たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アルカション 練馬区南大泉
2014年03月20日 (木) | 編集 |
保谷にある「アルカション」さん。
なかなか本格的なパティスリーです。
ちなみに“保谷”は“ホウヤ”って読むんですよ。(常識か)



立派です!
arcachon1401_01.jpg

保谷駅から歩いて5分ほど。
めっちゃ立派な建物を発見!
正直周囲の風景から浮いてます(失礼)

ケーキだけじゃなくて、
焼き菓子,チョコ,ジャムなどと、
ここはスイーツの宝箱や!



ガトーバスク 250円
arcachon1401_02.jpg

あまりに焼き菓子が美味しそうだったのでつい購入。
“ガトーバスク”はフランスの伝統菓子。
ザックリと焼かれたアーモンド入りの生地。
粉の風味がしっかりしていて、
カスタードクリームは甘さ控えめ。



パーデザンジュ 450円
arcachon1401_03.jpg

arcachon1401_04.jpg

“天使の分け前”
チョコムースにブラックベリー。
チョコムースはシュワーと口の中で溶け、
ほろ苦さと甘さの余韻を残す。
ブラックベリーの酸味は控えめ。
土台がガレットでザクザクとしていて旨し。



ウフオリー 450円
arcachon1401_05.jpg

arcachon1401_06.jpg

“幸福感”
フロマージュブランの外側を
ホワイトチョコが極薄でコーティング。
甘さ控えめであっさりとした味わい。
対してリュバーブのコンポートの鮮烈な酸味。
こちらも土台がガレットでザクザク。



ルージュソバージュ 450円
arcachon1401_07.jpg

arcachon1401_08.jpg

上面のキャメリゼがしっかりしているので、
カットがとても大変(笑)
濃厚な甘みのベリーのシブースト。
ほんのりとした酸味。
土台はカスタードの詰まったタルトで、
酸味のある木苺とチェリー。


ケーキはどれもキレイでシャレている。
どのケーキにも洋酒は使っておらず、
意外とあっさりといただけます。
焼き菓子はザクザクに焼かれていて、
フランスぽさが満点(行ったこと無いけど)
大人から子供まで楽しめるお店です。
どうもごちそうさまでした。


「アルカション」
東京都練馬区南大泉5-34-4
10:30~20:00
月曜休み
TEL 03-5935-6180
http://arcachon.jp/
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。