たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燦燦斗 北区中十条
2013年01月05日 (土) | 編集 |
愛~、燦々(さんさん)と~♪
東十条駅近くの「燦燦斗」さんに行って来ました。
陽の光のあふれるラーメン屋さんです。



暗っ!(笑)
SANSANTO1212_01.jpg

店名に反して、実は現在夜の営業のみ。
駅の北口(寂しい方)を出て、
左手の脇道にあります。
正直、普通ならまず通ることはないでしょう。



怪しい!(失礼)
SANSANTO1212_02.jpg

超場末チックな外観!
営業しているのかどうかも分からない。
写真は営業前ですが、
営業中も看板に灯は付きません。



燦燦と!
SANSANTO1212_03.jpg

開店時刻が近づくと、
どこからともかく集まって来る人々。
隣のスナックから聞こえるカラオケを聞きながら、
しばし待つこととします。

開店と同時に券売機で食券を購入。
席はカウンター8席のみで、
いかにも昭和チックな雰囲気の店内。
ご夫婦で営業されているみたいです。



ラーメン(650円)+特増し(250円)
SANSANTO1212_04.jpg

惚れ惚れするビジュアルだわ。
注文したのは正統派ラーメンに、
チャーシュー2枚・卵・メンマ増しの特増し。

まずスープをごくり。
すごい、この鼻を抜ける魚介の香り!!!
よくある(?)魚介豚骨スープですが、
この魚介は日本人のDNAに訴えかけるな~(大げさ)
まろやかで素晴らしく調和のとれたスープ。

麺はチャンポン麺のような丸麺。
表面はツルっとしていて、
モチモチっとした食感が楽しめます。
自家製麺を謳うだけあって、
個性的で楽しいね。



チャーシューアップ!
SANSANTO1212_05.jpg

チャーシューは見ての通りのピンク色。
まるでローストポークみたい。
じゅわっと旨みが広がります。
ラーメンだけど、スープの熱で固くなる前に、
そのまま食べたほうが断然おいしいです。



味玉アップ!
SANSANTO1212_06.jpg

絶妙な黄身の固まり具合。
黄身の濃厚な味わいが堪りません。
今まで食べた中で最高!


麺をすすりながら、具をパクリ。
スープまで飲み干して完食。
個々のパーツの完成度が高いラーメンでした。
燦燦斗さんならではの個性が感じられ、
ここでしか食べられないラーメンです。
どうもごちそうさまでした。


「燦燦斗」
東京都北区中十条3-16-15
18:00~22:00
木曜休み


ご主人の趣味か、店内BGMは沢田研二!
憎みきれないろくでなし~♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。