たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーンドラ・ダイニング 中央区銀座
2012年03月03日 (土) | 編集 |
2月にオープンしたての「アーンドラ・ダイニング」さん。
御徒町にある「アーンドラ・キッチン」の姉妹店になります。
それにしても銀座にオープンするとは!(スゴイね)



オープンしたてのホヤホヤ
andharadiningginza1202_01.jpg

銀座といっても京橋寄りなので、
東京駅から歩いて10分ちょっと。
見慣れたオレンジ色がトレードカラー。
隣のコージーコーナーが目印です。



おしゃれな店内
andharadiningginza1202_02.jpg

お店に入って驚いた。
とってもおしゃれな雰囲気じゃん!
接客が若い日本人女性なのにも驚いたけどね(笑)
ガラス越しに厨房がチラリ。



ホリデーランチ(クリックすると拡大します)
andharadiningginza1202_03.jpg

ランチメニューは御徒町と一緒だね。
今日はベジタリアン・ミールスを頼んでみようかな。
自分、草食系男子ですから、押忍!



ベジタリアン・ミールス 1,650円
andharadiningginza1202_04.jpg

銀座らしく(?)上品な盛り付けのミールス。
ラッサム・サンバル・ライスはお代わり自由なので、
がっつり行かせてもらいます。



サンバルとラッサム
andharadiningginza1202_05.jpg

andharadiningginza1202_06.jpg

パンチの利いた辛さのサンバルとラッサム。
この濃厚な味わいは「アーンドラ・キッチン」と同じだね。
あとはミックス野菜のポリヤルにコクのある野菜カレー。
これらをライスにかけていただきます。



チャパティ
andharadiningginza1202_07.jpg

全粒粉を水でこねて鉄板で焼いたチャパティ。
素朴な粉の風味と甘みがしみじみとおいしい。
バスマティライスも華やかに香り、
思わず感激するおいしさ。


サンバルとラッサムを交互にお代わりして完食。
味は「アーンドラ・キッチン」と遜色ありませんね。
雰囲気はさすがに銀座らしくこちらの方が洗練されています。
南インド料理の有名店がひしめくこの地で、
どう差別化を図っていくのか楽しみです。
どうもごちそうさまでした。


「アーンドラ・ダイニング」
東京都中央区銀座1-8-2 銀座プルミエビル2F
11:15~15:00(LO 14:30)
17:00~23:00(LO 22:00)
年中無休
TEL 03-3567-4005
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。