たまの休日くらいはのんびりしたいよね。 週末ランチをまったり楽しみます!
香城 (カジョウ) 新宿区歌舞伎町
2011年02月17日 (木) | 編集 |
カレーを堪能した後は、
大人の遊園地(?)歌舞伎町へ。
なんだなんだ、この人の多さは!
いろいろな誘惑を振り切って選んだのは・・・



台湾料理 香城に参上!
kajyo1102_01.jpg

ビルの1階にある台湾料理の「香城」さん。
店が新宿区役所通り沿いにあるので、
呼び込みをスルーするのが大変でした~
店の位置は少し奥まっていますが、
一応店頭にも看板が出ています。



思いのほかキレイな店内
kajyo1102_02.jpg

とても愛想の良いママさんが出迎えてくれました。
勝手に不夜城をイメージしていたので、
思いのほかすっきりした店内に拍子抜け。
まずは陳年紹興酒一合とお薦めの一品をオーダー!



スペアリブの塩胡椒炒め 1,000円
kajyo1102_03.jpg

「これ新宿で一番よ!」って、
ママさん一押しのスペアリブ。
クリスピーな衣に歯応えを残した豚肉。
塩とコショウが利いていてお酒が進みます。
「紹興酒お代わり!」



小龍包 600円
kajyo1102_04.jpg

最近肉が食べられなくなったという友人の嘆きを聞きながら、
つまむ小龍包もいとおかし。
厚めの皮がむっちりとしていて、
中から飛び出す肉汁スープ。あちあち。

どうせ飲むなら紹興酒はボトルにすれば良かったな。
店のママさんも「飲めない人はグラス、飲む人はボトル」だって。
でも今さらボトルを頼むのもシャクなので、
以降は生ビール中ジョッキ(480円)で勝負しました。



大根モチ 600円 
kajyo1102_05.jpg

外側はカリッ、中はもっちり。
酒飲みに優しい味わいの点心です。
中心には香菜(パクチー)がちんまり。
友人はパクチーではないと言い張っていましたが、
彼は本当に台湾に駐在していたのでせうか?



干し大根の玉子焼き 800円
kajyo1102_06.jpg

あっさりとした味わいの玉子焼き。
コリッとした干し大根がアクセント。
私は香菜がそれほど得意ではないのですが、
これを添えてくるお店の気持ちが好きです。

なんだかんだで前の店も含め5時間近く飲んでいるし、
そろそろ締めの一品をどうぞ。



魯肉飯(ルーローハン) 800円
kajyo1102_07.jpg

なぜ最後に一番重い料理を持ってくるか意味不明(笑)
酔っぱらいはノーフューチャーなのです!
八角の匂いのする角煮がどどんと載っていますが、
意外とあっさりして食べやすい。
でもやっぱり締めには量が多いよ~

会計時にママさんにせがまれて、
料理写真を何枚かデジカメで再生。
「角煮の写真、よく撮れている。あなたプロね!」
これから私は角煮プロ!

いやー、飲んだ喰った~
歌舞伎町にしてはかなり良心的な価格。
料理も本格的なのに食べやすく、
ママさんのフレンドリーさも味があります。
安心(?)してお邪魔できるお店です。
どうもごちそうさまでした。


「香城 (カジョウ)」
東京都新宿区歌舞伎町1-3-15
17:00~
TEL 03-3207-6709
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可