり利いています。
(今まで食べたケーキはみんなそうだった)
大人向けのパティスリーだと思います。
どうもごちそうさまでした。


「イデミ・スギノ(Hidemi Sugino)」
東京都中央区京橋3-6-17
11:00~19:00(日祝は18:00まで)
月曜休み
TEL 03-3538-6780
https://www.facebook.com/kyobashihidemisugino?rf=137534596291340


会社の後輩♂とここでイートインした時、
知ったかで「川島なお美の旦那の店」と言っちゃいました。
後輩は帰省時に親に自慢したとのこと。
あんちゃん、それ「トシ・ヨロイヅカ」や(笑)
アーンドラ・ダイニング 中央区銀座
2014年04月12日 (土) | 編集 |
銀座と京橋の間にある「アーンドラ・ダイニング」さん。
御徒町にある「アーンドラ・キッチン」の姉妹(!?)店です。
ディナーで訪問しました。
(ランチ記事はこちら



夕方のアーンドラ・ダイニング
andhradining1403_01.jpg

実はこの店に行こうとしていたのですが、
店先で店員さんが呼び込みをしていたのよね。
あっ、御徒町にいた店員さん(サントスさん)だ!
気づいた瞬間には階段を上がっていました(笑)



小綺麗な店内
andhradining1403_02.jpg

インド料理屋らしからぬ内装(褒め言葉です)
接客には日本人店員さんも居たので、
初心者にも心強い。



メニューの一部(クリックすると拡大します)
andhradining1403_03.jpg

アラカルトメニューがいろいろありますが、
お一人様に心強いのはミールス。
いろいろなカレーを一度に楽しむことが出来ます。



ミールス(ノンベジ) 2,050円
andhradining1403_04.jpg

ライスとチャパティを取り囲むように、
様々なカレーが並びます。
こうして見るとアースカラーやな(笑)



チキンカレー
andhradining1403_05.jpg

スパイシーなチキンカレー。
サラリとしてライスに馴染みやすい。
バターや小麦粉を使っていないので重くない。



マトンカレー
andhradining1403_06.jpg

こちらもサラリとしています。
そしてマトンの風味がしっかり。
野趣溢れる味わい。



海老カレー
andhradining1403_07.jpg

海老のスパイス炒めです。
海老は少し柔らかめ。
スパイシーでねっとりした味わい。



サンバルとラッサム
andhradining1403_08.jpg

サンバルとラッサム。
ミールスには欠かせないスープカレー。
お代わりしたら一回り大きな器でやって来た!



バスマティライス
andhradining1403_09.jpg

こちらもお代わりしたら、
最初よりも山盛りのご飯(笑)
ハンパねーっす!


これらを混ぜ混ぜしながら完食満腹。
どのカレーもスパイシーでサラリ。
ダバインディア」よりも現地風な気がします。
こういう料理が普通に食べられる東京はスゴイわ。
どうもごちそうさまでした。


「アーンドラ・ダイニング」
東京都中央区銀座1-8-2 銀座プルミエビル2F
11:15~15:00(LO 14:30)
17:00~23:00(LO 22:00)
年中無休
TEL 03-3567-4005

サントスさんがね、「御徒町でもお会いしましたね」って。
客商売の人の記憶力って本当にスゴイよな。
関連記事
アステリスク 渋谷区上原
2014年04月09日 (水) | 編集 |
代々木上原の「アステリスク」さん。
昨年オープンしたパティスリーです。
パティシエは和泉シェフ。
店名の“アステリスク”って、
星を意味する“アスタリスク”のことなんだね。 ⇒ 【*】



陽当り良好!
asterisk1401_01.jpg

入って正面で和泉シェフが作業されていました。
(お蕎麦屋さんが店頭でソバを打ってる感じ)
店内は日当たりがよく明るい雰囲気。
イートインスペースもしっかりありました。



モンブラン クレメ 550円
asterisk1401_04.jpg

asterisk1401_05.jpg

愛媛県産の栗を使用したモンブラン。
栗の層が厚いのがお分かりですね?
洋酒やカシス等は使わず、
栗の味だけで勝負しております。
土台はメレンゲでアーモンドも入り。
サクサクっと軽い食感。
栗がしっかり味わえるモンブラン。



エメラウド 520円
asterisk1401_02.jpg

asterisk1401_03.jpg

お店のカラーのケーキ。
ピスタチオのムースは、
豆の濃厚な香りとじんわりとした苦味。
木苺ののジュレとムースが、
甘酸っぱさのアクセント。
底のスポンジに薄いチョコ板が敷いてあって、
かなり芸が細かいです。



ガレット・デ・ロワ 500円
asterisk1401_06.jpg

asterisk1401_07.jpg

焼き菓子もいい顔をしていたので購入。
サクサクとした焼き上がりのパイ生地。
中にはしっとりとしたアーモンドクリーム。
全体のバランスがいいな~
素朴に上品まとめてありました。


クマのフェーブ
asterisk1401_08.jpg

ガレット・デ・ロワのおまけでもらったフェーブ。
今年はいいことありそうだね。

モンブランの栗ペーストには驚きました。
他のケーキもキレイに作られていて、
流石は和泉シェフといったところ。
接客の店員さんが親切なのもグッド。
どうもごちそうさまでした。


「アステリスク」
東京都渋谷区上原1-26-16
10:00~20:00
月曜休み
TEL 03-6416-8080
http://asterisque-izumi.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。