たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーンドラ・キッチン 台東区上野
2012年02月21日 (火) | 編集 |
御徒町にある「アーンドラ・キッチン」さん。
本格南インド料理のいただけるお店です。
(店名はインドのアーンドラ・プラディシュ州から)

アキバや上野へに行ったついでに、
ちょくちょく立ち寄っているのであります。



半地下にあります
andhrakitchen1201_01.jpg

この店のシェフ、ラマナイヤさんは、
実はダバインディアのシェフでもありました。
接客担当の店員さんも印象的で、
店頭でメニューを見ているお客さんに呼び込みするし(笑)



ホリデーランチメニュー(クリックすると拡大します)
andhrakitchen1201_02.jpg

ホリデーランチは南インド料理らしさ満載。
でもいつもミールスを頼んでしまうのは悲しいさが。
パブロフの犬並みの条件反射(笑)



ミールス 1,650円
andhrakitchen1201_11.jpg

南インドの定食、ミールス。
このカレーいっぱいのビジュアル感がたまらない。
この日もノンベジでお願いしました。
自分、肉食系男子ですから、押忍!



サンバル
andhrakitchen1201_04.jpg

ミールスに欠かせない豆のカレー。
この店のサンバルはさらっとしてます。
タマリンドの酸味と唐辛子の辛さが利いていて、
なかなかパンチがありました。



パチプルス(Pachi pulusu)
andhrakitchen1201_05.jpg

いつもはラッサムが付いてくるのですが、
今回は特別メニューの「パチプルス」。
アーンドラ州の郷土料理とのことです。
ほんのりと甘く、柔らかい酸味のある味わい。
スープのようにごくごく飲めちゃいますわ(笑)



チキンカレー
andhrakitchen1201_03.jpg

骨付きチキンの入ったカレー。
クローブやシナモンの香りがしっかりしていて、
はっきりとした味わいです。
辛味もあって、お子ちゃまゴメン。



エビカレー
andhrakitchen1201_07.jpg

エビの入ったドライなカレー。
ブラックペッパーの辛さが鮮烈で、
ガーリックも利かせているね。
パンチがあってご飯がすすむ君。



ポリヤル
andhrakitchen1201_06.jpg

野菜のスパイス炒めです。
ココナツのシャクシャク感がいいね。
これは辛くないので箸休め的にもOK。

これらをバスマティライスにかけてパクパク。
ライス・サンバル・ラッサム(パチプルス)はお代わり自由で、
店員さんが陽気に薦めてくれます。
そしてお約束の食べ過ぎです(笑)



限定ビリヤニ(クリックすると拡大します)
andhrakitchen1201_08.jpg

こちらは土曜ディナー限定のスペシャルメニュー。
その名も「ハイデラバディ・ダム・ビリヤニ」です。
このメニュー目当てだったら、
当日でも予約した方がいいかと思います。
(もちろん私は飛び込みですが)



ハイデラバディ・ダム・ビリヤニ 1,490円
andhrakitchen1201_09.jpg

andhrakitchen1201_10.jpg

バナナの葉の上に豪快に盛り付けれたビリヤニ。
軽く1.5人前といったボリュームです。
立ち上るバスマティライスとマトンの香り。
ライスの味付けはふわっと軽く、
骨付きマトンは旨みしっかり。
食べ飽きないおいしさです。
どうもごちそうさまでした。


「アーンドラ・キッチン」
東京都台東区上野3-20-2 水野ビルB1F
11:15~14:30 LO(土日祝は11:30~)
17:00~22:00 LO(土日祝は21:0 0LO)
TEL 03-5818-6564
http://andhra-kitchen.com/


銀座に2号店がオープンしたので、
ぜひお邪魔しなくては!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。