たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パサージュ ア ニヴォ 武蔵野市境南町
2011年07月26日 (火) | 編集 |
フランス語で“踏切”を意味する「パサージュ ア ニヴォ」さん。
武蔵境駅近くにあるパン屋さんです。
おいしいバゲットがあると聞いて行ってきました!



以前は近くに踏切がありました
passageaniveau1107_01.jpg

駅の南口から徒歩3分といったところ。
近くにあった踏切が高架になったおかげで、
お店の前の道路を車がビュンビュン。
要信号(笑)



こぢんまり
passageaniveau1107_02.jpg

売り場は思いのほかこぢんまりとしていて、
3人も入ればいっぱいといったところ。
イメージキャラクターの“バゲット君”の絵が貼ってあって、
なんだか親しみやすい雰囲気です。
調理場ではシェフも含めてスタッフの方が4人。
接客はおじさん(俺もか)が丁寧に対応してくれました。



バゲット 260円
passageaniveau1107_03.jpg

passageaniveau1107_04.jpg

まずは基本のバゲットをば。
ちょいずんぐりとしたフォルム。
カリッと軽快なクラスト。
粉の香ばしさと自然な甘みが口の中に広がり、
鼻へと抜けていきます。
うん、おいしい。
最初触ったときに柔らかく感じたのは、
クラムがモチモチのせいなのね。



オリーブ 280円
passageaniveau1107_05.jpg

passageaniveau1107_06.jpg

次はバゲットオリーブ。
クープ以外はバゲットと同じ外観ですね。
クラムには刻まれたブラックオリーブとグリーンオリーブ。
ふわっとオリーブの香りが広がり、
オリーブの塩気と粉の香ばしさが口の中で融合します。
食事パンにお薦めです。



フリュイ 280円
passageaniveau1107_07.jpg

passageaniveau1107_08.jpg

バゲット三連発!
こちらは前の2本に比べてややスマートで、
クラムの目が詰まっているかな。
うわっ、オレンジピールが香ります。
クランベリー・チェリー・レーズンといった
ドライフルーツの酸味と甘み。
華やかな味わいのバゲットでした。



ちびくり 260円
passageaniveau1107_09.jpg

passageaniveau1107_10.jpg

ショーケース上のこいつと目が合った(笑)
小振りな角食パンです。
しっとりとした生地がさらっと心地良く溶けます。
耳のカステラ(?)のような香ばしさもたまりません。
栗ペーストの甘さが生地の甘みとよく合って、
ノンストップで食べちゃいました(おいおい)


評判通りのおいしいバゲットでした。
オリーブやフリュイもお薦めです。(ちびくりも)
他にもおいしいそうなパンがあったので、
ぜひまた来なくちゃね。
どうもごちそうさまでした。


「パサージュ ア ニヴォ(passage à niveau)」
東京都武蔵野市境南町1-1-20
8:00~18:00頃
水曜、第1火曜休み
TEL 0422-32-2887
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。